2011年06月27日

NHK、有働アナ“同性愛”信者をアサイチで告白!

NHK、有働アナ“同性愛”信者、
番組、アサイチで告白!


NHK、有働アナ“同性愛”信者をアサイチで告白!

どうしたNHK…有働アナ、朝から「セックス」連呼2010.06.24

あっ、コレ↑去年の6月24日の記事(zakzak)の時だけど・・・・・・

また、、面白すぎます、NHK、有働とか(笑)。

で、今回は、“同性愛”がどうしたとか、こうしたとかです。

コレ、↓

NHK衝撃、ナマ告白!有働アナ“同性愛”信者だった

 V6の井ノ原快彦(35)とともにNHK「あさイチ」(月~金曜、午前8時15分)の司会を務める有働由美子アナウンサー(42)が、またまた朝からぶっとんだ発言で注目を集めた。マンガの特集で、男同士の同性愛を描いた「ボーイズ・ラブ(BL)」の信者であることを告白したのだ。

 有働アナといえば、同番組中に、脇にかいた汗ジミが見苦しい-という苦情ファクスを自ら紹介して堂々と謝罪、また、あるときは番組前の朝ドラでボロボロに泣きながら番組をスタートするなど、天真爛漫ぶりが注目の的。24日の放送でも、NHKアナのタブーを打ち破るような告白があった。

 この日はマンガの特集で、最近はやりの「BL(ボーイズラブ)コミックス」を扱う書店や、男性同士のセクシー画像を紹介。そして有働アナ自ら、「あたしBL読んでる。男女の恋みたいに簡単に結ばれないから切なくて良い!」と熱い支持を表明したのだ。

<抜粋引用:2011.06.27 zakzak>
ソース:http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/

>「あたしBL読んでる。男女の恋みたいに簡単に結ばれないから切なくて良い!」

で、「ボーイズライフ」とかって全く分かんないんですけど(^^ゞ

オカマとかゲイとかの世界なんでしょうか ???

まあ、男の世界にもいろんな世界があるんですね・・・・・・・

いわゆる「男色」とかっち、いうんでしょうか、分からん世界ですけど(笑)。

もう、亡くなっちゃいましたけど、知り合いの人でいました。

まあ、両刃なんですけど、昔、まだ古い高崎駅だった頃、夜な夜な現れます。僕が20代の頃、40代でした。

まあ、物色してたんでしょうか、ボーイズライフとかです(^^ゞ

近所の寿司屋のオヤジだったんですけど、まあ、バンドマンには良くしてくれました。

で、普段はそら、江戸前ですから、「テヤンデェ」の世界なんですけど、お酒が入ると、オネェになっちゃうんです(^^ゞ

まあ、一つの「趣味の世界」なんでしょうか、分かりませんけど・・・・・・・

それにしても、NHKの有働アナ、「わかっちゃう」なんて凄すぎです !!

まあ、けして美人というわけではなく、どこにでもいそうな、まあそんな感じです。

NHKって、女子アナ、なんとなく落とし所みたいな、あっ、「黒田あゆみアナ」お局の風格ですね。

ヒストリアとか・・・・・・・

あっ、今は「渡辺あゆみアナ」でしたっけ。


NHK、有働アナ“同性愛”信者、
番組、アサイチで告白!





Posted by 昭和24歳  at 19:50 │Comments(3)

この記事へのコメント
 ボーイズラブは女性が頭の中で妄想した可愛い男の子だけの『理想の世界です』。メルヘンですね。発想するのは女性又は女性をマーケットとした漫画を書く人や編集者。両刀使いのおじさんとは多分違います。
 今だったらイケメンタレントのみの理想の恋愛じゃないんでしょうか。そんな理想を実現したのが中野区にあるSTUDIO LIFEでホームページもございます。
Posted by あのねあのね at 2011年06月28日 07:16
有働っちは去年までは米特派員だったかな?
まだ現地にいたって良かったのでは?

あぁジャーナリスト適性じゃなかったから、呼び戻されたか?もしくは単なる箔付け人事なんても。
まぁ加賀見さんがいるからいいや~。NHK
Posted by 忠やん at 2011年06月29日 02:14
こんな後出しですが、ウィンブルドン観つつ、お詫びと訂正ですm(_ _)m;

加賀見→加賀美(幸子さん)でした。女史は2005年にNHKを退職しておりますが、現在でもNHKの番組にフリーのナレーターとして起用されております。だからNHKのエグゼクティブな現役かと錯誤してしたり、かつ生ける「アーカイブ」とレスペクトしてたり。

しかしながら男女問わず、すぐ泣いたり、こボケをかます最近のアナウンサーは見苦しいですね。ましてやカミカミは言わずもがな(;_;)
イントネーションも最近へんてこですね。まぁ民放もさらにグチャグチャ。下手すると放送コードとやらのアワワの辻ぽいスレスレを天然でCUMムニャ…

日本語のイントネーションやら共通語って、元来、地方を【祀(まつ)ろわせる】中央集権の軍事的制度だったし。いわば津軽と鹿児島の百姓を統括する号令コミュニケーションとしての人工言語コントロール。

方言こそは【マザータング】だがん(東毛風)。地方とは【マザーランド】だいね(西毛風)

つうことでたった今フェデラーをツォンガを下しました。

「早よ寝よと呼ぶ声が聴こえ」ZZzz....
Posted by 忠やん at 2011年06月30日 02:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2020年08月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
NHK、有働アナ“同性愛”信者をアサイチで告白!
    コメント(3)