2020年03月16日

子ども食堂中止でひとり親家庭の財布を圧迫

子ども食堂中止でひとり親家庭の財布を圧迫


ひとり親家庭を休校が圧迫 「食費切り詰めるしか…」
  新型コロナウイルスの感染拡大による小中高校などの臨時休校が、経済的に苦しいひとり親家庭の財布を圧迫している。子どもが自宅にいる時間が増え、食費や光熱費などが膨らんでいるためだ。負担が増えた家庭に手をさしのべる動きも広がっている。

 中学1年の息子と暮らす三重県桑名市の看護師の女性(42)は3月のある日、仕事から帰るとご飯3合がなくなっていた。さらに納豆4パック、豆腐1丁半、卵四つも。息子は食べ盛りだが、普段なら2~3日で食べる量だ。

 女性の心配は、臨時休校で外出も自粛させられている息子のストレスが食べることに向かっていることだ。女性の手取りは月22万円ほどで、毎月ぎりぎりの暮らし。だが、3月の食費はこれまでの2倍になりそうで、暖房費などもかさむ。「来月は食費を切り詰めるしかないかも」

2020年3月15日 11時00分 朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASN3G6305N3COIPE00J.html

>「来月は食費を切り詰めるしかないかも」

切実な問題だよね。行政は他人事なんだろうねこうした市民の苦悩には…
ま、困ったことがない人にはわからない話だけど、民間にはざらにある話ですから。


僕の孫もこの春中3、サッカーの部活も休みで母親(娘)も仕事で昼ごはんは一人で食べてるんだとか。
ま、小学生なら「学童」とかあるみたいだけど中学生、高校生どうするんだろ昼ご飯とか夕ご飯とか…

地域の公民館とか開放してその地域のおじいちゃんおばあちゃんにお世話お願いして食事を提供するとかできないのかなぁ。

もちろん、高校生も休校なんだからお兄さんお姉さんでもいいわけだし、ところで今って「JRC(Junior Red Cross)」ってあるのかなぁ?
で今は緊急事態なんだし硬いこと四の五の言ってないで子どもたちを信頼して、もちろん大人のボランティア、学童みたいに有償でもいいだろし。

それに高崎市、中学生、高校生くらいなら市役所の地下食堂とか21階のレストランとかなんとかマルシェなんて言ってないで、広い展望スペース利用して「子どもレストラン」でいいんじゃないの、と思うけど。
当然、市役所、市の施設は市民の財産なんだし子どもたち何一つ遠慮する必要はないわけだし。
財団に十数億円使えるんなら、まして高崎芸術劇場だって加山雄三の公演中止、ほか諸々も中止、延期なんでしょ。
でレストランだって使われないわけだし、高崎アリーナだってあるし、そこでも「子どもレストラン」市議会で話まとまらないの?

ま、たか弁にしたって登利平にしたって各種イベント中止で大変なんじゃないの仕入れた食材なんか、そういうところで弁当作って市がある程度負担して「子ども食堂」とか独居高齢者とかのお宅に宅配したら。

とにかく、公民館、長寿センターそうした公の施設は高崎市は整ってるはず、公共の施設は公共の福祉に資するものじゃなかったっけ。

まぁね、こういう緊急なとき前例主義の公務員にはアイディアが出ない、出ても「前例」がないから行動できない。
そのために、市議会議員という、行政にべったりでないはずの特別公務員がいるわけだ。特別公務員は24時間勤務なんだ。議会で訳のわかんないこと言ってるだけが職務じゃあない、遊んでる時も公であることを意識していなければならない。
市民の代表として「市民生活」がどうあるべきか、どうなってるのか常に目配り気配り崇高な有償ボランティアなんだから高崎市の子どもたちの生活は、高齢者の生活は、まずは、ちゃんとごはんが食べられているのかを、考えてなければならない。

今回のこの「コロナ問題」は、奢った人類が試されてるのかもしれない。不幸にして罹患、発症、そして亡くなる方もおられるだろうが、生き残った人類は、が、どうあるべきかを…

子ども食堂中止でひとり親家庭の財布を圧迫
  


Posted by 昭和24歳  at 08:29Comments(0)

< 2020年03>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 23人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ