2015年01月12日

娘の成人式

娘の成人式



今から20年前・・・・・
阪神淡路大震災、そして地下鉄サリン事件が。
村山政権の時でした。



今年、成人になった人たちが生まれたのはそんな時代だった。

阪神淡路大震災は地球規模の自然災害だったからなんともしがたいものだったが・・・・・・

そのオウム真理教による「地下鉄サリン事件」、それは未だ解明されない謎。

いくつもあぶりだされる政治的背景に見えたのは、

そのオウム真理教の行動、活動には法治国家を嘲るかのような無法が赦されたからだ。

そんな時代に産声を上げた今年の成人にどのような未来が、将来が約束されているのだろうか。

僕の末娘もそんな新生人のひとり・・・・・・

音楽センターの式場へ送っていくと、その雰囲気は華やいでいた。

朝、6時起きで20年来、つまり長女、次女の成人式でお化粧、髪のセット、着付けとお世話になっていた街中の美容室。

今年は、というか、今年も僕の娘と親戚の娘の二人だけということだった。

その美容室の先生、20年前は50歳なったかならないかくらいで、バリバリだったけどあれから20年・・・・・・

「世の中すっかり変わっちゃったわね」と、笑っていた。

僕にとって20年前の記憶はかなり生々しい。その娘が保育園の頃の年少、年中、年長、そして小学校と。

あんな小さくて可愛らしい男の子、女の子がその音楽センター式場の前で賑やかにしている姿。

それを送り迎えするご両親も、そのほとんどが40代、50代・・・・・・

僕らもけしてそう訳知りの世代ではないが、そんな親子の姿を垣間見てなんとなしに己の20年前記憶をたどっていた。

とはいえ、まあ、僕もその音楽センターで成人式を。昭和44年でした(笑)。

あの時は、グループサウンズ真っ只中の時代で、僕とバンド仲間のトキオちゃんは式が終わるとそのまま中銀のダンスホール「みゆき」へ。

街中はとにかく人で溢れていた。中央デパートが幅をきかせていて、藤五ができてまだ3年目、スズランデパートが出来立てほやほや。

今では「さやモール」になっているところもアサヒ商会、小板橋、そして「あすなろ」、学陽書房、マギーシューズ、オノヤ家具などが。

まあ、高度経済成長真っ盛りで、その記憶の中の成人式は明るい未来に輝いていた・・・・・・・

そしてあれからほぼ半世紀、今年の新成人の目にはこの街「高崎」はどのように映っていうるのだろうか。



1994年(95年4月1日)生まれの新成人・・・・・・

娘の成人式



Posted by 昭和24歳  at 10:51 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
娘の成人式
    コメント(0)