2019年08月27日

8月27日の記事

盧武鉉前大統領自殺!!


盧前大統領が転落死=自宅裏山で自殺か-不正疑惑の捜査中・韓国
5月23日10時4分配信 時事通信

【ソウル23日時事】不正資金疑惑で最高検の捜査を受けていた盧武鉉前韓国大統領が23日早朝、南部の慶尚南道金海市にある自宅の裏山から飛び降りた。重傷を負い、病院に運ばれたが、同日午前9時30分ごろ、死亡した。62歳だった。家族あてに遺書を残しており、自殺とみられる。
 疑惑の渦中にあった前大統領の突然の死に、韓国社会の衝撃は大きく、テレビ各局は速報し、特別番組で伝えた。
 ニュース専門テレビYTNによれば、遺書は「これまでとてもつらかった。多くの人を苦しめた。恨まないでもらいたい」との内容だった。


韓国の前大統領が自殺です・・・・・・

しかし韓国って大統領を辞めると不幸です。っていうか「身から出たサビ」っていうか。
まあ、国民性なんでしょうか・・・・・

日本の首相みたいに、「毒饅頭」をバラ撒かないで、一人占めしちゃうからなんだろうか?
日本の首相の場合は、まあ気前よく中まで「山分け」しちゃうから、そうは恨みを買いません(笑)。

まあ、

「赤信号みんなで渡れば怖くない」

式の国民性が日本ですから。

で、韓国の歴代大統領なんですけど、末路は不幸です・・・・・・
自殺、亡命、暗殺、投獄・・・・・エトセトラです。

初代の李承晩大統領は海外亡命しちゃったり、
長期政権だった朴正煕大統領は部下に暗殺されちゃいました。
全斗煥、盧泰愚大統領は逮捕・投獄、死刑判決で、後に特赦とかだし・・・・・・
金泳三、金大中大統領は息子の逮捕・投獄とか。

たまたま仕事でソウルにいたとき取引先の社長の自宅で手錠をかけら、
腰紐につながれて市中引き回しされる、全斗煥、盧泰愚大統領の様子がテレビニュースに。

「悪いことしたから当たり前」

だと、韓国の社長はいう・・・・・・

「日本ではあそこまではやりません」

僕がそういうと、

「日本は民主主義じゃあないからね」

と笑った。

まあ、その通りかもしれない日本で言えば皇室にあたる「李王朝」は、
日本による明治以来の植民地政策を最後に太平洋戦争終結とともに終焉した・・・・・・
それ以降、アメリカの亡命していた李承晩が、戦後、そして朝鮮戦争後、初代大統領になるものの、
数々の不正が暴かれアメリカに再び亡命。
そしてその次の朴正煕大統領は軍事独裁政権で、戒厳令を敷いたり、数々の民主化暴動を惹起させたりで、
政権途中、腹心、側近のKCIA部長金載圭に暗殺されるという悲劇・・・・・

まあその後の全斗煥盧泰愚大統領も軍人出身で、
二人とも大統領任期中の汚職、デモ鎮圧虐殺(全斗煥)の発覚で、逮捕、投獄、懲役刑や死刑判決(いずれも特赦)。

まあ、韓国の大統領だけが特別に「そういう」わけじゃあないんだろ・・・・・

「日本の首相だって」です。
で、その意味では、ただひとり、皇室とも財閥とも無関係だった、
田中角栄元首相だけが逮捕、収監、有罪判決、最高裁控訴中死去という悲劇を演じている。

まあ、その意味では田中角栄と、日本社会党の村山富市首相の他は・・・・・・・
財閥、皇室のチョウチン持ちが総理、首相のニッポンです。

つまり日本のそれは、首相の犯罪というよりは、日本政府の犯罪で、日本政府・・・・・・

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」(笑)。

それにしても、盧前大統領、夫人や息子、家族の金銭疑惑で「自分も?」で・・・・・

遺書もあるっていうし。

それはそうと今の李明博大統領は大阪府出身とかです。
で、現代建設元会長(現代グループ)とかで、実業家です・・・・・

そうですか、
「日本は民主主義ではない」
ですか


まあ、「神の国」ですから・・・・・  


Posted by 昭和24歳  at 16:50Comments(0)

< 2019年08>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ