2013年01月28日

税金をピンはねする国会議員

税金をピンはねする国会議員

税金をピンはねする国会議員

来日して35年。著者は日本人になりきった。今までだれもやらなかったことをやるために議員になったのだ。この国を住みよくしたいとの願いを胸に、その意欲と情熱をメッセージする

あっ、ピンハネ国会議員て・・・・・・

この↑センセのことじゃあありません!!


民主・前参院議員、文通費を海外投資に流用
 民主党の前参院議員・内藤正光元総務副大臣(48)が、国会議員に年間1200万円支給される「文書通信交通滞在費(文通費)」を海外投資に流用していたことが関係者の話で分かった。

 投資目的の送金は2009年までの7年間で1億円を超えていたが、この一部に文通費が充てられた。文通費は使途が限定されているが、報告や公開の義務がなく、国会議員の「第2の給与」とも言われて問題視されており、改めて制度のあり方が問われそうだ。

 国会に提出された所得等報告書などによると、1999年から09年の間、内藤氏の収入は、ほぼ議員歳費と期末手当だけしかなく年2000万~2400万円。税金や社会保険料を差し引いた可処分所得は1千数百万円とみられる。

 ところが、関係者によると、内藤氏は98年7月の初当選後、海外投資を行っており、金融機関が税務署に提出する「国外送金等調書」などから、09年までの7年間に1億円以上を送金していたことが判明した。年平均だと1400万円超に上り、生活費などを考慮すると、歳費と期末手当だけでは賄いきれない。このため、10年末から内藤氏への税務調査で東京国税局が投資の原資を調べたところ、口座の出入金記録や本人の説明などから文通費が充てられていたことが確認されたという。

<引用:読売新聞 1月28日(月)7時43分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130127-00001042-yom-soci


内藤正光元総務副大臣(48)
2007年4月、中国で培った人脈をもとに、日用雑貨の輸入などを目的とする貿易会社を設立し、会長に就任するが、会社設立直前の2006年~2007年3月にも中国を3回視察し、政党支部から支出していることや、2007年4月から2008年まで、自らが代表を務める政党支部の政治資金で、中国、香港、シンガポールなどを複数回にわたり海外視察したことが明らかになり、「視察先で経済活動と政治活動がきちんと区別されているかは不透明だ。(企業と政治団体からの)旅費の二重取りという誤解も招きかねない」と問題視された。
<出典:wikipedia>

このセンセ、菅グループだって(笑)。

まあ、陣笠っていうか、そんなもんでしょう・・・・・・

それに3人おける公設秘書もボーナス等お手当込みで700万円~だし、

つまり、「秘書給与疑惑」ってぇのも日常茶飯事だし、身内、息子や娘等々親族を公設秘書に(笑)。

まっ、参議院だし、大した国会活動なんてそもそもしてないんじゃあなかったの件のセンセ(^^ゞ

まあ、気持ちは分からないでもないです、年間「1200万円」の文書通信費・・・・・・

だって、「文書通信」なんてしないもの、

ましてやネット時代でツイッターやフェイスブックはロハだし実質。

まっ、今回だって「アベノミックス」でインサイダーの横行だったんでしょう、ウハウハ。

ましてや、ポットでの国会議員じゃあ献金ていうか裏金はないでしょうからせっせと利殖。

それに政党助成金ってぇのも、当然おこぼれがあるだろうし・・・・・・

事務所費疑惑とか秘書給与疑惑とか、サラリーマン国会議員なんてこんなもんでしょう。

でもそれでいいんでしょうか、庶民、大衆、平均所得400万円前後の???

税金をピンはねする国会議員



Posted by 昭和24歳  at 14:13 │Comments(1)

この記事へのコメント
醍醐東市営住宅は一応立て前は公開抽選に当選しないと入居できない事になっているが老朽化したコンクリートブロック住宅を建て替える際先ず醍醐中市営住宅を5棟を新築しそこに全世帯入居させた。そこで終わらず、その少し上の丘陵地に醍醐東市営住宅を20棟新築した。その醍醐東市営住宅に一旦中市営住宅に入居して1年半程度しか住んでいない世帯を数件再入居させるという裏技を使った。引越しの度にかかる引越し費用は全て京都市の公費つまり税金である。その東市営住宅には京都市の元正職員や現職員家族関係者が現在も住む。名義は無職の職員家族になっているが元職員の老夫婦もいる。団地の約半分の世帯がペットを飼育。偽装の精神疾患や障害者が殆どその人間達に共益費や駐車場代金を集金させそのうちの4割程度を助成金等と称して一部の人間達に手渡していた。表向きは団地住民の為に使うという事になってはいるが領収書等の報告義務はないので一部の人間にわたる。階下住人に対して深夜1時前後から鈍器のようなもので床を叩き続けたり重低音の音を流したりする女などは迷惑行為を通り越した犯罪。これら政務活動費を偽宗教法人に垂れ流した市議が庇護する地域での出来事。最後に生活保護を受給し続けベンツ2台所有し山科区に家を建て古い家財道具を公費で処分させた女。偽装障害者は出かける時だけ車椅子に乗り普段は共用廊下に置きっぱなし、犬の予防接種も無料、隣は車椅子を共用廊下に置きっぱなし。そしてシラをきれるようあらゆる不正不法行為は閉庁後に行われている。
Posted by 行政が隠したがる理由税金の無駄遣いのツケは結局納税者に at 2016年10月23日 11:50
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2020年08月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 44人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
税金をピンはねする国会議員
    コメント(1)