2013年09月14日

イプシロン成功でリストラ!??

イプシロン成功でリストラ!??



新型ロケット「イプシロン」打ち上げ トラブルから再挑戦 12年ぶり
 新型ロケット「イプシロン」初号機が14日午後2時、鹿児島県肝付(きもつき)町の宇宙航空研究開発機構(JAXA)内之浦宇宙空間観測所で打ち上げられた。順調に行けば約1時間後、惑星観測衛星「スプリントA」を南米上空の予定軌道で分離する。国産の新型ロケットの打ち上げは主力機のH2A以来、12年ぶり。

 打ち上げは午後1時45分の予定だったが、警戒区域に船舶が侵入する恐れがあり15分延期された。

 イプシロンは固体燃料を使う3段式の小型ロケットで全長約24メートル。JAXAが約200億円で開発した。固体燃料ロケットの打ち上げは、平成18年に廃止された先代のM5以来。

 イプシロンは低コストと効率性が特徴。H2Aの固体ロケットブースターやM5の技術を転用して開発費を抑えた。IT(情報技術)の活用で簡易な打ち上げ管制を実現し、初号機は機体を自動点検する世界初の装置を搭載した。

 打ち上げは当初、8月22日の予定だったが、地上設備の誤配線や機体姿勢の誤検知で2回延期された。
<引用:産経新聞 9月14日(土)14時15分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130914-00000523-san-sctch

>イプシロンは低コストと効率性が特徴。

たしかに、なんだが・・・・・

そもそも「JAXA」って???

早い話が、国策でしょ、それ。

開発費が10分の1で、打ち上げ時の人員も・・・・・

人員3名とノートパソコン3台って、

余っちゃった人どうするんだろうか???

こういうことですね、この国のシステムは・・・・・

合理化、合理化を言うけど、結局、それって「人減らし」。

おかげで、どの工場も人が余り始めて現在に至るです(^^ゞ

確かに、海外との価格競争はあるんだが・・・・・

大企業が抱える莫大な内部留保、「合理化税」とでもしたら。

つまり、「ロボット」に課税する。

どっちみち大企業、ヤバくなったら国で損失補填するんですから。

東電がそうですね。まあ、国策ですけど。

イプシロン成功でリストラ!??



Posted by 昭和24歳  at 14:39 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
イプシロン成功でリストラ!??
    コメント(0)