2011年07月29日

【温故知新】麻生政権末期のお話。

【温故知新】麻生政権末期のお話。


↑はhttp://yohkan.iza.ne.jp/blog/entry/2373910/より拝借m(_ _)m

やっぱりなぁ・・・・・・




外国人違法献金 首相は領収書を提出せよ

 菅直人首相の資金管理団体が在日韓国人から違法献金を受けていた問題で、首相は返金時の領収書の国会提出を拒んでいる。前例がないということだが、理由にならない。実際に返却したことを国民に証明するためにも、速やかに領収書を提出すべきだ。

 21日の参院予算委員会で、自民党の山谷えり子氏が追及し、首相は「過去の事例や今後のこともあり、委員会や理事会で議論してほしい」などと人ごとのような答弁を繰り返した。

<抜粋引用:2011.7.23 03:21 産経ニュース>
ソース:http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110723/plc11072303210001-n1.htm





つまりこういうことでしょうか(笑)。

西松建設で「小沢のはでっかすぎるからダメ」って言うことらしいんですけど。

そりゃあ、小沢さんちは、今は全部表に出しているからなんで・・・・・

もちろん「政治とおカネ」のお話です。

まあ、昔はアレだったけど、今も分かんないけど・・・・・

小沢さん自身が「全て出してます」って言ってるんだから証拠でも見つけないと、

「そりゃあ、ちがうだんべぇ!!」

とは、言えない・・・・・

「そうなんかい」

としか言えませんです。ハイ。

って言うことは、他の原発のあるところの最大派閥の元首相のところだとか、

青森だってあります・・・・・
あのブルドッグがたまげたような顔をした自民党の小島だったか大島だったかのセンセーのところです。

つまり日本中にある原発にからむ「電源開発促進対策特別会計」はなんでも年間“3700億円”からが・・・・・

国民の払う電気料金から東電とかが「納税義務者」として徴税されている。

まあ早い話が、東電とかが「徴税」の仲介をやっているわけです。

でその「電源開発促進対策特別会計」の“3700億円”からが、一体何に使われているかって言うと・・・・・

まあ、「原発」のある地域住民への迷惑料とか、ヤクザのミカジメ料とか、

いわゆる“センセー”の困ったときのお財布だとか(笑)。

まあ、そう言うのはやっぱり「裏金」とか「裏献金」とか言われるやつですから、ホントのところはわかりませんが、

まあ、アレです、「センセー」とかの話です・・・・・

「んなもん、あってもちっともおかしくなかんべぇ」

つまり、「定説」なんです。

だから、大物のセンセー。西松のハシタガネはもちろん政治資金規正法に則って“オモテ”に知っているはずですが・・・・・・

もっともそんなハシタガネは、センセーの懐に入る前に、そりゃあ「蛇の道はヘビ」です。

秘書だっておカネ欲しいですもん(笑)。

まあ、「人情だんべえ」って言うことにしておきましょう。

まっ、民主党が危ないとかなんですけど、ハッキリ言って自民党ほどじゃあないでしょう。

つまり、「世の中カネです」っていうのが、これもまた「定説だんべえ」って言う話になっちゃうんですけど・・・・・

そしたら、

「農水省142人ヤミ専従…組合に再調査告げ事実上いんぺい」

これも、公務員の組合と言えば民主党(旧社会党系)か日本共産党でしょうだいたいが。

で、公務員ってったって「組合」じゃあ高級官僚なんかじゃあありません。

社会保険庁にしたって、旧労働省の「私の仕事館」にしたってホントの巨悪は「政府筋」とか言う高級官僚です。

まあ、今の世の中、政治家なんて芸者みたいなものです・・・・・

もっとも、大した芸があるわけじゃあないから“芸者”というよりはアルバイトの“キャバ嬢”がせいぜいです。

その昔、東京都知事で放送作家だった、参議院議員でもあった、

「青島だーーー!!」

とかのセンセーが予算委員会で、時の佐藤栄作首相に、

「あなたは財界の男メカケカ!!」

とか言っちゃって、そしたら、時の団十郎首相・・・・・・

「無礼な!!」

って言ったとか言わなかったとかですけど、

まあ、そんなもじゃあないんでしょうか・・・・・・・

けさもNHKのラジオ、“日曜討論”で、

「政治とカネ、これを何とかしないといけません」

とか言ってましたけど・・・・・・

いったい何年その「政治とカネ」をやってるんでしょうか?(笑)。

バカバカしい・・・・・・

これはそう言う属種の人間の「不治の病」です。

死ぬまで治らない、というか、死んでも「種の保存」で子だとか孫だとかがおんなじことで、同じ病にかかって出てくる。

そこで、小沢さんちやら、二階さんち経由で、自民党中枢も突っつかれています。

そしたら今度は、農水省の“闇専従”だそうです。

ところで、あのウルマさんとか言う、なんとなく「必殺仕事人」に出てきそうなおじさんというか、おじいさんですけど・・・・・

つまり、官僚政治の本性でしょうか。ああいう人んちは代々が官僚です高級な。

そういう人たち、本気で、自民党、今まで懐柔できてきた「自民党」が終わるんじゃあないかと相当な危機感のようです。

「腐っても鯛」の時代の自民党はとっくに終わっています。

今では“麻生さん”しかいない自民党です。

町村も、与謝野も、谷垣も・・・・・・終わってます。

笹川さん、「町村さんを中心にまとまっていく」ですって。

どうぞ勝手にやってください。いくらまとまってもクズはクズです(笑)。

まあ、その「必殺仕事人グループ」は民主党も、自民党もお陀仏にさせて、わけの分かんない連中を・・・・・・

まあ、「若いだけ」って言うのを手のひらで転がすんじゃあないでしょうか。

まだ選挙まで半年あります。

まあ、「行革、公務員改革」とかいって自民党を飛び出した人がいましたけど・・・・・・

けっこう担がれちゃったりしていて(笑)。

官僚批判も、「必殺仕事人」からの演技指導だったりして。

まあ、この際は、いわゆる「不幸中の幸い」があるとしたら、それは1年でも、2年でも民主党政権です。

もしこれで、民主党も自民党も終わっちまったらそれこそ最後かも知れませんね。

戦前戦中の軍官僚の突出した「官僚社会主義社会」です。

さて、どうしましょう。そうなったら・・・・・

【温故知新】麻生政権末期のお話。




Posted by 昭和24歳  at 20:49 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
【温故知新】麻生政権末期のお話。
    コメント(0)