2014年06月18日

ブレイブハート

ブレイブハート



残虐非道なイングランド王エドワードI世の支配下にあった、13世紀のスコットランド。侵略により家族を皆殺しにされた少年ウィリアム・ウォレスは成長して久々に故郷に戻るが、愛する妻をもイングランド兵に惨殺されてしまう。復讐を誓う彼は祖国解放を願うスコットランドの民衆を率いて、自由を勝ち取るために立ちあがった!

まあ、倭人は農耕民族ですから・・・・・
狩猟民族に圧政され続けます。(^-^)/



>サッカーのシンボル三足カラス。

スコットランドとイングランドの戦争。

ウィリアム・ウォレス「ブレイブハート」(メル・ギブソン)に見る蹴り首。

まあ、伝説の域を出ないだろうが、勝者が敗者の首を蹴る・・・・・
狩猟民族ならではの競技がサッカー、ラグビーではないだろうか。

「手を使わない」のではなく、「使えない」。そりゃ、気持ち悪いし、いくらなんでも(笑)。

して、今日のサッカー「ワールドカップ」にしても、オリンピックにしても、スポーツを政治のカテゴリーに置く。
まあ、平和の祭典かなんかは知らないが、大衆をそこに興じさせ、「死の商人」たちが密談する。

現在のこの国、日本においても初戦敗退、ギリシャ戦には「絶対勝利」。

「負け惜しみに聞こえるかもしれないが、初戦敗退は想定内、あと二つ絶対に勝つ」

まあ、なんとも頼もしい本田圭佑選手だが、日本政府もそう願ってるだろう、「閣議決定」だし(笑)。
おそらく、「そうしないと」、首はねられるんでしょうねぇ、敗軍の将ですから「内閣総理大臣」。

武器輸出三原則の見直し、秘密保護法の制定、そして集団的自衛権の閣議決定。

安倍首相の弁が面白い。

「日本人を乗せた米艦船が襲われたとき日本が何もできない、これでいいんですか?」

まあ、どこの誰が普通に考えて「アメリカの艦船」を襲撃しますか、ってぇ話なんだけど(笑)。
じゃあ、「日本人」が乗ってなければ集団的自衛権は発動しないってぇことでしょうか?
っていうか、日本人が乗っていようが乗っていまいが、その「集団的自衛権」の範疇なら米艦船とともに、そこにある「敵」と戦わなければならない、でしょっ?
で、なんで、アメリカ艦船に「日本人」が乗船するのか、有り得ないですねぇ・・・・・
まあ、海外紛争地で日本の商社社員家族、あるいは外交官を救出するんなら、それはある種「防衛」だからその時は海上自衛隊艦船、あるいは航空自衛隊のジャンボジェットでも出動させればいいわけだし。
つまり、政府専用機は自衛隊パイロットが操縦しているはずじゃあなかったんでしょうか、乗員もね。

「予備自衛官募集」

とある、食堂でそのポスターが。

まあ、これだけ若者を貧困に落とせば行き着く先は国家公務員「自衛隊」でしょう。
三食、衣服付き。さらに自衛官になって3年の年季奉公が終えれば自動車免許は「大型特殊免許」までついてきますから。
で、この物騒な世相、やたらのニュースになる猟奇的殺人事件、子供の失踪事件。
ガソリン代欲しさの、スマホ代欲しさに「オヤジ狩り」する少年。

挙句が「結局、金目でしょ!??」

とは、石原慎太郎の息子の環境大臣で、たしか貧困者を「ナマポ」とか、胃瘻患者を「エイリアン」とか、福島第一原発を「第一サティアン」とかの妄言。

「結局、金目」って、「金目当て」ってぇ事なんだろうが、それって「お前だろっ!!」っていう筋の話(笑)。

まあ、環境大臣なんていう閑職に置かれて、窓際政治家ですから、まっ、アベちゃんも人が悪いっていうか、原発推進派の父親に当てつけるように「環境大臣任命」ですから、そら、腐ります(笑)。
つまり、この国、メッチャクチャです。国、地方の行政がほとんど正常に機能していない。つまり政治家の存在が空虚。
そして、「少子高齢化」を嘆くばかりの論調。日本はこの狭小な国土に人口が多すぎる、5000万人くらいで丁度いいはずなんです。
5000万人くらいの時に、将来の人口暴発を危惧して、ハワイ移民、米移民、中南米移民、そして満州移民政策から太平洋戦争へと至った歴史がある。
戦後、1億人に達した時も場当たり的に「産児制限」ともとれる「家族計画」とか「母性保護法」を政策した日本政府(笑)。

つまり、そこで言う「労働力不足」とは「奴隷不足」にほかならない。
確かに、「鎖」はないが、見えない鎖がある、「低賃金と長時間労働(深夜労働)」
最近では「介護職」が人手不足とか騒いでいるが、そら時給800円台、いろいろ引かれて手取り14、5万円じゃあ一人で生活するのがやっと。

つまり、その「介護職」が将来の「要介護者」を増産している(^^ゞ

結婚しない、できない、当然子供もいない極めて非効率な社会。

800兆円も現預貯金、タンス預金がありながらそのお金が世の中に回らない・・・・・

で、「財政危機」もないもんなんだが、一番その「退蔵資金」を持っているのがほかならぬ、官僚と政治家一族郎党。

先日、5万円くらいの買い物したら、4000円の消費税(゚o゚;;

こうなったら、8%も10%も変わらない、つまり「飼い慣らし」政策(笑)。

で、法人税は下げます。その代わりに中小零細企業には「外形標準課税」を施行???

おいっ、狩猟民族・・・財政危機なんて嘘だろ!??

ブレイブハート




Posted by 昭和24歳  at 10:56 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
ブレイブハート
    コメント(0)