2011年06月24日

西山審議官「カラオケをラブホ代わり」って

西山英彦審議官、
「カラオケをラブホ代わり」って


西山審議官「カラオケをラブホ代わり」って

で、娘さんが東電の社員だとか・・・・・・

石破と同じじゃん(嗤)。



愛人にあそこまでバラされては…西山審議官「エセ紳士」うら悲し

・・・・・・一夜の御乱行なのかと読み進めると、実は2人の仲は経産省の仲では知る人ぞ知るで、1年前から「特別な関係」が続いていると、2人を知る経産省の関係者が打ち明けている。デートの回数が増えたのは昨年11月くらいからで、11月7日から14日まで開かれたAPECの高級実務者会合で、議長を西山審議官が務めていた超多忙の時も、彼女とは6回も夕食を共にしたという。さらに、翌12月のデートの回数は10回程度で、1日、3日…27日、28日とある。ここまで読んでくれば、読者はこの情報を新潮にたれ込んだ人間が誰だか気づくはずだ。過日、彼女がキスされるのを嫌がり、タクシーで逃げ帰ってしまったのは、西山審議官と何らかのトラブルが起きていて、彼女の心は彼から離れていたからだろう。カラオケに行っても歌も唄わず、ラブホテル代わりにしていたという。さらに、こんなことまでバラされてしまうのである。

「西山さんは、古いカツラを使っているので、激しい動きをすると、カツラがズレてしまうとか。だから、ゴルフとかはやらない。笑っちゃいけないけど、セックスする際、上の肌着を脱ぐと、カツラが引っ掛かってズレてしまう。そのため、パンツは脱いでも上は着たまま、しちゃうそうです」(消息通)

<抜粋引用:2011/6/24 12:40 J-CAST ニュース>
ソース:http://www.j-cast.com/tv/2011/06/24099404.html

ノーコメントです。



もったいないので立ち読み(^^ゞ



まあ、高級官僚ですから、年収は1500万円ほど・・・・・・

そういえば、決まってこういう人のカミさんて名家の出ですね。

ずいぶん前だけど、厚生省事務次官、岡光治序っていう、「オネダリ次官」がいましたけど、

まあ、カミさん、名家でした。

大体が、下々が、東大法学部で官僚、ハーバードなんていうと、その筋が世話焼きです。

まあ、下々と名家とのお見合いで婚姻ですから、そら、下々の亭主、肩身狭いです。

まっ、西山英彦審議官、あの趣ですから、学生時代は、っていうか学業一筋・・・・・・・

まあ、福島第一原発事故さえ起こらなければ、楽しい人生だったかもしれません。

西山英彦審議官、
「カラオケをラブホ代わり」って




Posted by 昭和24歳  at 19:35 │Comments(2)

この記事へのコメント
高級役人って、基本は奢られゴッチャン体質です。いわばタカリ屋。あちらから愁波が送られてきたりもします。
Posted by 忠やん at 2011年06月24日 22:46
 女性は相手を嫌いになると,どうしようもないことを言い出すので,室内の本当の出来事は判断のしようがないですね。女と付き合う時の常識です。口撃は凄まじいモノがあります。「キーッ!嘘八百言いふらしてやる!」。
 それを引き算して女性と付き合うのが大人の社会人。
Posted by あのねあのね at 2011年06月25日 22:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2020年08月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
西山審議官「カラオケをラブホ代わり」って
    コメント(2)