2020年01月02日

「Gメッセ」の明るい未来は?

「Gメッセ」の明るい未来は?

2020年春の施設完成の暁には・・・


愛称は「Gメッセ群馬」
群馬県が高崎競馬場跡地で建設計画を進めているコンベンション施設の起工式が11日に現地で行われた。

大澤正明知事は起工式で「本県の玄関口であるJR高崎駅の近くに奇跡的に残された大規模空間を50年先、100年先の群馬のために生かしたいという強い思いから、人もの情報の集積拠点として、群馬コンベンションセンターの整備を決断した。2020年春の施設完成の暁には交流人口の増加による新たな経済需要の喚起、企業のビジネスチャンスの拡大、新産業の創出、若者や女性が活躍できる魅力ある雇用の創出につなげ、本県の発展を実現したい」とあいさつした。

<抜粋引用:高崎新聞(2018年01月14日)>
http://www.takasakiweb.jp/news_cat/6755/

さ~て困ったぞ~

あと2年しかないけど、どうすんだろ宿泊施設。

ま、どうせ決まってるんだろうけど、それにしたって「今は言えない」って大澤知事。

「今でしょ!!」大澤知事(笑)。


で、いよいよ2020年春竣工、オープンです。ホテルがない、宿泊施設がない...

で、年間100万人からの来場者を予定してるらしいから、月計算だと8万人強が数日間滞在するわけです。
それに既に着工している芸術センターと、開業している高崎アリーナ、そしたら年間100万、いや、200万人が、っていうかそれくらいの来場者がないとペイできないと思うんだが。

そしたら少なくとも月間10万人くらいの来場者、宿泊者が、計算通りなら皮算用できるわけです。

ま、現状でも高崎のビジネスホテルはめいっぱいらしいし、いわゆる観光ホテルはビューしかないわけだし、ビューだってそんな規模はないし、しかしカネ使って皮算用外れたらそれはそれで泣きっ面にハチだし(笑)。
ま、県がケツ持ってくれるんなら話は別だろうけど、ま、難しいところですね。

ここはいよいよドンレミーの出番でしょうか、微妙だけどね。

まあ、「Gメッセ群馬」の東側はだいぶ土地空いてるし、玉村スマートインターチェンジ辺りまでならOKかも。
しかし時々通るけどホテル建設の様子は見えないし、どうなんだろ?
大澤知事としては前橋、地元の桐生使って欲しいんだけど、いどる距離がありすぎ(^_^;)

で、アレです。メッセ、日本全国はおろか、ま、メッセですから基本、世界中からの来客を予想してるんだろうけど。
新幹線、高速でおよそ1時間の距離だし。で、東京と違って宿泊滞在にも割安感が欲しいところだろうけど・・・・・
問題はクォリティっていうか、アメニティっていうかレベル的にハイソな紳士淑女も高崎に来るわけですね。
そこで、食事にしても「ダサッ」じゃあリピートないですね。
そこで和風でシャレオツな料亭って言ったら今や「暢神荘」くらいでしょうか、独立系は、メトロ、ビューはともかく。
ま、高崎名物パスタのシャンゴだけど、イタリアのうどん屋ですし、ステーキだってハイソな舌をうならせるモノ出せるかなぁ?

そんなわけで、最も重要なのが「紳士のディズニーランド」です(笑)。
綺麗になりましたねぇ、高崎レトロア・ヴェニュー、ちっともレトロじゃあないところが笑えるけど...
当然、昭和の北関東最大の歓楽街柳川町は伝統が違いますからそら極上のおネエさんのおもてなしが期待できるかも。
ま、新潟の朱鷺メッセだって、吉原なみとまではいかないけど紳士のニーズにお答えしているようですから、古町とか。
まあ、それもこれも行政のお勤めですから、硬い事を言っていてはメッセ、成功しません。

あとは「世界おもちゃ見本市」とか、「アニメ」とか「コスプレ」とかあったらそれに見合うアフターフォローも考えないとね。
アキバのメイド喫茶とか、子どもたちファミリー層には群馬サファリもいいけど観音山丘陵にハウステンボス創るとか。
とにかく、アリーナといい、芸術劇場といい、メッセといい、集客命なんだからチマチマとお茶濁しちゃあいけませんね。

ま、いずれにしても順調に行けば高崎市にとっては経済効果はバッチリだし、雇用も増大します。

そんなわけで、行政の手腕の見せどころです。
しかしね、一太知事、「いつも気分は直滑降」はいいんだけど、時には斜滑降とか、モーグルとかしなくちゃダメです...
ところで高崎市長もです、ここまで風呂敷広げたからには綺麗にたたんでからだから三期目なんだけど、ゲージツ劇場で官製談合、どうしましょ?

さて、どうなるか、待ったなしです。

ま、朱鷺メッセみたいに年間2億円の赤字覚悟なら別にいいんだけど。

「Gメッセ」の明るい未来は?  


Posted by 昭和24歳  at 11:39Comments(0)

2020年01月02日

れいわ「若者たちの明日論」

れいわ「若者たちの明日論」

地元が好きで、よさこいを踊り、スピリチュアルを信じる「ジェネレーションZ」世代。バブルのさなかに生まれ、小学校入学時にはバブルが崩壊、その後の「失われた10年」とともに青春期を過ごした彼らの生態は、これまでの「戦後」の常識では捉えることができない。人気職業ベストテンにキャバクラ嬢がランクインしたことでマスコミを騒がせた話題の書『日本溶解論』を全面改訂。大幅に加筆し、ついに文庫化。

平成元年生まれだ30代。まあ、世の中すっかり変わっちゃいました。

それにしても、インパクトありました東日本大震災。天変地異と福一原発事故。

で、ニワトリ国家「日本」は、とくに政治、シラ~っとしています、モリカケさくらどこ吹く風の政権ですからこの期に(嗤)。

まあ、そういうこの国の病理は明治維新とかいう政治テロだろうね、未だ長州ですから。

欧米海賊時代。海賊だって成り上がれば貴族ですから(嗤)。

つまり、明治維新のテロリストが総理大臣ですから、勝てば官軍でした。

で、今から思う、あのころの日本なんだけど...

そら、あの時代に人口3000万人からいたら「大国家」でした江戸幕府。

で首都、江戸にはその時200万人、ニューヨーク、ロンパリが60万人前後でしたし。

まあ、日本人の行動力っていうか「生きる」は相当のものでしたね。

で、たったの「明治百年」で1億人ですから、日本、繁殖力、すごいです。

まあ、「家族」でしょうか、思想信条、宗教の違いは「西洋」みたいに下卑てませんから(笑)。

で、殖産興国で、まあ秀吉からの夢だった大陸侵略、まあ、負けちゃいましたけど。

けど、「負けるが勝」って、うまいこと言います、昔の人って。

そら、あの戦争で「一億層玉砕」叫んだバカ、政治家がいたんだけど、西洋からしたら、このままこの日本を放置したら「大変」と気付いた、戦後のベビーブームに。

まあ、そら経済とかなんだとか、ギリシャだとか、国家破綻とか、そんなレベルの話じゃあない。

それなのに、美徳っていうか、子づくりしかなかったんだろうけど娯楽。

で、いつからだろう、「人口減少」つまり少子高齢化。つまり、日本民族の「繁殖力の低下」。

まあ、中国がアレ、13億人ですから、っていうか、中国の13億って無理やり、つまり、言語も文化も違う寄せ集め。

で、日本があの時のマンマ、まあ、明治維新からたったの100年で3倍強にならないにしても、

まあ、日本、人口が2億人とか3億人とかになっちゃうことを想像したら欧米、戦々恐々...

まっ、つまるところ、TPPにしろ人口減少問題だし、社会保障問題も。

で、今日、高等教育を受けた階層は人口増です。つまり富裕層は「多産」。

で、貧困層は「少子化」っていうか、非婚化です。

まあ、昔は「貧乏人の子だくさん」とかだったけど、今は、戦後教育の賜で、貧乏人「結婚」できません(笑)。

ぼくのまわりでも、それなりの学歴と家庭環境だったはずなのに、30代、40代ワープアで独身、溢れてます。

まあ、政治は社会保障とかほざいてるけど、政治がそういう「社会システム」作っちゃいました。

つまり、企業は非正規雇用の拡大で昇給なし、社会保障負担なし、まあ、アウトソーシングです。

人口減少で、自然的内需拡大は無理、まあ、戦後の「高度経済成長」も背景はベビーブーマーでした、けどそこまで。

政治もそう、明治維新閥、貧乏侍が天下を盗って、まあ、「天皇制」とかの国体護持が続いてるわけだけど、

まあ、それも麻生さんちでも大久保さんから数えて4代目。

そら、もう泥棒するしか生き残れません。消費税という奴隷制度で。

まあ、日本人は大方消滅します、欧米がそうですから、つまり移民、社会保障も何もいらない資本主義社会の完成。

まあ、年収200万円前後が1000万人超、コレが永遠に続きますから(汗)。

ホントなら「貧乏人の子だくさん」で確率上、優秀な子供も生まれるんだけど、まあ、テレビがアレで、街中パチンコで、政治がカジノ騒ぎですから、国民、頭、スカスカ。

若者、性欲起きないし、起きたら「異常性欲」ですから、貧しくとも家族で卓袱台を囲む発想は消えてます。

まあ、↑の本、コレ↓

「ニッポン若者論」

で、知り合いの息子さんだけど38歳、群大卒、ニートで、某元公社に非常勤8年目。

なんとその元公社、そういう高学歴ニートの非常勤職員が全部で140人くらい、いるとか。

まあ、手取りで月収15万円前後、90%が非婚者。

まあ、日本っていう社会が今のこう言う状態から改善するとも思えないからより、「アメリカ型」っていうか、「資本主義社会」に堕ちる。

まあ、経団連が言ってるように、「昇給制度廃止」で、一律「能力給」にとか。

まっ、そういやぁアメリカって、売り込みスゴイから、眉唾も多いけど、まあ、契約社会ですから。

仕事デキてナンボの世界ですから、年功序列なんてない、まあ、チップ制度が典型です。

つまり、働く方は少しでも週給のいいところへ転職しちゃいますから、経営者もそれなりのまあ、日本のコンビニでも、たぶん永遠に時給1000円前後とか(汗)。

まあ、それでも、あの戦後から比べたら、天と地ほどのさですから、それを思えばっていうか、

世の中、世界を知らなけりゃそれはそれで生きちゃうのかもしれません。井の中の蛙です。

>人気職業ベストテンにキャバクラ嬢がランクイン

まあ、職業に貴賤はないわけですから。

でも、どうなっちゃうんだろ、コレからの日本て...

まあ、もうすぐ消えちゃいますけど、団塊世代(嘲)。

れいわ「若者たちの明日論」

  


Posted by 昭和24歳  at 07:40Comments(0)

< 2020年01>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ