2013年10月15日

スヌーピーのナッツベリーファームを高崎に!

スヌーピーの
ナッツベリーファームを高崎に!




建設費、およそ「600億円」だとか・・・・・
ライセンス料、運営指導料は別途だろうけど。



昨日の上毛新聞なんだが・・・・・

北陸新幹線「金沢まで乗り入れまで1年半」
遠心効果最大限に

とかの記事の中で、「速達タイプ」とかの「高崎駅通過」してしまう列車本数を危惧!??

富岡高崎市長は・・・・・

「できれば通過ゼロ(高崎駅)にしたい」

まあ、色々と力関係の問題もあるんだろうが(^^ゞ

で、こんな記事も↓

 高崎経大の味水佑毅准教授(交通経済学)は北陸新幹線を活用した新たな誘客の可能性について「移動時間が短くなり、北陸から群馬までを巡る1泊2日の旅行も可能になる。途中下車するスパイスとなるような観光素材が必要だ」と指摘している。
<抜粋引用:上毛新聞 2013年10月14日(月曜日)>

まあ、ごもっともなご意見ですね・・・・・・

で、まあ、観光素材というか、資源といったところで、アレ、

温泉なんかは、そら、富山とか金沢も本場中の本場ですから、アレ、

東京からにしたって、新幹線使ったって不便なアクセスの草津温泉、水上温泉・・・・・

それに、伊香保とか老神温泉とかより、どうせなら、

一度は行ってみたい富山「宇奈月温泉」、「氷見温泉」とか、

金沢近辺の「片山津温泉」、「山中温泉」とか、そら、山代温泉でしょうに(^-^*)(・・*)

で、日本海の海の幸はてんこ盛りだし、その意味では「観光素材」、勝ち目なし。

で、その「観光素材」って言ったら、北陸になくて群馬にあるもので勝負・・・・・

まあ、高崎駅途中下車の旅なら、チョッと遠いけど、アレ、

「群馬サファリパーク」

まあ、将来的には公共交通アクセスをもっと充実させてなんだろうけど。

それと、まあ、売りになるのは年間を通じてプレイできる「ゴルフ場」をもっと宣伝するとか。

いずれにしても、北陸からの誘客におんなじレベルで勝負しても勝目は無し(^^ゞ

で、「一度は行ってみたい高崎」創りですね!!

まあ、北関東最大のコンベンションセンターもできるわけだし、

大規模集客施設が駅、東西にできるわけだし、国際大会可能なスポーツセンターもです。

まっ、「箱モノ」のオンパレードなんだけど・・・・・

「スパイス」なし(^^ゞ

そこで、そろそろ定年を迎える「高崎白衣観音」だけど、

ありがたくご利益があるように再建立したほうがいいでしょう。

その意味では、昭和の初めより高崎の「ランドマーク」だったんだし・・・・・

で、まあ、「スパイス」なら観音山丘陵の再開発っていうか、子供騙しはいけませんね(笑)。

コレ、↓

カッパピア跡地の公園整備で新方針 

冒険心や夢を育む遊具で広場
 高崎市は、カッパピア跡地で進めている観音山公園整備で、計画の一部を変更し、ドイツの世界的遊具メーカー、ケルナー社の遊具を設置した「ケルナー広場」を整備していく計画を14日に示した。

 計画によれば、ケルナーの遊具は、ぐらぐら揺れる上り棒や階段が斜めについた滑り台など斬新なデザインや構造が特徴で、子どもの冒険心を駆り立て、危険予知能力や、事故回避能力を高め、体力、運動能力の向上をはかることができるという。

<抜粋引用:高崎新聞(2013年8月15日)>
ソース:http://www.takasakiweb.jp/news/article/2013/08/1501.html



>子どもの冒険心を駆り立て、危険予知能力や、事故回避能力を高め、体力、運動能力の向上を 

まあ、「太田こどもの国」もそうだけど・・・・・・

そんなもん「群馬ファミリーパーク」で十分でしょうに。

やっぱり、「観光素材」って言うんなら、開園当時のカッパピアがそうだったように、

まあ、夏の間だけだったけど「流れるプール」とかで近県からの来園客も。

当時、そこでバンド演奏してたけど、とにかくものすごい人だった。

で、「観光素材」って言うんなら「一度は行ってみたい」・・・・・

「もう一度行ってみたい」高崎!!

まあ、「TDL」がそうであるように、人口資源には限りがあるわけだから、

「リピーター」狙いでしょう。TDLにしたってあの手この手です(^-^)/

そんなわけで、高崎に「テーマパーク」を!!

そんなわけで、今のところ一番安上がりだと思えるのが、アレ・・・・・

コレ↓、しかないでしょう!!



交通アクセスは高崎駅「ゼロ番線」から「ナッツベリーファーム行」を!!

根小屋駅あたりから観音山ファミリーパーク経由の線路を敷設で、当然「トロッコ列車」か、

「オリジナルトラム」で山間部、観音山渓谷を・・・・・

それか、「スヌーピー・バス」。あの、宮崎さんちの「猫バス」じゃあないけど、

それで送迎。「スヌーピー・バス」に乗りたくてくる観光客もいるかも???

で、高崎のマスコット、ゆるキャラを「スヌーピー」に・・・・・

まあ、ライセンス料かなり請求されるかもしれないけど、グッズ販売でなんとかまかなう(^^ゞ

で、上信エリア活性化にも、プラス「群馬サファリパーク」とセット券でも、って、どう???

つまり、富岡、下仁田方面も「観光素材」に「神津牧場」はあるわけだしね。

そしたら、「上信電鉄」もウハウハになるかも・・・・・

で、「ナッツベリーファーム」では「スヌーピーと英語の国」で、

公用語「英語ゾーン」は英語しか通用しない、もちろん通訳ガイドを頼める。

そしたら、日本全国から「スヌーピー・ファン」が北陸新幹線に乗って高崎にわんさか!!

まあ、「ネズミ」より「ワンちゃん」のほうが僕は好きです(笑)。

まっ、「観光素材」って、基本的に「そこにしかないも」・・・・・

つまり、それには「テーマパーク」です。

当然、3泊4日のコンベンションも、スポーツ国際大会も国際会議もオフが楽しめないと!!

スヌーピーの
ナッツベリーファームを高崎に!





Posted by 昭和24歳  at 11:26 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
スヌーピーのナッツベリーファームを高崎に!
    コメント(0)