2019年09月10日

アベ吉本新悲喜劇内閣

アベ吉本新悲喜劇内閣

「モリカケ学園ドラマ」近日公開乞うご期待!!

萩生田氏、入閣で消せるか「荻生田」誤植 過去には新聞、他党からも...
・・・また、いわゆる「加計学園問題」をめぐって当時、文科省と絡んでその名前が報道に度々登場した。たとえば2017年6月には、萩生田官房副長官(当時)と文科省局長とのやりとりを記録したとされる文書を文科省が公表。獣医学部新設に向けた安倍首相の意向を萩生田氏が伝えたとされる内容も含まれていたが、萩生田氏は「不正確なもの」「(加計学園に関連して)総理からいかなる指示も受けたことはない」と、強く否定するコメントも発表した。
<抜粋引用:9/10(火) 18:04配信 J-CASTニュース>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000009-jct-soci

千葉科学大学危機管理学部で客員教授(加計学園)ってギャグです(笑)。
まあ、吉本とどっぷり、税金たんまりつぎ込んで、はっきり言って国民舐めてます・・・
いや、国民舐められてます。ハギウダもんか大臣って。


まあ、もう人材いませんから魔の3回生(笑)。

早速、野党手ぐすね引いてるけど、どんなもんだろう。

上野宏史で点数稼げるだろうか、山本太郎はいないし。

ま、ギャグ内閣なので突っ込みどころ満載なんだけど野党、なんだかなぁです(^_^;)

シンジローが「環境大臣」内定とかだが受けるのかな軽い役職だし。

でオリンピックが橋本聖子。外務大臣が陰険なM、防衛大臣がクシャおじさん。

どうなんだろ、ラストエンペラー、愛新覚羅溥儀、そろそろ日本、リセットしないと。

フリーズしたまんまじゃあ国民終わっちゃいます。

アベ吉本新悲喜劇内閣
  


Posted by 昭和24歳  at 22:07Comments(0)

2019年09月10日

「国会議員としてはちょっと下品」小倉さん事件・・・

「国会議員としてはちょっと下品」小倉さん事件・・・

↑この人のことですか小倉さん?
ほんじゃ、下品じゃない政治家って、教えて?


小倉智昭氏 N国党首立花氏の言動は「国会議員としてはちょっと下品」
 キャスターの小倉智昭氏(72)が10日、MCを務めるフジテレビ「とくダネ」(月~金曜前8・00)に生出演。NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)の動画投稿サイト「ユーチューブ」での訴えに対し、「国会議員としてはちょっと下品」と批判した。

【写真】「今直ちに辞めることはしない」と会見を行った立花党首

 立花氏は9日、国会内で記者会見を開き、警視庁から脅迫容疑で事情聴取を受けたと明らかにし、「今直ちに辞めることはしない」と述べ、有罪となった場合には議員辞職する考えを示した。
<抜粋引用:9/10(火) 8:54配信 スポニチアネックス>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000086-spnannex-ent



>「国会議員としてはちょっと下品」

国会議員て、「下品」じゃないと務まらないんじゃないの?

そもそも政党交付金てぇの貰うこと自体が下品。

国民一人赤ちゃんから爺バアまで250円て、クリーナ政治を目指すため、企業献金を受けないようにするため。

そう言いながら企業献金ガッポしちゃって挙句が裏献金ガッポ。

そうかと思えば上野ちゃんみたいな見るからに下品で秘書に「受託収賄になっちゃいますよ」言われてる奴いるし。

とりあえず自民党にはもう人材はいないみたいですね。秋の国会が賑やかになりそうです。

まあ、「私物国会」アベ、麻生、ニカイは「2階からメグスリ政権・・・

「国会議員としてはちょっと下品」小倉さん事件・・・
  


Posted by 昭和24歳  at 14:03Comments(0)

2019年09月10日

奇跡の星の街「たかさき」

奇跡の星の街「たかさき」

この星の街・・・
山があって、森があって、河があるから、
生活できている。


台風15号抜けるも、次の台風の卵が発生へ
あす火曜日午後9時の予想天気図をみると、この熱帯低気圧がさらに発達し、中心の気圧は1000hPaと予想されています。

フィリピンの東でこの時期、このような熱帯低気圧が発生すれば、あとは台風になるばかりという感じもしますが、まだ気象庁からは台風に発達する云々の予想は出ていません。

しかしながら種々の計算では、今後台風となり、今週末からの3連休に沖縄を中心とした日本付近に影響する計算も出始めていますので、今後の動向に注意が必要です。
a>
<抜粋引用:杉江勇次 | 気象解説者/気象予報士/ウェザーマップ所属 9/9(月) 10:37>
https://news.yahoo.co.jp/byline/sugieyuji/20190909-00141841/

まあ、災害に遭われた地域に住まわれる皆さんには申し訳ないがこの時期超大型給水車は大自然の恵みです。

先日、ラジオ高崎でやってたんだが昭和40年代その雨が降らなくてとうじの沼賀健次市長が雨乞いをやったとか、澄んだ声のアナウンサーのお姉さんが言っていた。
で、その沼賀健次市長の雨乞いで実際、雨が降ったかどうかまでは聴きそびれてしまったが・・・

ま、台風なんだが来れば来たで騒ぎだし来なければ来ないでこれまた大変秋の収穫どころではないわけです。

そう言えば、カミさんの実家、南八幡の阿久津ってぇところなんだけど納屋の天井には舟があった。聞く所によるとその一帯、烏川都鏑川に挟まれていてまだ堤防が整備されてない時代台風が来ると大水が出てその河川が氾濫することしばしだったそう。

ま、あの辺り、今は堤防も整備され、田んぼも昔のまんまだけど高崎の街中とひきかえ未だ「明るい農村」の趣です。

そんなわけで、奇跡の星の街「たかさき」なんだけど徳川家康もいいところに目をつけたよねぇ。戦国時代を治めて、戦ってぇ事もないだろうってぇんで箕輪の山城から平地の高崎(和田)に城を移した。

そこからが高崎、260年の歴史なんだが、歴史上残る災害という災害がない。もちろん海岸線じゃあないから津波もない、豪雪もない、大雨で河川の氾濫とか言っても広大な平野部のそれではないので大災害には、今でも出くわすことはない。

そうだね、高崎市に限って言えば「榛名山」のおかげだろうね。どんな大雨も榛名の山、森林が吸水してくれる、しかもそれが飲み水として濾過して吸水してくれる。高崎市民、榛名山に足を向けて寝たらバチが当たります(笑)。

そんなわけで、全国津々浦々の皆さん、「高崎」をご存知ない。それは結構なことです。つまり天災にしろ人災にしろ新聞、テレビネタになることがないってぇことですから。

ま、その分ここに暮らしたであろう中世、近世の原住民自然災害がない分その危機感がない、備えも必要ないから人間おっとりしている、呑気な父さんが多くてその分「かかあ天下」(笑)。
往々にして「博打好き」、まあ、上州って言ったら博徒、ヤクザ発祥の地。まあ、それなりに自給自足で生活できた土地柄だったんでしょうね。

実は俺の実家も「百姓」でした。親父の前までは。今の豊岡、八幡の工業団地でコメ麦作って、剣崎の山で桃作って梅作って、家の周りでナスきゅうり作ってお蚕やって豚飼って、牛飼ってとりあえず自給自足。

そら、百姓だの、カッペだの言われたけど戦時中は配給、戦後は街中で食うや食わずの生活からしたらそら自然の恵みに囲まれてましたから。

そんなわけで、誰も知らない「高崎」だけど、そらね北海道から来た経大生、四国の鳴門海峡を渡ってきたわたって来た、東北の豪雪地帯から来た経大生の皆さんかかあ天下との生活でほっこりしています。

奇跡の星の街「たかさき」


  


Posted by 昭和24歳  at 08:56Comments(0)

< 2019年09月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ