2019年09月07日

「岐阜県庁裏金問題」2006/8/4(金)

「岐阜県庁裏金問題」
2006/8/4(金)


岐阜県庁裏金問題(ぎふけんちょううらがねもんだい)は、岐阜県において県職員や組合、県教委が組織的に裏金を集め、使われていた不祥事である。2006年7月に発覚。第三者による検討委員会は1992年度からの12年間で約17億円の裏金があったと報告し、監査をする側の監査委員事務局からも裏金が見つかっている。自治体としては過去に例のない規模の処分が行われ、裏金問題としては初めて懲戒免職の処分が行われた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%90%E9%98%9C%......

『現在も約2億6500万円が残っているなどとする調査結果を県議会に報告した。』

裏金の総額は1994年度のピーク時で約4億6000万円!!

前回の調査報告では組合の口座に約1億4600万円が残っているとされたが、
その後の調査で県庁内の職場などでも約1億1900万円を保有していることが新たに判明・・・・・

処分に困った“500万円”を焼却―――!!

因みに岐阜県の財政赤字“借金”は“1兆7497億2805万円”
http://www.geocities.jp/mkqdj167/gifu.htm

県庁の裏金作りにもただただ驚くばかりだが・・・
その裏金、処分に困り“焼却”あるいは“ゴミ”として廃棄していた。

ところで、みなさん、この岐阜県庁職員の“脳みそ”は一体どうなってると思われますか?

“裏金”は税金、公金・・・“裏金作り”とは、早い話が“泥棒”です。
そしてその泥棒した、盗んだ“カネ”で遊興費、官官接待、職員への小口貸出しに。
夫々の“部、課”で“責任者が“裏金”の責任者が“管理”しているのだそうです。

そして、バレルとまずいので“焼却”、“廃棄”

すっごいことしますね。裏金、万札、日本銀行券燃やしちゃったって(;゚Д゚)!

岐阜県には日々、数千円、数万円のお金に困っている県民はいませんか。
電気を止められたり、ガスを止められたり、水道を止められたり・・・生活苦の県民はいませんか?
その“裏金”を使うもう片方の手で、生活困窮者から国民健康保険を取り上げたりしていませんか?

これはけして“岐阜県庁”だけの話ではありません。
全国地方自治体。もちろん国の行政機関でも。岐阜県庁は氷山の一角。

大阪市教育委員会が、業者と共謀して、学校の維持運営費予算で裏金を作っていた。プールした総額は“12億2500万円”と・・・

外務省の裏金作り、検察の、道警の裏金作り、広島労働局の裏金作り・・・何れも億単位の“泥棒”。

この国の“カラクリ”・・・が、露見している。
政治も行政も“使用期限切れ”、政治かもグルだから議会が少しも対応しない。

消費税アップだとぅっーーーーー!!

フザケルな!!

泥棒は、それも公金泥棒は即逮捕、起訴するべきだ。
私した“裏金”は全額賠償させるべきではないのか。
そこには生活困窮者が支払った消費税も国から交付されている。

こんな馬鹿な話があっていいものか↓

96年に市民団体「市民オンブズマン群馬」の追及で旅費不正支出(カラ出張)問題が発覚した。カラ出張で得た「裏金」は庁内の各課で管理し、残業代の不足分の「手当」や備品購入、中央官僚の接待費などに充てていた。職員や退職者、県職労から受け取った総額約11億4千万円から、不正支出額の返還分を差し引いて残った約3億7千万円(当時)は、銀行口座に入れられていた。今年2月現在での残高は3億7608万円に上る。
(2006-09-05 朝日新聞 朝刊 群馬県央 1地方)

「岐阜県庁裏金問題」
2006/8/4(金)
  


Posted by 昭和24歳  at 11:17Comments(0)

< 2019年09>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 22人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ