2014年07月06日

吾輩は猫である。名前はまだない・・・・・

吾輩は猫である。
名前はまだない・・・






家ネコは壽留女。ノラが我が家で出産した「コンブ」、そしてそのコンブの夫であると思われるキジトラの「ボス」。
スルメと全く同じの黒ネコ「スルメ・ミニ」と白黒ブチの「ウニ」、そして最近はこの春に生まれたんだろうかスルメの「ミニミニ」。そんな彼らが、食事と、水飲みにやってくる・・・・・
ノラの習性か警戒心が強く僕が近づくとものすごい勢いで逃げてゆく(笑)。

「コンブ」もそうだったけど、多分、妊娠してから「この家」が安心せて出産できるところと確信したのか、家の中まで入ってきてスルメの食事を一緒に食べている。

そして出産。カミセンのベッドの上で娘がニトリで買ってきたネコハウスの中で子育て中です。
とにかく、子供を守ることには必死、そして決死、でスルメさえも近づけない唸り声・・・・・
おそらく、一ヶ月もしたら子供をくわえてどこか決めている住処に移動するのか、それとも子供を置いて出て行くのか。

昨今の子供、児童虐待。動物の社会ではそれはない。
人間の社会、それも「豊か」と言われたこの日本社会の中で頻発する・・・・・
そして、同種族同士が殺し合う、そのことによって利得、莫大な利益を受けようとする人間社会。

今朝の新聞では、自衛隊が平時でも米軍の軍事訓練を護衛するための武器およびその他の装備の使用を認めた条文をその閣議決定に盛り込んだ。

つまり、「軍事訓練」とは「軍事行動」を共にする・・・・・

この、「集団的自衛権」を実行するには莫大な軍事予算、そして防衛費も人員も不可欠。
まあ、三段論法からすれば、「それ」なしには集団的自衛権は行使できない。

現状、研究開発等々を含めると、日本の防衛予算は10兆円にも届くと言われている。
つまり、今後の日本の「それ」はおそらく、20兆円、30兆円規模に膨張することになるかもしれない。

まあ、米国のそれが40兆円台だから、経済規模、人口規模から言ってもその半分は飲まされるかもしれない。

つまり、消費税20%くらいでしょうか「国民の生命と財産の」安保費(^^ゞ

そして、もちろん、その軍備、防衛費の拡大は、多くく「雇用」、特に若者のそれに「寄与」するだろう・・・・・
そのうち「ハローワーク」にも「自衛隊員募集」の大きなポスターが張り出されるかもしれない。
とうぜん、「集団的自衛権」の拡大解釈がなされれば、その雇用は日本人のみならず周辺の開発途上国の国民にも門戸は広げられるかも?

そして、それだけの準備をしたら、「使わなければ」ならない・・・・・
使わないまでも「使う」訓練は「イザ」というとこのために「米軍」と一体となってやらなければならない。

人間社会も、言ってみたら「動物社会」だろう。
本来、元来なら同種族同士が争いはする者の勝者、敗者の帰結で「殺し合い」はない。
つまり、動物で言う生存のための縄張り争い。そこには「死闘」はあるだろうが・・・・・

文明を持った「動物社会」はそれをすることで「利得」を欲する「社会」が創造された。
それは「腕力」の勝負ではなく「武器・武力」の勝負で、そこには「それ」を「製造」する工業社会が生まれ、
その殺し合いは一層激しいものになる。

あの「ノーベル」の父親は第一次世界大戦収束、その「平和」のせいで武器弾薬製造会社が倒産した。

今は、おおよその「大病院」にはGE社性の「MRI」が導入されている、一台数億円。
これを必要としない、先端医療科学、例えば「STAP細胞」などが完成されれば「GE」はアウトになり・・・・・
それに連なる「抗がん剤メーカー」も倒産する。
まあ、あの石原伸晃大臣の「胃瘻」失言があったが、あれは、経済原則から言ったら「ピンポ~ン」(笑)。
しかし、あの「胃瘻」でどれだけの製薬会社が利益を得ているか・・・・・
石原伸晃大臣が出世できないのも、ある意味彼は正直者、「バカ」なのかもしれない(^^ゞ

カミさんも、毎週一回の注射。
その注射をしてくると体がだるくなって一日中何もできない(笑)。
薬は、40日分、一日いったいどれくらいの量を飲んでるんだろうか・・・・・
そしてその薬を飲むために、胃薬と血圧を上げる薬(笑)。

「クスリでお腹がいっぱいになっちゃう」

確かに・・・・・です。

毎月、8万円までは自己負担・・・・・・
いや、国保税払ってるんだから、その意味ではよそ様のお世話にはなってるものの「全額負担」。
国庫負担、自治体負担っていうのはその仕組み上そうなってるだけだし。

自然に生まれて、自然に老いて、自然に滅する。

それは、けして「死」ではない。
「死」というのは、「殺されるた」その状態を言う・・・・・

つまり、100年もしたら、人間社会、そこからそこに「存在」したことすらその記憶から消える。

それを考えたら、もっと、上手な生き方があってもいいのではないかと思うのだが?

吾輩は猫である。
名前はまだない・・・




Posted by 昭和24歳  at 09:24 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
吾輩は猫である。名前はまだない・・・・・
    コメント(0)