2019年08月30日

【小松ミユキ】群馬県で衆議院議員の秘書・・・

【小松ミユキ】群馬県で衆議院議員の秘書・・・



「カラオケ世界大会日本代表の国会議員秘書」
トルコ人と日本人の間に生まれ、幼少期から18歳まで秋田県で過ごした彼女。現在は群馬県で衆議院議員の秘書として働いている。2018年に世界最大級のカラオケ大会「カラオケワールドチャンピオンシップス」の予選を勝ち抜き、日本代表として世界の舞台を経験。カラオケ★バトルでは持ち前の明るいキャラクターも発揮し、全国から歌の大会王者が集う「チャンピオンズカップ2019」で見事優勝をはたした。
https://www.youtube.com/watch?v=nF5EWxrTUpA&list=RDnF5EWxrTUpA&start_radio=1

で、コレです↓

「人として最低」口利き疑惑の上野氏“美人秘書は宴会要員”にも批判
 外国人労働者の在留資格取得を巡り、法務省に「口利き」した疑惑が報じられ、説明責任を果たさず、体調不良などを理由に、厚生労働政務官を辞任した自民党の上野宏史衆院議員(48)に、大ブーイングが起きている。

 上野氏は「週刊文春」が21日に口利き疑惑を報道して以降、厚労省に登庁せず、議員宿舎に“籠城”していた。

 問題の口利き疑惑について上野氏は28日、事務所を通じて「法令に反する口利きをした事実はない」と否定。「心配いただいた支援者、関係者の皆さまに心よりおわび申し上げる」と謝罪した。

 自民党関係者は「口利きを否定するなら厚労政務官を辞任するのは不自然です。国民に対し、納得する説明ができなければ、政治家としての資格がありません」と話す。

 本紙既報通り、上野氏の私設秘書は今月18日、テレビ東京系で放送された「THE☆カラオケバトル『チャンピオンズカップ2019』」で優勝した日本とトルコのハーフ美女・小松ミユキ氏(25)。抜群の歌唱力を持つ小松氏を地元群馬県の支持者たちとの会合などに、上野氏が連れ回していたという。

「小松氏を“宴会要員”としか扱わなかったといわれています。週刊文春に口利き疑惑を告発した元政策秘書だったA氏のことも『事務所の金を横領した』と周囲に吹聴していました。党内では『政治家以前に、人として最低だ』と怒りの声が上がっていますよ」(前出の関係者)

 一方、野党は上野氏の事実関係の説明が不十分だと厳しく批判。今後は安倍晋三首相の任命責任を含め、秋の臨時国会で追及する構えだ。

 立憲民主党議員は「辞表を出して終わる話ではありませんよ。元政策秘書A氏との生々しい会話が公表された。上野氏は金銭の受理や口利きを認めていないが、東京地検特捜部が捜査に着手すべき案件です」と意気込んでいる。

<引用:2019年8月29日 16時0分 東スポWeb>
https://news.livedoor.com/article/detail/17000683/

で、割れちゃったわけですけどカラオケめちゃ上手いハーフで美人な秘書、前橋市在住って(笑)。

>党内では『政治家以前に、人として最低だ』

まあ、誰とは言わんけど今時の政治家って「人として」どうなんだろうってぇのばっかじゃないの。

立民も「人として最低」って言われるやつこれ以上ツッコミ入れてもブーメランが来ちゃうかもよ、下手すっと。

それよりも、立花センセの「N国」で拾ってやってくんないかな、ダメですか新潟のアレと群馬のアレ・・・

そういやあ、新潟じゃあ落選した忖度政務官とかもいたね。N国で雑巾がけさせたらどう?

ま、野党もそういう人間のクズいじってないで、国会、高いカネカかってるんだから何故消費税10%なのか?

何故、中国がアメリカから家畜の餌用トウモロコシ250万トン輸入を断ったのを日本が輸入しなくちゃなんないのか?

とか、北朝鮮に拉致された日本人の奪還を挙行しないのかとか、とか、国民にわかるように国会で会議しろよ。

だって、今の政権「馬の耳に念仏」「蛙の面にションベン」「糠に釘」「暖簾に腕押し」だろ。

森友にしたって加計にしたって新しい材料出てきてるのになんの打つ手なしなんだから、そんなふうだから「れいわ新選組」が出てきちゃったんだろ。



2019 3 18 予算委員会 おじい様の密約何とかしてもらっていいですか?~領土交渉進まず! 沖縄に基地、本当の理由~

もういいでしょ、上野ちゃんは。

【小松ミユキ】群馬県で衆議院議員の秘書・・・  


Posted by 昭和24歳  at 22:51Comments(0)

2019年08月30日

“山本太郎となかまたち”と小沢一郎

“山本太郎となかまたち”と小沢一郎


「これまで山本太郎、小沢一郎さんとともにやって参りました。けれども、この春、ひとりで旗揚げを、旗揚げをしたんですね。れいわ新選組」

まあ、いいけど、つまり小沢一郎のもとを離れてなのか、偽装離婚なのか、小沢一郎(77)は現在は玉木のところの国民民主党だ。
いずれにしろ、もう小沢一郎を知る有権者はそうは多くいないだろうが、田中角栄の薫陶を一身に受け、自民党時代は若干47歳で幹事長を、といった自民党きっての実力者、その時既に内閣総理大臣候補と言われ並み居る国会議員を平伏させていた。
因みに、「TIME誌」では"The Maverick"と呼ばれ、評価されていたようだ。良くも悪くもです(笑)。



ま、御年77歳ですからかつてのような強面とはいかないだろうが、そういったところから山本太郎に目をつけていたのかもしれない。

小沢一郎、別名「政党の壊し屋」です。それは平成5年旧田中派の自民党離党ではじまった永田町の新党騒動の仕掛け人が小沢一郎その人。

自由民主党を飛び出して、
新生党→新進党→自由党→民主党→国民の生活が第一→日本未来の党→生活の党→生活の党と山本太郎となかまたち→自由党→国民民主党・・・


そこで問題になるのがこの結党、解散を繰り返す中で言われたのが政党交付金(政治改革四法:平成6年 )という国民一人から250円をガメるという、政治家が自分たちのために作った法律。

で、現在の小選挙区制もそうなんだが、その法律制定にリーダーシップを発揮したのがマーベリック小沢一郎、その人です。

確かにね、そうした中、山本太郎の「ミスター・ポピュリズム」は今日のような腐りきった政治には正論なんだが、そう言えば山本太郎もマーベリックだよね。

ま、小沢一郎も死んでまで金はもってけないんだから山本太郎に貢いでるんだろうが、その他大勢の野党なんだが全部労組とか団体のひも付きです。
これなでなんで山本太郎のような当たり前なことが言えなかったのかだ。

自民党もそうなんだが、安倍晋三じゃなくちゃ始まらないという構造があるのはわかるが、まともなことの言える自民党国会議員が誰ひとりとしていない。あっ、村上誠一郎という代議士が正論を言ってるが、一人じゃあ勝負にならない。

まあ、解散総選挙も近いだろうから“山本太郎となかまたち”「れいわ新選組」がヘタレないことをきたいをこめていのるしかないのか。

“山本太郎となかまたち”と小沢一郎
  


Posted by 昭和24歳  at 14:04Comments(0)

< 2019年08>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ