2011年06月23日

西山審議官の愛人は、「柳原可奈子似」の美人職員

西山審議官の愛人は、
「柳原可奈子似」の美人職員


西山審議官の愛人は、「柳原可奈子似」の美人職員

「ミスター保安院」西山審議官に愛人

原発事故発生後、原子力安全・保安院のスポークスマンとして一躍有名人となった〝ミスター保安院〟西山英彦審議官(54)に愛人スキャンダルが噴出した。23日発売の「週刊新潮」が報じたもので、相手は20歳年下の経済産業省の女性職員だという。本紙は西山氏がデートに使っていた赤坂のバーをはじめ、2人の周辺を徹底取材。西山氏を直撃した。
<引用:東京スポーツ 2011年06月24日(金) 付>
ソース:http://www.tokyo-sports.co.jp/touspo.php?tid=501

まあ、東スポさん、流石です。

キャッチが、「柳原可奈子似」の“美人”職員・・・・・・

あっ、“美人”はなかったですね(^^ゞ

“美人”の形容は週刊新潮さんでした↓

【原発】保安院・ヅラ西山の愛人発覚!!お相手は経産省美人職員2人を知る経産省関係者が打ち明ける。

「実は、彼女は経産省に勤める職員です。

以前から西山さんお寵愛を受け手おり、1年前から特別な関係にあります。

平たくいえば愛人ですね」

「(愛人と2人で)大手カラオケチェーン店に行くことが多かったそうです。

決まって使っていたのは、8階のVIPルーム。

驚くべきことに、2人はカラオケ屋に行っているのに、1曲も歌ったことがないそうです。

で、何しに行っていたかといえば、なんとカラオケルームがラブホテルがわりだったというのです」

シティホテルではなくカラオケ店で済まされるのでは、彼女もずいぶん安くみられたものである

「西山さんは、古いカツラを使っているので激しい動きをするとカツラがズレてしまう。

だから、ゴルフなんかやらない。

セックスする際、上の肌着を脱ぐとカツラが引っ掛かってズレてしまう。

そのため、パンツは脱いでも上は着たまま、しちゃうそうです」


<抜粋引用: 週刊新潮 2011.6.30(本日発売号)26~29ページ>

まあ、涙ぐましいっていうか・・・・・・

さすが、ハーバードです。身だしなみは崩せません。

しかし、コレって、有名税でしょうか、もしかして個人情報でしょうか ???

っていうか、まあ、官僚、ソレも高級官僚ですから(^^ゞ

でもちょっと、騒ぎすぎかも(^^ゞ

西山審議官の愛人は、
「柳原可奈子似」の美人職員








Posted by 昭和24歳  at 19:47 │Comments(1)

この記事へのコメント
ふ~ん、バーコード出の官僚が柳原加奈子似とすか…昔のフランスの喜劇映画なんかには、お馴染みのパターン(Θ_Θ)

レトロなお話だす。
Posted by 忠やん at 2011年06月23日 21:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2020年08月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
西山審議官の愛人は、「柳原可奈子似」の美人職員
    コメント(1)