2012年08月28日

ハンマー銅メダルの室伏の母生活保護にも絶縁(^^ゞ

ハンマー銅メダルの室伏の母生活保護にも絶縁(^^ゞ



「メダルが泣いている」瞼の母


室伏広治 実母が生活保護生活も「援助はしない」の絶縁宣言
「室伏さんの母親は生活保護を受けています。室伏さんからの援助は、いっさいないようです」(室伏の母の知人)

ロンドン五輪男子ハンマー投げで銅メダルに輝いた室伏広治選手(37)。アテネ五輪金メダルに続く2度目の快挙に加え、’11年からは中京大学の准教授にも就任している。ところがその裏で、実母のセラフィナさん(62)が生活保護費を受給する生活を送っているというのだ。


<中略>

《私の父、母は、昭和63年2月25日に名古屋地裁にて協議離婚をしております。その際に親権は父に移っております。したがいまして、私と妹が母と何らかの関わり合いを持つ事は、父親に対して重大な裏切りだと認識しております。したがいまして今後も母親と接点を持っていく考えはありません》
<抜粋引用:女性自身 8月22日(水)7時2分配信>
ソース:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120822-00000303-jisin-ent

>私と妹が母と何らかの関わり合いを持つ事は、父親に対して重大な裏切りだと認識しております。

まあ、父親と母親のあいだに何があったかは知らないが・・・・・

その父も息子も成功者、当然それなりの収入が。

その息子が実の母親と何らかの関わりを持つことがなんで、

「父親に対して重大な裏切り」

そうなるのか、全く理解ができない。

親権がとかいったって、もう室伏広治、37歳、いい大人であろうに・・・・・

当然、「親権」というレベルの話はとっくに終わっている。

それほどに母親とのあいだに、そこまで言う「恩讐」があったのか?

それとも、室伏広治という人間がそもそもそういう人間なのか。

いい大人の、しかもオリンピックメダリストの、大学の准教授の一人の人間が、

そうまで、母親との親子関係を断絶できるのか?

父親とのその母親の関係がどうあれ、一人の大人の息子として陰ながらその母親を・・・・・

支えてあげるのが「人間」ではないのか。


父親・室伏重信元夫人はルーマニア出身のSerafina Moritz (セラフィナ・モリツ)であり、(元やり投げ選手)室伏が彼女に対し 伝統的な日本の妻としての生活を強いたために不和が生じて離婚に至ったという。
ソース:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%A4%E4%BC%8F%E9%87%8D%E4%BF%A1

>伝統的な日本の妻としての生活を強いたために不和が生じて離婚

それがどうして「父親への重大な裏切り」となるのか・・・・・

親子関係は切っても切れないと思うのだが。

しかも、天皇の名で授与される紫綬褒章(しじゅほうしょう)受賞者。

その紫綬褒章、メダリストと母親の生活保護はお笑いタレントのそれより淋しい。

ハンマー銅メダルの室伏の母生活保護にも絶縁(^^ゞ




Posted by 昭和24歳  at 20:20 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
ハンマー銅メダルの室伏の母生活保護にも絶縁(^^ゞ
    コメント(0)