2020年01月03日

カジノ汚職、5議員受け取り認める

カジノ汚職、5議員受け取り認める


秋元議員以外の5議員を任意聴取、“現金”複数が認める
IR=統合型リゾート事業をめぐる汚職事件で、東京地検特捜部が秋元司衆院議員とは別の、中国企業側から現金を受け取ったとされる国会議員5人に任意で事情聴取していたことが関係者への取材で分かりました。

 この事件をめぐっては、衆院議員の秋元司容疑者(48)が、日本でのIR参入を計画していた中国企業側から賄賂を受け取った疑いで逮捕されたほか、贈賄側として中国企業側の顧問ら3人が逮捕されています。

 贈賄側の容疑者の1人が、「秋元容疑者以外の国会議員側5人にも100万円前後の現金を配った」と供述していることが分かっていますが、その後の関係者への取材で、特捜部が去年の末、この国会議員5人に対して任意で事情聴取したことが新たに分かりました。その際、複数の議員が受け取ったことを認めたということです。

 特捜部は、中国企業側がIR参入に向けて幅広く政界工作を図っていたとみて、資金の流れを詳しく調べているものとみられます。(03日10:50)

<引用:1/3(金) 12:51配信 TBS NEWS>
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20200103-00000011-jnn-soci  

関係者によると、メモに記載されていたのは、秋元容疑者のほか、▽YN氏(58)(自民、北海道4区)▽TI氏(62)(同、大分3区)▽TH氏(59)(同、比例北海道)▽MS氏(58)(維新、比例九州)▽MM氏(54)(自民、同)の5人。

まだ逮捕されたとの報道はないので名前はイニシャルです。

それにしても自民党、認めたというのが事実なら年末、正月で一気に5人の議員が離党、辞職ですか...

まだ出そうですね。大物っていうか、ただ年取っただけっていう出戻りのTN氏とか。

しかし、あのトランプ大統領とフレンドリーな大物なんだか見せかけだけなんだかのSA氏はどうなんでしょ。ベガスの「カジノ王」と面接とかだけど。

まあ、カジノです。博打中毒な人の不幸で成り立つ産業に一生懸命な政治家ってぇのも如何なものかですね。

で、そもそもコレです↓

政治分野アドバイザー

共産党を除く与野党の面々ですから、どうしたもんでしょう...

カジノ汚職、5議員受け取り認める

  


Posted by 昭和24歳  at 17:33Comments(0)

2020年01月03日

Gメッセで「2022楽器フェア」招致を。

Gメッセで「2022楽器フェア」招致を。


世界最大規模の楽器ショーとしてはアメリカで毎年開催されているNAMM Showが最も有名である。 通常、NAMM Showを始めとする楽器ショーでは演奏者やレコーディングエンジニア、楽器小売店、商社向けの販売会、展示会であるため一般入場はすることが出来ない。 ただ、Guitar CenterやMusicians Friendなど大手楽器店では、一定の条件を満たした一般の顧客に自社の招待枠で入場券を発行している。 また日本では、海外の楽器ショーと比べると商業規模自体が小さいため楽器フェアやTOKYO GUITAR SHOWなどの展示会ではセミナーやライブイベントを開くなど一般向けに構成されている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%BD%E5%99%A8%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC

小生、ギターメーカーとして1987年、会場は科学技術館、ホテルグランドパレスの楽器フェアに代理店「モリダイラ楽器のブースで出展しました。
その後はESPのグループ会社として1995年の池袋サンシャインの楽器フェアまで出展。そしてアナハイムのウィンターNAMM、、シカゴのサマーNAMMと出展。
そんなわけでうちのような零細なメーカーにはブース代、当時で一コマ25万円は大変でした。二コマ使いましたから50万円です。仕込みと撤収で4日間。ま、全国からお得意さん来てくれて接待も大変、ま、ライブハウスとかだったけど、六本木のピットインとか渋谷のテイクオフとか...

そうなんです、そんなわけでいま楽器業界、特に製造業の懐具合厳しいのではないかと。

そこで、「Gメッセ」その「楽器フェア」に電気代とか人件費の経費は別にしてショバ代無償で貸したらどうだろうか。もしくは高崎市、群馬県と「日本楽器フェア協会」で共催にするとか、ま、そこは「音楽のある街」なんだし。

ま、東京のビッグサイト(1万7600㎡)よりは狭いけどGメッセ1万㎡)、もしくは「高崎アリーナ」も使っちゃうとかシャトルっバスで連絡して。高チャリもいいかも。

で、「楽器フェア」開催中は高崎芸術劇場でコンサートや、ライブを。街中でもストリートライブやカフェライブをやっちゃう。

ま、問題は宿泊施設だよね。日本全国から、もちろん海外メーカーも売り込みでくるわけだから、日本人ならビジネスでいいけど外国からだと滞在型、ご案内のように少なくとも「楽器フェアの場合はメーカー。卸業者は4泊5日ですから「お・も・て・な・し」が大変です。
ま、アクセスから言ったら前橋、伊勢崎、太田、もちろん藤岡、富岡、磯部温泉は圏内だろうけど、伊香保まで行っちゃうと一般客はいいだろうけど業者には厳しいかも。

ウィンターNAMMではLAまで30キロくらい、フリーウェイだしLAに宿取る業者もいたけど、小生はもっぱらディズニーランド周辺のモーテルだったね、当時で一泊50ドルくらい。

そんなわけで、ショバ代は県と高崎市で折半してもいいし、群馬県、高崎市の企業の宣伝にもなるんだしオリンピック方式でスポンサーを募集するとか。

因みに、「モーリス」のモリダイラ楽器会長の森平利男氏はたしか、高崎市吉井町出身です。

ま新潟の「朱鷺メッセ」みたいに遊ばしておいてもしょうがないんだし...

Gメッセで「2022楽器フェア」招致を。
  


Posted by 昭和24歳  at 14:05Comments(0)

2020年01月03日

ゴーンが、GONE

ゴーンが、GONE


ゴーン被告 レバノン逃亡後の写真 “出国はひとりで準備”と声明

逃亡後のゴーン被告の姿を捉えた写真をFNNが入手した。

赤ワインを手元に置いたゴーン被告。

隣には、リラックスした表情の妻のキャロルさんが映っている。
FNNが入手した写真は、日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告が、保釈中に日本から逃亡し、レバノンに到着した翌日の大みそかに、友人宅で撮影したとされるもの。

一方、レバノンの司法当局は2日、ゴーン被告の身柄の拘束を求めるICPO(国際刑事警察機構)の手配書を受領(じゅりょう)した。

こうした中、妻のキャロルさんは2日、レバノンの自宅に姿をみせた。

自宅には、医師を名乗る人物が「病気の子どもを診た」と出入りしたり、日産側の弁護士だという人物が訪問を試みようとするなど、慌ただしさに包まれた。

キャロルさんは、「出国作戦の重要な役割を果たした」とされているが、ゴーン被告は2日、「出国はひとりで準備したもので、妻や家族は関わっていない」と否定する声明を発表した。

<引用:1/3(金) 6:06配信 FNN>
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20200103-00429764-fnn-int

>「出国はひとりで準備したもので、妻や家族は関わっていない」

ま、生きてるといろんなことがあるが、それにしてもすごいね...

保釈保証金15億円は、近く没収されることになる。  


Posted by 昭和24歳  at 11:26Comments(0)

< 2020年01>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 44人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ