2012年06月18日

【大阪】生活保護費にたかる医療機関(゜д゜)

【大阪】生活保護費にたかる医療機関(゜д゜)



“働けるのに働けない人"はなぜ増えたのか? 昨年放送され、大きな反響を呼んだNHKスペシャルの書籍化。生活保護の受給者は全国で202万人を突破、大阪市に至っては18人に1人が受給者という驚くべき現実が進んでいます。生活保護受給者の日常から暴力団の貧困ビジネスの餌食となっている事実までを克明に追った一冊。税と社会保障の一体改革が問われる中、公務員、福祉関係者から所得再配分の現実を知りたい一般読者まで、幅広く注目を集めること間違いなしの一冊です。



「全患者が生活保護者」34医療機関 大阪、不正調査へ
 大阪市が生活保護受給者の代わりに医療費を支払う「医療扶助」により昨年11月~今年1月に診療報酬を受け取った大阪府内の医療機関のうち、患者の95%以上が生活保護受給者だった医療機関が72カ所あり、そのうち34カ所は全患者が受給者だったことが、大阪市の調査で分かった。同市は、不正な請求が行われたケースもあるとみて、調査に乗り出す。

 医療扶助は、生活保護受給者が診療や薬の処方を受ける際、市区町村が患者に代わって医療機関に直接医療費を支払う仕組み。大阪市では2008年度の医療扶助は1129億円で、保護費全体の47%を占めた。制度を悪用して診療報酬や薬代を不正に請求するケースが起きており、医療扶助を狙った貧困ビジネスの存在も指摘されている。
<抜粋引用:2010年6月28日19時11分asahi.com>
ソース:http://www.asahi.com/special/08016/OSK201006280082.html

>制度を悪用して診療報酬や薬代を不正に請求するケースが起きており、医療扶助を狙った貧困ビジネスの存在も指摘されている。

とくに大阪だけというわけでもないだろうが・・・・・

それにしてもヒドイ話です。

野田さん、いくら消費税徴税しても、ザルです。

当然、政治家、官僚の皆さんも同じ穴の狢ですから(嗤)。

【大阪】生活保護費にたかる医療機関(゜д゜)




Posted by 昭和24歳  at 15:35 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
【大阪】生活保護費にたかる医療機関(゜д゜)
    コメント(0)