2019年09月30日

関電「便宜供与ない」話が逆(笑)

関電「便宜供与ない」話が逆(笑))

福井県高浜町の元助役を通じた関西電力側への金品提供の流れ

関電「便宜供与ない」 では3億超える金品なんのため?
 関西電力の歴代トップらが、原発が立地する福井県高浜町の元助役(故人)から計3億2千万円分もの金品を受け取っていた。元助役は原発関連の仕事を調整する「仕切り役」とされる。関電は27日に記者会見を開いたが、原発をめぐる不透明な金の流れの解明にはほど遠い。

関電20人に金品3.2億円 岩根社長「一時的に保管」
「地元で神様」「原発誘致の功労者」 金品渡した元助役

 「不適切だが、違法ではない」。関電の岩根茂樹社長は記者会見で、20人が2018年までの7年間に金品を受け取ったと認める一方、金品の趣旨などは明らかにしなかった。

<抜粋引用:2019年9月28日06時00分 朝日新聞>
https://www.asahi.com/articles/ASM9W5DV8M9WPTIL011.html?ref=yahoo

>金品を受け取ったと認める一方、金品の趣旨などは明らかにしなかった。

ま、「話が逆」。変な話です。協力お願いされる側の高浜町が金品を贈るってある?
ほんとなら関電が高浜町の有力者に「金品を贈る」っていうのが普通だろ(笑)。
関電、こいつらもらってない3億2千万円。だって貰う理由がない、贈賄する側だろ本来なら。
福井の有力国会議員ってだれだっけ、あっ、あの人ね。
そらね、高浜町助役、いくら有力者だろうが役人だ、政治家の取り分をなんで関電に・・・
その話が事実なら金に敏い政治家が黙ってる訳無いだろ。

つまり、関電を通して高浜町助役が業者から集金した3億2千万円を迂回裏献金。
それなら話はわかりやすい。よくある話だ、上野宏史に聞いてみよう(笑)。
ま、関電社長も記者会見で吊るし上げなんだが貰った3億2千万円社内で保管って言い訳してるんだが天下の関電だぞふざけるなだ。

そら、亡くなった高浜町助役だってそういう筋書きになってるんだから、「返す」ったって、そんな話はあるわけない。
ちゃんとしかるべきところに関電から渡ってるはずだ。


>関電「便宜供与ない」 では3億超える金品なんのため?

何のためって原発関連工事会社32億円の10%、キックバックだろ、3億2千万円。
関電の社長もかわいそうに、健康には気をつけたほうがいいね。


関電「便宜供与ない」話が逆(笑)
  


Posted by 昭和24歳  at 21:16Comments(0)

2019年09月30日

生きた証に「真実」を伝えなくてはいけない。

生きた証に「真実」を伝えなくてはいけない。

カレル・ヴァン・ウォルフレン氏「安倍首相は絵空事だらけ」
公開日:2014/11/17 07:00 更新日:2016/10/17 04:37
 隣国と対話すらできないタカ派体質など、安倍首相に対する見方は、国内よりむしろ海外で冷ややかだ。長年、日本の政治システムを俯瞰してきた知日派ジャーナリストのカレル・ヴァン・ウォフレン氏(73)が、新著「日本に巣喰う4つの“怪物”」(KADOKAWA)の出版に合わせ来日した。この人も「いまは日本の危機」と憂えていた。

――海外では安倍政権が暴走しているとの声があります。最近の安倍政権をどう見ていますか。

 安倍政権が誕生した時から、私の印象は変わりません。政権は最初から構造的な欠陥を抱えているからです。端的な例がアベノミクスです。そもそも、アベノミクスなどという愚かな言葉が何を意味するのかわかりません。安倍首相の名前が付けられていますが、彼の考えで始められたわけではありません。経済に精通した人でもないのです。彼は何も知りませんよ。金融政策を練るのは首相ではなく財務官僚です。首相はそれに従っているだけです。アベノミクスという造語は単なる広報戦略から生まれただけです。


僕がカレル・ヴァン・ウォルフレン氏、著書、「日本/権力構造の謎|上・下」に接したのは1990年高崎図書館で・・・



われわれ日本人は自分自身について、自分たちの国についていったい何を知っているのか?在日30年のジャーナリストが冷徹な眼でえぐり出したこの国の真の姿に、われわれは慄然とせずにはいられない。日本における権力の行使のされ方に焦点をあて、政治、ビジネス、教育等あらゆる側面からこの国を動かす特異な力学を徹底的に分析した、衝撃の日本社会論。本書に匹敵しうる日本論を、日本人自身はついに書き得なかった。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150501777/isisnejp-22/ref=nosim

ま、今回の原発マネー3兆円のキックバックなんだが氷山の一角で半官半民の電力企業、つまり政官財の当たり前の習慣。
おそらくこの事件もこのままフェイドアウトするに違いない、現野党もお仲間なんだろうから。

会長の言い草が振るってる「もらったお金は家で保管してた」って、笑い話にもならない言い訳。

全てがこの手口で、原発もダムも高速道路も新幹線も、確かにそこで働く普通の日本国民は汗水流して真っ正直に労働、仕事してきたことが唯一救われるところだが、その「特別会計」という闇の予算で作られた仕事で配られた予算、数百兆円というお金は政府関係者の家で保管されている。それが2000兆円とも言われる国民ひとりあたり1000万円の借金という財政赤字の正体。

その証拠は全て残っている。今回の原発マネー事件も国税の調査で暴露された。つまり出と入りが金融機関の記録として残っていたということ。

明日、10月1日から消費税10%だが、そこに仕組まれた政府財務省の罠は「金融政策を練るのは首相ではなく財務官僚です。首相はそれに従っているだけです」と言われるように、首相も「モリカケ」でわかるように犯罪を犯した財務省高級官僚が出世するというシステムに政治、政権の本質を見て取れる。

人は経験、体験にしか学べない。戦後っ子、団塊世代の僕らはそれなりに歴史の中に学ばないまでも体験してきた。そこからふつふつと沸き起こる疑問はおそらく現代の日本社会のニューカマー、現在進行形は想像すらできないのではないかと想像する。
カレル・ヴァン・ウォルフレン氏が言われるように安倍晋三内閣総理大臣は財務省高級官僚の操り人形でしかない。財政、外交、内政、それらの全てが霞ヶ関のシナリオ通り上手に演じられるか、ただそれだけ。

そこにも書かれているが、2009年の政権交代、鳩山由紀夫政権は唯一のエスタブリッシュメント政権だった。
鳩山一郎元総理、鳩山威一郎元外務大臣、祖父・石橋正二郎(ブリヂストン創業者)といったサラブレッドで、田中角栄と同じ米国に隷属しない独自政策を打ち出した瞬間メディアに総攻撃を受け1年足らずで政権を追われた。

ま、その後の菅、野田はその意味では当たり前の内閣総理大臣、政権だった。

そして令和の現代、創られた、偽装されて、踊り踊る政権。現代の中年は僕ら団塊世代の子供たち。
彼らの多くは就職氷河期で、4人に一人が非正規で将来が全く保障されてない、保障すら求めない、そんな彼らもあと10年で中高年、20年で高齢者、30年で老人。

生きた証に「真実」を伝えなくてはいけない。

  


Posted by 昭和24歳  at 19:11Comments(0)

2019年09月30日

集え、高崎上級市民!!

集え、高崎上級市民!!

ま、在庫一掃セール演し物です。
これで沢田研二でも出てきたら最高だけど、
キャパ、2000じゃあ演らないか(笑)


まあ、とりあえずメデタイにはメデタいけど、客、首都圏からは来ないよね、たぶん。

高崎の上級市民たって高齢化しちゃってヨレヨレだし、そっか、前橋から、伊勢崎から、太田からくるかも、上級市民。

しっかし、県民会館とかってどうすんだろ「ベイシア文化ホール」、冠つけちゃってますますわけわかんなくなっちゃって。

で、「高崎芸術劇場」なんだけどすっごい設備らしいんだけど、オペもすっごい技術者揃ってるんだろね。オペで音変わっちゃうし。

で、「ベイシア文化ホール」なんて「モーニング娘。'19コンサートツアー秋(仮) 群馬 夜公演」とかやってるんだけど・・・

「高崎芸術劇場」でもやるのかねぇ、「モーニング娘」とか「ももいろクローバー」とか、とか。

ま、「芸術劇場」なんだから「モーニング娘」はないともうけど、加藤登紀子、森山良子と群響のカップリングはありですか?

で、コレ↓

東京国際フォーラム
2003年7月に、民間企業の資金・人材・ノウハウを積極的に活用し、収益性・経営の効率性を向上させることを目的として、財団法人東京国際交流財団から第三セクター法人の株式会社東京国際フォーラムへ事業が譲渡され、丸紅社長・会長を経て、2002年から財団法人東京国際交流財団の経営顧問を務めていた鳥海巌が社長に就任。民間の経営手法を取り入れ、黒字化を達成した。

つうことです。

ま、いいけど。ゲージツっていうかアートには「TPO」が重要なんで、その場所その場所に雰囲気がある。

まあ、言ったら「高崎」は「ビートロックの聖地」だよね。高崎は知らなくても「 BOØWY」は知ってるし・・・
で、布袋なんだが「高崎劇場」がお似合いかって言ったら、お似合いじゃあないよね、ロックなんだし。


アリーナで1万人、スタンディングじゃなくちゃ「布袋」じゃない、まさか座席に座って聴く?(笑)。

集え、高崎上級市民!!
  


Posted by 昭和24歳  at 08:43Comments(0)

2019年09月30日

痴呆都市の民主主義(笑)。

痴呆都市の民主主義(笑)。

お荷物にならなければいいが、知ったこっちゃあない。
その頃は責任者みんな死んでるし。


敗戦、国家元首「天皇」に変わって元帥となった「ダグラス・マッカーサー元帥」からの恩賜。

それが言われるところの「民主主義」のような代物ではないだろうか。

その意味ではこの国の歴史、「近代」は未だそうは時間が経ってはいない。

なにせ「幕府」、老中、譜代と合議制ではあったものの「専制君主制」世襲であった「徳川政権」はその軍事独裁政権で260年余の泰平を保った。
もちろん「ミカド」あったが徳川政権下、「将軍様」の上にその存在は「知らしむべからず」であった。
そしてその徳川幕府による「泰平」の終焉は「黒船」の号砲一発・・・・・
さすがの「軍事独裁国家」も永きの「泰平」で戦知らずではその「鉄の船」に敵うものではなかった。

で、その勢いに乗せられての「尊王攘夷」だったのか、「明治維新」が1868年10月23日(旧9月8日)だから明治新政府樹立からその立憲君主制の今日、現代は未だ146年の歴史でしかない。
まあ、その間に日清、日露戦争、日中戦争、太平洋戦争(大東亜)と、わずかその146年間に国家存亡を分ける戦争を「4度」も。
まっ、しかし、1945年、明治新政府より3代目の元帥で殖産興業は「77年」の歴史のうちに終焉した。

それはある意味、この日本にとっては欧米勢力による「改革」、「維新」だったのかもしれない・・・・・
大日本帝国という「神国ニッポン」を「普通の国」にするという。
そう、その太平洋戦争の無条件降伏「敗戦」からスタートしたダグラス・マッカーサー元帥恩賜の日本スタイル「民主主義」から未だ「69年」しか経っていないわけだが、その「民主主義」は形骸化しているかの様。

もっとも、その恩賜「民主主義」もハナからおかしい(笑)。

つまり、立憲君主制とは言いながら民衆圧政のあまつさえが「軍事政権」だった、明治新政府(昭和20年8月15日まで)。
まあ、蛇足だが、習うところから言えば「民主主義」は民衆の蜂起から勝ち取るものではないのかと、だが戦後、ニッポンのそれはまさに「恩賜」であった。

で、その恩賜「民主主義」も69歳、かなり高齢化も進んでいるのではないかと(笑)。
もちろん、高齢化による認知症も、高血圧、糖尿病、骨粗鬆症、等々の生活習慣病も「民主主義」に。

まあ、その恩賜「民主主義」によって創造されたニッポンの戦後政治体制、その完成が敗戦、占領から10年後の1955年・・・
言われる「55年体制」。結局それの終焉も50年あまりで、そして今ではその姿も形も消えようとしている。
つまり、その「民主主義」を社会主義政党が、共産主義政党が喧伝するに至っては方便としか思えないそんな時代も結局は「恩賜」の中での政治でしかなかった。

まあ、欧米列強というか「米国」なんだが、「神国」と言ってきた、つまり欧米から見た「カルト国家」ニッポンをどのようにリセットするか。
その「道具」としての「民主主義」。まあこの間政治社会にあっては呪文」のような「民主主義」(笑)。

そして政府与党の政策にはなんでも「反対」というその政治姿勢は結局「民」の支持は遠のいた。

その意味では今日、現代は「打つ手なし」の政治社会経済環境にある。
まあ、世の中、社会の変化というかその「民主主義」も70年です。そろそろ「反対の先」にあるものを示さないと答えが見つからない。

喫緊で言えば、ここ高崎では県による「群馬コンベンションセンター」だろう。
反対運動が盛り上がっているとかのお噂。それに東口の大規模集客施設、西口の「スポーツセンター」とかも。
しかち、通例から見れば「反対運動」いくらしたって「政治」は四の五の言って着工、完成させます。
つまり、「金目」ですから、経済も動かない。まあ、それが後日というか先になって無駄になるかもしれないといった代物でも。

あの「八ッ場ダム」がそうだった。つまり政治勢力が経済至上主義の観点から完成を見越して行政させてる。
「群馬コンベンションセンター」もそうだろう、反対すればするほど予算も膨らむ・・・
なおかつ、「反対のための反対」では、そこにある議論の中身が全く見えず、知らぬ間に完成する。

まあ、それならいっそうのこと、その政策には「賛成」をして、その「議論」を民に見せる。
そして問題点を掘り起こし、改善するなりしてその事業を成功に導くべきではないか。

つまり、その「コンベンションセンター事業」、開催への誘致の可能性が実態としてどれくらい見込めるのか。
コンベンション開催のための営業はどうするのか?
ま、商売をしたことのない役人ではこんなんだろう、事業の成功も失敗もキャリア、10年もすればお払い箱、定年です。
言われるように全く採算が見込めないのが現実なら、そこをしっかり「民」に見せて「廃案」なら「廃案」。ただの「反対のための反対」では、盗人に追い銭でしかない。

しかし高崎市はすごいね。
アリーナに宇津木スタジアム、芸術劇場オープンにつづいて「清水善造メモリアルテニスコート」と、まあ、すごいんだが、どうします10年後、20年後。
知ったこっちゃないか、みんな死んじゃってるし・・・
  


Posted by 昭和24歳  at 07:27Comments(0)

< 2019年09>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ