2010年08月06日

ネグレクトされていた下村早苗

ネグレクトされていた下村早苗



両親は幼くして離婚、父親一人の手で・・・・・
しかしその父親は娘たちをネグレクト。
強豪ラグビー部監督27年間指導。15回花園へ。





実家も自宅も「ごみ屋敷」 大阪2児放置死“負の連鎖”育児放棄
産経新聞 08月02日08時51分

 育った家も子供2人を置き去りにしたマンションも「ごみ屋敷」だった-。大阪市西区で幼い姉弟が母親に放置され死亡した事件。原因は育児放棄(ネグレクト)とみられるが、下村早苗容疑者(23)を男手一つで育てた父親(49)は「仕事ばかりで子供をほったらかしにした面があった」と悔やんだ。多くの専門家は「ネグレクトをする親は、自らもその親からネグレクトされていた可能性が高い」と指摘し、「負の連鎖」を断ち切る支援が必要としている。

 「家の裏にごみの山ができていた。何度注意しても聞いてもらえなかった」

 下村容疑者が育った三重県四日市市の住宅街。近所の住民の男性は「事件のニュースで、(下村容疑者のマンションの)ベランダを埋めたごみの山を見て、昔の記憶がよみがえった」と話す。

 下村容疑者は3姉妹の長女。10代で髪を染め、生活が荒れていたという。父親は離婚後も家事をする様子はなく、子供の面倒をあまりみていなかったという。この男性は「ベランダにも食べた菓子の袋などがたまっていた。父親はお金を渡すだけで、あとはほったらかしみたいだった」と振り返った。



父親も離婚していた・・・・・・

三姉妹の長女。

十代で、生活は荒れていた。

父親はおカネを渡すだけ。放置。


下村容疑者の父「1年以上、娘にも孫にも会ってない」…大阪2児死体遺棄
8月1日8時9分配信 スポーツ報知

 大阪市西区のマンションから長女・桜子ちゃん(3)、長男・楓ちゃん(1)の遺体が見つかり、母親の風俗店従業員・下村早苗容疑者(23)が死体遺棄容疑で大阪府警に逮捕された事件で、下村容疑者の父親(49)=三重県四日市市=が四日市市にある高校ラグビー強豪校の有名監督だったことが31日、分かった。父親は「娘が離婚してから1年以上、娘にも孫にも会っていなかった」と話している。
<以下本文>


その、四日市のラグビー強豪チーム監督の父親・・・・・・・

よほどラグビーで忙しいのか、1年半、離婚して子どもが二人いる娘には会っていなかった。

どうも、この父親、ただの無関心ではないようだ。

ネグレクト・・・・・・

それはそうと、じゃあ、離婚したその下村早苗の母親はどうしているのか ???


<2児放置死>非行乗り越えたはずが 下村容疑者の恩師絶句
8月1日2時30分配信 毎日新聞

 荒れた思春期を乗り越え、幸せをつかんだはずだったのに--。大阪市西区のマンションで幼児2人の遺体が見つかった事件。母親の下村早苗容疑者(23)は中学時代、非行に走ったが、不登校などの子も多く集まる東京の高等専修学校で更生、ラグビー部のマネジャーとして活躍していた。卒業後は就職、結婚と順調に歩んでいたようにみえた。関係者は、事件との落差にショックを隠せない。
<以下本文>


中学時代非行に走って、東京の高等専修学校で更生・・・・・・

で、ラグビー部のマネジャーとして活躍していた。

結局、四日市の父親のところに帰ることはなかったのか。

この父親、下村早苗が何歳のころ離婚して、ただ「おカネを渡す」だけの生活を・・・・・・

その幼い三姉妹に課していたのか、ラグビー強豪チームの有名監督。

下村早苗の父、下村大介さん。

こんなことがあっていいのだろうか・・・・・・

その意味では下村早苗も被害者ではないか。

それにしても、下村早苗の実母、そして元夫と、その夫の両親。

つまり祖父母もいただろうに。

家族がいっぱいいただろうに。

ここまで家族崩壊していたとは、なんの意味も分からず・・・・・・・

「ママーッ、ママ―ッ」

そう泣き叫びながら空腹のまま絶命。

2人は死亡前の数日間は何も食べておらず、遺体発見時、エアコンは停止していた。空腹から食べ物や水を探したり、冷気を求めたりして、冷蔵庫の扉を触ったとみられる。
2010.8.4 08:29 産経ニュース


ママに抱かれたかっただろうに・・・・・

桜子ちゃん(3)、長男・楓ちゃん(1)が不憫でたまらない。

結局、母親からだけでなく、祖父母からもネグレクト・・・・・・

ネグレクトされていた下村早苗




Posted by 昭和24歳  at 08:56 │Comments(2)

この記事へのコメント
やせこけた幼い2人は、ワンルームマンションの一室で寄り添うように倒れていた。
大阪市西区で30日未明、幼児2人が遺体で見つかった事件。ごみが散乱する室
内に全裸で横たわり、一部白骨化するなど長期間放置されていた。


餓死した2人の幼児   ~大阪市の刑事に聞く

知り合いの刑事が近くの管轄だったので、本事件を担当する刑事に尋ねてもらった。
記事にもしたくないくらい凄惨な現場だった…。

2人の幼児は部屋(ワンルーム)いっぱいに積まれたゴミで身動きが取れなかったそうだ。
ゴミための残飯(母親が残したカップ麺など)を綺麗になめていて、
それで3歳の長女は食中毒を起こし先に死んだらしい。
死亡推定時刻は10時間以上、1歳の男の子より早かった…。

死ぬ一ヶ月前の二人
http://www.tanteifile.com/diary/2010/08/04_02/image/01.jpg

120リットルほどの冷蔵庫は何も残って無かった。長女は辛子やマヨネーズ、
そうめんのダシ、果ては製氷の結晶もなめていたそうだ。1歳の弟にも分け与えていた。
彼女が4歳だったら死なずに済んだのだろうか。      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

二人は排泄物にまみれていた。
最低でも4日分の糞や尿が体に付着していた。1歳の子は糞を食った形跡があった。
Posted by 真実は変わらない at 2010年08月17日 10:34
ラグビーに忙しかった?生徒をいやらしい目で追い、10代の女の子といちゃつくのに忙しかったのでしょう。早苗の父は名誉欲、色情欲の塊では?去年結婚した嫁は、去年の春に卒業したばかりの18歳。49歳の下村大介の教え子で四日市農芸高校ラグビー部マネージャーだった子。未熟な10代の子に妊娠させ、同じことを繰り返すのでしょうか・・?
しかも、自分がラグビー経験が学生時代になかったことによる過剰な指導方法によって練習中に生徒が下半身不随になる事故もおきている。なぜ、こんな生徒に次から次へと手を出す人間を現在も教員として給与を払い続けているのか、税金も異常な世界に垂れ流しされているように思う・・。Posted
Posted by 四日市農芸 at 2010年08月24日 12:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2019年02月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
ネグレクトされていた下村早苗
    コメント(2)