2011年07月30日

【ヴァリュー】“ヤナイストア倒産”

【ヴァリュー】“ヤナイストア倒産”



カルフールはなぜ失敗したのか、ネット通販はスーパーを脅かすようになるか、格安プライベートブランドは利幅も大きいなど、儲けの仕組みから店長の給料まで、進化する業界の表と裏を完全解説。




(株)ヤナイストアー/事業停止 倒産

食品スーパーの(株)ヤナイストアー(群馬県前橋市大利根町1-38-7、代表:柳井誠一)は7月28日事業停止、事後処理を吉村駿一弁護士(電話027-224-8357)に一任した。負債額は約14億円が見込まれている。

同社は昭和47年創業の地域食品スーパー。「ヤナイストアー」・「バリュー」の屋号で5店舗経営していた。以前は県内に14店舗ほど所有していたが、乗り込んできた大手スーパーや大型のショッピングモール・GMSに市場を喰われ、同社は不採算店の撤退を続け5店舗の経営となっていた。残った5店舗も気を許す間もなく、競合スーパーが進出して乱立、その影響から売上不振に見舞われ、資金繰りに支障をきたすようになり、今回の事態に至った。
流通の世界は、消費者そっちのけで、垣根も仁義もない銭ゲバの世界に化かしている。

<引用:2011年7月29日 JC-NET>
ソース:http://n-seikei.jp/2011/07/post-696.html

まあ、今朝も“イオン”に所用で行ってきたんだが・・・・・・

午前10時30分ころで路面駐車場はほぼ満杯、土曜ってこともありでか。

で、今朝の上毛新聞でもトップでコレ↓

“ヤナイストア”倒産!!

まあ、この2ヵ月くらい大八木のヴァリューだけど・・・・・・

冷凍食品は空っぽで、ショーケースには蓋が。

で、お酒は「商品の補充はなし」で、どうしちゃったんだろ???

そんな感じでした。危ないのかなぁとか・・・・・・

まっ、そうですね、井野の“ヤオコー”も塩っぱいです。

中尾、中川地区辺りだと、“イオン”か“うおかつ”へ行っちゃうのかもしれません。

まあ、ヴァリューの“ヤナイストア”だけど、

一時は十数店舗展開、平成10年頃がピークだったんだろうか。

アチコチにあったけど、まあ、ベルク、ヤオコー、イオン、うおかつで、

まさに「谷間のラーメン屋」状態。

小八木店だけど、あの地域では先人のスーパーだったけど・・・・・・

大八木の“ベルク”が、止めかな、まっ、“Aコープ”はとっくに終わっちゃったし、中尾団地の。

まあ、市場規模からいってもこの高崎北東部の商圏、

あと一つ、デッカイのが来たらどこか終わっちゃいます、多分。

まあ、フレッセイは規模的にも無理してないし、商品揃え、意外とセンスいいです。

やっぱり、イオングループの“ベルク”かな、結構雑だし、イロイロと。

明らかに“飯塚店”は「苦戦」の趣だし、“日光町”はサイズ、ありすぎで混雑感、無理。

江木の“ベルク”と“ヤオコー”は共食い状態です。

まあ、こうして、地場の産業っていうか商業商店壊滅していくんだけど・・・・・・

コレって、行政に責任ねぇのかなぁ???

これで、駅、東口、栄町あたりに商業ゾーンとか言ったら、

いよいよ、西口界隈、“ゴーストタウン”ですね。

【ヴァリュー】“ヤナイストア倒産”



Posted by 昭和24歳  at 18:22 │Comments(1)

この記事へのコメント
次は、スズランか?本店たかはし?
Posted by 通りすがり at 2011年08月02日 22:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
【ヴァリュー】“ヤナイストア倒産”
    コメント(1)