2010年11月02日

イジメという人間社会の病巣

イジメという人間社会の病巣

イジメという人間社会の病巣

「つらい!何度も死のうと思いました」テレフォンサービスに訴える子供たちの悲痛な叫び。「このままじゃ『生きジゴク』になっちゃうよ」と自殺した鹿川裕史君の事件のレポート。いじめに苦しむ子供たちへのインタビューなど、学校問題を追ってきた著者の取材記録を集め、陰湿化してきたいじめと学校制度の関係、その解決の道をさぐる。


イジメって、なにも子ども社会に限ったことじゃあない。

セクハラ、パワハラとかもそれだろう・・・・・・

大人社会での日常もそんなモンじゃあないのか。

現実問題であるからして会社などでも労働問題の中で、

「セクハラ」、「パワハラ」

それを、最近うるさく言う、規模の大きい集団ほど・・・・・・

一人ひとりが考えてみれば思いつくはずだ。

つまり、「あって、アタリマエ」の感覚が必要なのではないか。

くどいが、子ども社会は大人社会より当然理性には欠ける。

その意味では「弱肉強食」的な側面が子ども社会では大きい。

つまり、「腕力のある子ども」、「勉強の出来る子ども」というソレ。

そしてその対極にあるのが・・・・・・

「体力のない子ども」、「勉強の出来ないこと子ども」。

で、経験上、往々にしてうかがえるのは、「イジメル子ども」はそれではない。

つまり、「一番じゃあない子」、それが徒党を組んで弱者を標的にする。

で、それは僕みたいに「中途半端」な子どもは、それを遠巻きに見る(笑)。

つまり、「イジメル」勇気もなく、それを「止める」勇気もない。

それが、まあ、ひとつの子どもの「社会構造」で、実は大人の目からみたら一目瞭然・・・・・・

まっ、「経験者」っていうか、子ども時代の。

だから、僕らが子ども時代、町内、横丁に団塊世代20人からいたら当然イジメがある、あった。

僕は学校ではそのどちらでもなかったけど、町内、横丁ではときにしてその対象となった。

なぜなら、「一人っ子」っていうか、「もらいっ子」だったからだ。

今でもよく覚えているのは「カクレンボ」、兄弟のいない僕はいちも最後まで鬼にされてしまう・・・・・・

そして、暗くなってみんな兄弟で家に帰るけど、僕だけは一人ぼっち。

ケンカをしても、最後には兄ちゃんのいるヤツには結局、負けてしまう。

メンコをしても、ベーゴマをしても、いつも兄弟連合には悲しい思いをさせられてしまう。

で、そんなときいつも仲裁に入って僕をかばってくれたのが近所のおじさん・・・・・・

まあ、今はそんな光景は地域には全く見られませんけど。

で、いつも家で一人遊びが多かった。音楽に没頭したのもそのせいかもしれない。

いや、それだ。

だから、学校へいくことは楽しみだった。別に勉強ができたわけでもなく、運動に優れていたわけでもないんだけど。

つまり、学校では「兄弟」とかは全く関係なかったから・・・・・・

で、「イジメられっ子」にはアル共通点がある。それは、淋しがりやで、執拗に「仲良し」になりたがる傾向。

そして、「人懐っこい」っていうか、誰彼となく近寄る、心を許す。

まあ、そんなところから、「ウザイ」とかの話になる。

で、僕の場合だが、学校ではそんなことはなかったけど、近所、横丁では「一人っ子」で、

きっと、「ウザかった」に違いない。

親は、そんな僕を見て「イジメ」られてることは知っていたから、「遊ぶな」と叱ったが・・・・・・

「イジメられても、イジメられても」友だちを求めた。

まあ、前にも書いたけど、学校での「イジメられっ子」のY君は、そんな僕とは全く逆で、

家に帰ると7人兄弟姉妹、

「学校んときだけ我慢してりゃあいいんだから」

僕が、Y君ちに行ったときそれはそれは賑やかで羨ましかった。

多分、Y君、学校でイジメられていたのはいることは家族には一言もいってなかったようだ。

「いじめの光景」

それは、おおよそ空気でわかります。

まあ、経験してなければわからないかもしれませんけど・・・・・・・

で、自殺しちゃった上村明子さんなんだけど、やっぱり、寂しがり屋だったんだね。

で、無理に、無理して「友だち作り」を急いじゃって、何かひとりで没頭できるものがあれば良かったかも。

「大人社会」も「子ども社会」もそんなに優しくはない。

強い子はいいけど、弱い子は、もうひとつの道を探ることが良いかもしれません。

明子さん、友だちなんて「幻想」、いらなかったんだよ、ホントは。

もしかしたら、ホントに辛いこと、悲しいこと、他にあったのかもしれないね。

自殺なんて・・・・・・

もし、第二、第三の「明子さん」がいるとしたら、友だちなんていらない。

学校なんか行かなくていい。自分の好きなこと、没頭できることを何か探して。

そんな辛い、悲しいことは、ホンの瞬間だから、人生の・・・・・・

イジメという人間社会の病巣



Posted by 昭和24歳  at 19:53 │Comments(2)

この記事へのコメント
そりゃあ本格的な議論ではやはりNOになります。
それをいうと一般人が唱えるセクハラ、パワハラ、イジメと法律上の運用における認識のズレの問題です。
で昨今国民感情と解離しないように、というロジから様々な分野で見直しが進んでいます。
近年の9条をめぐる解釈の争いがその代表的な事例です。
村山首相の初心表明にて解決済みです。
本当のところ、以前にそれが悪いことなのかよいことなのかという話は聞いたことがありません。
仮におかしいとしても、実際上の必要を曲げてまで、永久平和主義を固持できるということは上記や実態を踏まえてもほぼ可能性としてないし、核兵器を持てなどは(本当のところ)変な時代になったと思いますし、遺憾です。
以前もしつこく申し上げたがそう思うんだね、やっぱり意外と普通(汗)
Posted by 寅● at 2010年11月02日 22:21
うん、一般のご敬老がわかるのだから財政や年金の危機はあっても向こう50年いかなる政党、政権でも日本大丈夫。
Posted by 寅● at 2010年11月02日 22:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2020年08月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
イジメという人間社会の病巣
    コメント(2)