2013年04月19日

麻生というボルサリーノ

麻生というボルサリーノ



総理時代に批判を浴びた“麻生節”が復活!
 総理時代に批判を浴びた“麻生節”がまた復活です。麻生副総理は、衆議院の予算委員会で「いい加減に生きている人の医療費を俺が払ってると思うとバカバカしい」と語りました。

 麻生副総理:「私は72歳だが、病院に行ったことはほとんどない。そうじゃない人って世の中にたくさんいるじゃない。飲みたいだけ飲んで、やりたいだけやっていい加減に生きて、それで72でくちゃくちゃになってる人がいっぱいいるでしょ。そういう人たちが病院で払っている医療費を俺が払ってる。俺が払ってるんだと思うと、なんとなくばかばかしくなってくる」
 麻生副総理は、総理大臣時代の2008年にも、経済財政諮問会議で「たらたら飲んで、食べて、なにもしない人の分の金を何で私が払うんだ」と発言して批判を浴びたことがあります。16日の委員会でも、「当時はいいようにたたかれてボロカスになった」と振り返りながらも、健康なら保険料が還元されるような制度を導入すべきだという持論を改めて主張しました。

<引用:テレビ朝日系(ANN) 4月17日(水)0時9分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20130417-00000000-ann-pol

>飲みたいだけ飲んで、やりたいだけやっていい加減に生きて、それで72でくちゃくちゃになってる人がいっぱいいるでしょ。そういう人たちが病院で払っている医療費を俺が払ってる。俺が払ってるんだと思うと、なんとなくばかばかしくなってくる」

まあ、麻生さんが払ってる分なんてどこにも足りません(笑)。

人間「運」、「不運」ってのがある・・・・・

節制してたって逝っちゃう時は逝っちゃう分けです。

つまり「俺が払ってるんだ」っていう部分が「保険」なんです。

別に「ちゃらんぽらん」な人たちばかりじゃあない、「難病」、いわゆるそれです。

「小児がん」にしろなんにしろ、やっぱり麻生ってボルサリーノ脳だね(^^ゞ

たまたま「運」がいいだけの話です。つまりその環境に生まれたのも「努力」じゃあない。

ただ、「そこ」に生まれただけの話。恰も己が「選ばれし」人間のごとく言うが、そんなもんです。

そういう奴に限って、他者の悲哀に平然とする・・・・・・・

吉田茂の孫、大久保利通のやしゃ孫、それでえ十分でしょうに(笑)。

麻生というボルサリーノ




Posted by 昭和24歳  at 07:33 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
麻生というボルサリーノ
    コメント(0)