2013年12月19日

無邪気な“猪瀬ントワールド”

無邪気な“猪瀬ントワールド”

無邪気な“猪瀬ントワールド”

裏金に領収書???
足がつないようにしろって(^^ゞ
あれほど言ったのに・・・・・



<猪瀬都知事>辞職表明、「政治家としてアマチュアだった」
 医療法人「徳洲会」グループから5000万円を受け取っていた東京都の猪瀬直樹知事は19日午前、記者会見を開き、「説明責任を果たすべく努力してきたが、私に対する疑念を払拭(ふっしょく)するには至らなかった。五輪を成功させるためには都政を停滞させるわけにはいかなかった」として、辞職を表明した。会見に先立ち、都議会議長に辞職願も提出した。

【記者会見で笑顔を見せる猪瀬氏】

 猪瀬知事は会見で、5000万円について「生活の不安から借りたもの」と選挙資金であることを改めて否定する一方、「借りるべきではなかった。政治家としてアマチュアだった」と語った。今後については「作家として発信し、恩返ししたい」と述べ、政界から引退する考えも明らかにした。

<引用:毎日新聞 12月19日(木)10時55分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131219-00000026-mai-pol

>「・・・政治家としてアマチュアだった」

そうさ・・・・・・
みんなもっとうまくやってるよ(笑)。
どうせ借用書作るなら、
妻名義ですればよかったのに(^^ゞ



>猪瀬知事さん、やっと辞職。らしい。  

遅きに失したか(笑)。

「オマエっ、辞めろ!!」

とでも一喝されたか、石原慎太郎との昨日の謀議。

亀井静香、徳洲会マネー、パー券の2000万円返金(笑)。
亀井事務所、2008年受け取り、政治資金報告書に記載せず2012年末に「返金」。
まあ、この一件でも亀井事務所「なぜ記載しなかったか」にオトボケ、頓珍漢な説明に終始。

まっ、政治資金パーティー券の一個人、団体の一回購入限度額が150万円とかだから、そもそも「パー券」じゃあなかったんでしょう。
さすが、警察官僚上がりの亀井さん、昨年末で「徳洲怪事件」の情報を入手していたかのような手際の良さだったけど、「返せばいい」という筋の話じゃあない。

「都道府県元知事に3億円が、現職知事に5000万円が渡っている」

アンカーでそう語っていた青山繁晴氏元共同通信記者、現、独立総合研究所社長は11月の時点で。

つまり、元知事とは「現、石原慎太郎維新の会共同代表」で現職知事とは「猪瀬直樹都知事」。

石原さんも焦っただろうねぇ。
突然の都知事辞職もそのへんにあるのかもしれない。
なにせ、「東京五輪」実現は石原さんの夢の夢であったわけだし、それがラマンチャの男になっちゃって、猪瀬ごときにさらわれて(笑)。
しかも、猪瀬直樹は作家で、ジャーナリスト、その意味では石原さんの暗部を徹底的に調べていたと見るのがスジ。
しかし、石原さんの方が一枚も二枚も役者が上で、というか、猪瀬が金にセコイことを見抜いたか、徳洲会マネーをたったの5000万円で、口封じした。
と、そこまでは良かったが、徳洲会の本丸に「東京地検特捜」の手が入り、パソコン、データの押収で、逃げも隠れもできなくなった。
つまり、東京地検特捜と石原さんとの間で「司法取引」のようなものが、なにせ、石原さん高齢であるし晩節というか、政治家としての二人の息子を考えたら「猪瀬逮捕」でトカゲの尻尾切りでしょうか。
まあ、「徳洲会マネー疑獄」は「リクルート疑獄」に酷似という報道記事もあるが、政府自民党も本音ではケツの座りが悪いのではないだろうか(笑)。

しかし、これほど醜悪な政治を見せられては、シラケる。

僕の娘までが、「この人バカじゃないの」とまで。

まあ、当人が会見で「未熟でした、馬鹿でした」とか言ってるんですから、「バカ」なんでしょう。
後は、この猪瀬直樹都知事が、逮捕された場合、どこまで喋るかが焦点です。
リクルート並なら、続々と出てくる、首相経験者まで。そして徳州会病院のある自治体の首長も首が寒い。

自民党もだけど、民主党のあの人も危ないかも(笑)。

>「日本には職人がまだいる。日本文化そのものの職人によって成り立つのが日本経済です」

日本の中小企業のあくなき技術開発、革新でしょうか。大組織ではそれができない。
その意味では、日本経済の底力なんだが、かつての「護送船団方式」が政治家、官僚の劣化でうまく機能していない。
今や、日本の工業はアッセンブリー産業ではない。ミクロの域までの「素材産業」。
それが、このところの円安で莫大な利益を上げている。つまり、中小企業が潤ってきている。
その中小企業の技術は、先端の宇宙産業にも欠かせない素材を生産している。

では何故、韓国も、とくに芸術的には見事な彫刻作品とかを作るのに、民生品については全くダメなのか。
中国商社が「メリーズ」の紙おむつ日本製を買い占めとかが昨今話題に(笑)。
そしてサムスンもヒュンダイも大宇も日本の精密素材がなければ何一つアッセンブリーできない、半導体製造に不可欠のフォトレジストに至っては世界シェア99%。

なぜか!??

それはこの狭小の島国に1億2千万人の人口。これは物流に、流通に実に合理的で、また、日本人の国民性がその良質な製品、モノづくりを求めてきた。
つまり、諸外国は主に「輸入文化」で、そもそも「モノ作り「職人」をその階級の上で差別してきた。

僕のギター作りでもそうだったが、分業であってもその一つ一つに「100%」を求めた。
そして、この日本には、そうした音楽文化を求める市場があった。
ところが、韓国、中国には「エレキ」を弾く、「フォークギター」を弾く少年少女がいない。
日本では、街角という街角で、ストリートミュージシャンが、少年少女が音楽表現をする。

実は、あのアメリカでも人口比較した場合楽器演奏者は日本より少ない。
多くの場合が、それはマイノリティか、宗教的領域に限定される。

その意味では、日本ほど世界の民族文化芸術が花開いている国はない。
高崎には、アンデスの人も驚く程の「フォルクローレ」演奏家がいる。
僕の友人に「ホーミー」の達人もいる。

「良いものは良い」と認める日本人て不思議。

無邪気な“猪瀬ントワールド”




Posted by 昭和24歳  at 15:30 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2020年09月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 50人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
無邪気な“猪瀬ントワールド”
    コメント(0)