2019年07月27日

消費税10%の悪巧み。

消費税10%の悪巧み。


消費税対策としてのキャッシュレス化のメリット、デメリット
政府は、2019年10月に行う消費税率10%への引き上げに向けた景気対策として、クレジットカードなどキャッシュレス決済を行った消費者を対象に、ポイント還元を行うことを決めた。

ポイント還元策の予算額は2,798億円。これにより、増税後9カ月間に限り、中小小売店で電子マネーやクレジットカードなどでキャッシュレス決済をした消費者に対し、購入額の5%(または2%)分のポイントを還元する目論見だ。

また、中小小売店での導入を推進するために、必要な端末などの機器を導入する費用の3分の2、小売店が決済事業者に支払う手数料の3分の1を国が補助し負担軽減を図る。


>クレジットカードなどキャッシュレス決済を行った消費者を対象に、ポイント還元を行うことを決めた。
<抜粋引用:2019年2月15日(金)18時00分 News Week 日本版
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/02/post-11702.php

5%のポイント還元とかだが・・・

消費税10%に伴い消費物価10%~20%上昇してます。もうすでに上昇中。

つまりわかりやすくヤオコー、ベルクにしたって仕入れ消費は売上消費税から仕入れ消費税差し引きできるけど、販売に係るコスト、例えばポップとかレジ袋とかチラシ制作費とかは最終消費者ですから丸々、消費税吸い取られます。

つまり、そういう販売コスト、経費は当然商品に転嫁されますから否が応でも物価は高騰します。オイラの好きなサバ缶140円が幾らになるんだろ?

ま、バナナなんかセールで98円とかだけど4本で。もしかしたら3本になっちゃうかもね。

「おかめ納豆」なんかも、広告の品で68円だけど10月になったら「広告の品78円」かもね。つまり、消費税で10%ガメられた他に15%も値上げされちゃいましたていう話。

刺身なんかもパック代、トレー代も販売経費だから2割は値上げになるよね。天ぷら、コロッケも揚げ物類油も値上げされるだろうから。

そんなわけで下々、下級国民はキャッシュレスなんかにしちゃったら財布の紐関係ないから瞬間痛税感はないけど、預金通帳みってがっくり(笑)。

子どもなんてどうすんの?とうちゃんかカーチャンのキャッシュカード持たせるの、それとも子ども専用のキャッシュカード作るの?

しっかし、大変な世の中だねポイント還元って騙されちゃってポイント付いた時点でポイント以上の消費税負担させられて、バカみたい。

>必要な端末などの機器を導入する費用の3分の2、小売店が決済事業者に支払う手数料の3分の1を国が補助し負担軽減を図る。

オイオイ、ふざけんなよ「国が負担」するって、それ消費税からじゃねぇか、税金からじゃねぇか国民が負担するんだろ、させるんだろ。

で、銀行とかクレジット会社に手数料稼がせて、端末じゃあ、NECとかに稼がせちゃってデータ通信料稼がせちゃって。しっかしひっどい政府だね。

挙句が社会保障には消費税増税、値上げ分の2%だけって、なんだよそれ。まあしょうがないね、自民党政権、国民が選んでんだから今頃、ブツブツ言ったところで奴ら、笑ってるよ。

消費税10%の悪巧み。  


Posted by 昭和24歳  at 20:25Comments(0)

2019年07月27日

「パパにもきたの・・・赤紙?」

「パパにもきたの・・・赤紙?」
2006/6/7(水)



昨夜のNHK、特攻隊と北満開拓団のドキュメント。

さて・・・

イラクでは「サドル師」が徹底抗戦の構えと報じています。
ジョージ・W・ブッシュはトルーマンでもなければアイゼンハワーでもない。
ならば、第一次湾岸戦争のパウエルがマッカーサーであったかといえばそうでもない。

今日、駐留イラク最高司令官は僕らと同世代。

60年間戦争に明け暮れた世界一の軍事、経済大国にして「自由と民主主義」の米国に、
はたして時代の進歩、文明の開化はあったのだろうか。

実に獰猛で野蛮な好戦的な「覇権主義国家」。
国内にあっても銃社会の実態、自分のみは自分で守るのはいいが、
あえて敵を作り上げて「自分を守る」もないだろう。
しかも、絶対に身辺に危険の及ぶことのない「敵」に。

「911」が、デッチ上げか、思惑はずれかはともかくあのこと以上の破壊工作を世界中でやっている米国。
それが何のためか・・・・・・
別に米国の国益なんかではない、米国の「戦争」という「公共事業」のためにやっているに過ぎない。
日本の防衛も米国の公共事業の一環、イラクも、北朝鮮も、そしてアフガニスタンも・・・・・etc

なんとも好都合な「オリンピック」。
開会に期を合わせたように、「ナジャフ掃討作戦」をやるという自由と民主主義、
世界平和のためならなんでもするというアメリカ合衆国。

テレビはオリンピックに野球に「815」の欠片もない。
NHKが午後9時からの1時間、
NHKスペシャル、「子どもたちの戦争」をやるだけ。

「パパ、赤紙ってなに?」

娘が訊いた。

昨夜のNHKを見ながらの話だった。

「パパにもきたの・・・赤紙?」

「パパにはこないよ、パパは戦争が終わってから生まれたんだもの。
でもよく知ってるな、『赤紙』なんて」

「うん、学校で先生が話してくれた」

どうやら先生とはいっても、そうした話をボランティアでする退職した先生らしい。

「アメリカって嫌い。戦争ばっかりしていて、アメリカなんかに行きたくない。
パパ・・・また戦争するの?」

「するかもしれないな」

「でももうパパには赤紙こないね」

「ああ、こないよもうおじいちゃんだし」

「よかった」

そういうと娘はテレビに映る特攻隊を凝視していた。

娘は今10歳。

後10年。いや、後5年かも知れない。
このままの世情、経済の不安定が続けばやがては徴兵制が敷かれ、軍備増強のための日本軍が創設、
防衛庁が、国防省に・・・

教育基本法の改正、公教育6・3・3制の見直し。
公教育費の削減。
大衆の教育の公平を奪う義務教育。
私立医大は言うに及ばず、東大でも親、親族の年収が2千万円以上が大勢と。
しかも富裕層の婚姻率の伸び、出生率は2.5強と。

児童虐待が顕著なのは残念ながら経済的原因と親の生育環境にあるとも。
戦後の貧困とはわけが違う今日の貧困。
悲しいかな人間のもつ「差別」、その大衆同士の差別を増長する社会と行政。
やはりそれも為政の差し金なのか、労働の場を奪い、生活を脅かし増税を言う為政。

それが、国民の義務と責任というのなら・・・
さきに責任をとってもらってから言ってもらおうではないか。

60年前の。

「パパにもきたの・・・赤紙?」
2006/6/7(水)
  


Posted by 昭和24歳  at 11:35Comments(0)

< 2019年07>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 23人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ