2014年02月27日

ローリングストーンズ=チャーリー・ワッツ

ローリングストーンズ=チャーリー・ワッツ




ローリング・ストーンズが日本公演8年ぶり、東京ドームに登場 
1962年の結成以来、半世紀にわたってロックファンを熱狂させてきた英バンド、ローリング・ストーンズが26日、8年ぶり6度目の日本公演を東京都文京区の東京ドームで行った。
 ボーカルのミック・ジャガー(70)、ギターのキース・リチャーズ(70)らメンバー4人に加え、バンドの「黄金期」とも呼ばれる70年代前半にメンバーとして活躍したギターのミック・テイラーがゲストとして参加。
 会場には開演前から多くのファンが駆けつけた。

<引用:産経ニュース 2014.02.26>
ソース:http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2014/02/26rolling/


チャーリー・ワッツ
AB­C&D・オブ・ブギウギ



僕が19の時からお世話になっていた「プラネッツ」というバンド。

昭和43年ころの話だ・・・・・・

当時、高崎中銀にあった「みゆき」というダンスホールがハコ。

まだ、グループサウンズ「GS」もあまり出ていなかった頃。

「スパイダース」とか「ブルーコメッツ」がビッグヒットを出す前。

その「プラネッツ」、ボーカルがお米屋さんの「高木さん」・・・・・

見たっくれは、いわゆる、「ロックバンド」とは程遠い、角刈り(笑)。

どちらかというと「橋幸夫」の世界。まあ、今の人はその「橋幸夫」をご存知ないだろうが。

しかし、その「高木さん」のステージでのパフォーマンスは抜群だった。

僅か2年ほどのバンド活動だったけど、「群馬音楽センター」でのリサイタルを2回。

群馬会館での「オックス」の前座、そして前橋「赤城会館」のレギュラー出演・・・・・

その「プラネッツ」のレパートリーのほとんどが「ストーンズ」だった。

「テルミー」「ペインテッド・ブラック」「ルビー・チューズデイ」「ホンキートンク・ウーマン」、

そしてなんといっても忘れられないのがプラネっつのテーマ、オープニングは、

「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」

音楽センターでも、群馬会館でも、その「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」で、緞帳が開く。

もちろん、ホールは満席・・・・・

当然、ドラムの僕は「チャーリー・ワッツ」気取りで、スティックの握りも、レギュラー・グリップ。

ドラムのセッティングも「チャーリー・ワッツ」を真似て(笑)。

あれから45年。

そのチャーり・ワッツに、なぜか「Papa角田」師匠を重ねていた・・・・・

チャーリー・ワッツ、72歳。Papa角田師匠は85歳。

↑のYouTubeではそのチャーリーワッツが「ブギ」を叩いている。

先日のライブにもゲスト出演していただいた「Papa角田」師匠も、140位の4ビートを普通に叩いていた。

72歳のチャリー・ワッツ、85歳の「Papa角田」師匠。はたして僕もその歳で・・・・・

ブギやフォービートを叩いていられるだろうか(^^ゞ

しかし、つくづく「音楽」って素敵だね、ご機嫌だね、と、そう思った。

今日この頃・・・・・

ローリングストーンズ=チャーリー・ワッツ





Posted by 昭和24歳  at 20:26 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
ローリングストーンズ=チャーリー・ワッツ
    コメント(0)