2020年05月20日

【高崎都市再開発】2011年07月10日より愛をこめて

【高崎都市再開発】2011年07月10日より愛をこめて


JR高崎駅東に大型施設整備、群馬県高崎市が検討
群馬県高崎市は、JR高崎駅東側の約2万5000平方メートルの土地を一体開発し、大型集客施設を建設する方向で検討に入った。老朽化した市の体育館を中心に、ビックカメラの店舗や市営駐車場を含めて整備する。高速道路に加えて、新幹線2路線と在来線5路線が走る北関東の交通の要衝として、都市機能を高めて活性化を目指す。

市の中央体育館は駅東口から300メートルの距離にある。富岡賢治市長が4月の市長選で公約した集客施設の建設候補地として検討を進めてきた。

広い用地を確保するため、体育館の北側に位置するビックカメラ高崎東口店、タクシー会社の日本中央交通(同市)の営業所、社会保険事務所、体育館東側の市有地の駐車場を含めて整備することにした。

日本中央交通は「市から正式に話があれば、営業所の移転も含めてできる限り協力したい」としている。施設はコンサートや大型会議を開くホールに加えてオフィスや商業施設を入れる方針で、市はビックカメラに対して新施設への出店を打診しているもようだ。建設費は数百億円規模になるため、民間資金も活用する。

高崎駅東側はヤマダ電機が2008年に本社兼大型店を構えたほか、2012年には11階建てのビジネスホテルが完成するなど開発が急速に進んでいる。14年度には北陸新幹線が金沢市まで延伸することも見すえて整備を加速させる。

ただ、体育館と駐車場の間には土地売却に反対する地権者もおり、用地交渉は難航も予想される。

<引用:2011/8/18 日本経済新聞>
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFB1706G_X10C11A8L60000/

なぜ今、栄町再開発なのか ?

>構想によると、同体育館を解体し、集客施設や音楽ホール、オフィス、商業テナントなどの複合ビルを建設する。

これで西口商業ゾーンは完全に死滅する・・・

まあ、中銀なんかは、閑散としまくっているではないか(^^ゞ

そういうことか、「利害」が伴うってぇわけかぁ、なるほどね。

>高崎市中央体育館一帯 集客施設 候補地に

まあ、あの辺は居住ゾーンであるわけです。

つまり、民活とかで「ハコモノ」行政とか(^^ゞ

そら、あの辺にそんなもんができたら五月蝿くってかなわんでしょうけど、どうなんだろ?

だったら、いっそのことJRとか太陽誘電にもどいてもらってなんだろうけどね。

それにしても、集客施設候補地なら、現状、現実崩壊しつつある旧市街地、 西口の「田町」から「あら町」の南北直線とその東西こそなんとかすべきところと思うんだが…

富岡賢治市長が4月の市長選で公約したってぇのはわかるんだが、一体何を考えてるんだかね。

その意味では、完全に右肩上がりの終焉した市経済です。まあ、県知事選でも話題に上っていた高崎競馬場跡地整備も、倉賀野操作場、貨物ヤード跡地整備も、バブルの置土産、放置。

寄って集って食い物にする、「都市再開発」、そんな時代じゃあないいだろうに。
  


Posted by 昭和24歳  at 21:53Comments(0)

< 2020年05>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ