2019年06月23日

“破綻偽装”

“破綻偽装”


「予算 家計にすると破たん寸前 」とは片腹痛い(笑)。


財務省原案 予算を家計にたとえると、
ローンかさみ“5533万円”破綻寸前ですと。

アメリカ軍への駐留経費、思いやり予算、米軍再編費、イラク戦費、
イラク復興支援金、中国等ODA、防衛省武器調達費、円高防止、ドル買い支え資金、米国債引受費・・・・・・

〆て、10兆円でも足りないだろう(笑)。

しかし、この国の官僚は極めて優秀。戦略家でははないが計算高さにおいては世界一!!
実に効率よく経済政策をこなし「儲ける」ことにはその実力は世界でも群を抜いている。

戦国時代の終焉来、武装国家から“商人国家”に転じての江戸幕府・・・・・
商人国家では戦争などできもしないから、「黒船砲雷」その木戸をこじ開けられ「前掛け、暖簾」で手もみ外交。
一歩、木戸を出れば世界は戦国時代、アフリカ、中東はだいたい“シマワリ”できたが、
その欧米列強の「広域暴力団」、東アジアの権益争奪合戦で互いが譲らず小競り合い。

そこそこに国家の体をなしていた「サムライ・ニッポン」、武家、武士とはいえそれは“竹光行政”・・・・・
260年も戦をしていなければ“戦争”なんかはできるはずもない。
しかし、そのニッポン、人口規模なら世界に冠たる「大国」。
そして、その“竹光行政”で賂を貯めに溜め込んだ「豪商・財閥」・・・・・・
“武士”なんて屁のツッパリにもならない、下手をすれば欧米列強、広域暴力団に手篭め、植民地になりかねない。

朝廷、武力国家“清”でさえその広域暴力団の“英帝国”の軍門に。

「ナニノナニ兵衛、ナニ衛門」かは知らないがそんな落ちぶれた「徳川様」をとっとと見限り、売国、手引き・・・・・・
薩長土佐の食い詰めザムライ、浪士を煽てて内乱、維新に遣欧、遣米使節団。
丁髷切って、革靴履いて、英帝國、ドイツ帝国、ロシア帝国を真似たつもりで皇帝「天皇」を作り新生「大日本帝国」誕生。

早速、待ったなしの「戦争」をさせられる。
兵隊なんかいやあしない、戦国時代さながらの百姓農民を俄仕立ての「即席兵士」。
それまで、「年貢、年貢」で鎌鍬鋤の水飲み百姓が赤子、「大日本帝国兵士」で言われるままに日清、日露戦争・・・・・
丁髷落として、たったの27,8年。もちろんその仕掛けは広域暴力団の欧米列強。

戦費、「カネは貸します」、軍艦、鉄砲代金は後払い、ローンで結構。
勝ったか負けたかははっきりしない・・・・・
訳のわからないうちに、知らぬが仏の「大日本帝国」、最初からのデキレースで米英の大親分が手打式。
なんのことはない、その「戦争ローン」返済のための“富国強兵興産”で、
しまいには“神国”、「神の国」。どこの国にもあるような神話、伝説を「真実」と言いくるめ・・・・・・
国民だって馬鹿じゃあない。「まさか?」だろうけど、「嘘だ!」なんて言えば「オイ、コラ!」のカンクさん、岡引の容赦がない。

江戸幕府、太平の世の中に世界でも類例のないほどの「財」を成した豪商。
時の政府、徳川さんの台所は火の車だったろうが、その分がそっくり「豪商」の大蔵に。

国民、可笑しい・・・・・・
それこそが「大蔵省」。金銀財宝、埋蔵金、ただただ“溜まる”だけ。

維新で、国民総動員、増税につぐ増税の国策産業も破綻偽装でその度に二束三文、財閥が「払い下げ」。
開発する時だけ、税金で、事業が始まれば「民営化」がこの国の常。
はじめからそう「画が描かれている」んだから、しかも画を描くのが政治家、官僚ときた日には「どうしようもない」。

しかも、しかも、政治家、官僚になるのがその豪商、財閥の子息、お身内。
今もそのまま、「政・官・財」、小泉さんじゃあないが“三位一体”。

「予算 家計にすると破たん寸前 」(笑)。

それが本当ならこの国とっくの昔に潰れている。

「国の借金」。

国、政府はどこからそんな大金を借金している?

赤字国債、800兆円。
それは、郵貯簡保資金であり、市中銀行の国民の預貯金、厚生年金基金、国民年金基金であり・・・・・
全てが国民からその政官財の描いた「法律」で自動的、強制的に“税”で吸い上げ、政官財の「大蔵」に納まる。

800兆円、飲み食いするわけがない(笑)。

ただ、国民の懐、虎の子が一塊になってその「大蔵」に移し変えられているだけ。
今見えているのは、それを狙った「広域暴力団」があの手この手でその「大蔵」を突っついている。

「ミカジメ料もっとよこせ!よこさなければ、バラスぞ!!」と。

全ての政治家がらみの贈収賄、疑獄事件はその手の仕込み。
大蔵省解体、官官接待、ノーパンしゃぶしゃぶ、オネダリ次官、薬害エイズ、肝炎・・・・・

そうでもなければ、そんなネタ話は「新聞記者」には書けない。

国の借金は国民の借金だって(笑)。

じゃあ、そのカネを懐に入れちまったのはぁーーーーー!!
どこのどいつだぁ!!!!!
  


Posted by 昭和24歳  at 13:30Comments(0)

2019年06月23日

ザ・プラネッツ・ショー

ザ・プラネッツ・ショー


「ザ・プラネッツ・ショー」佐野長寿センターです。
提供は:Soft Band(祖父とバンド)・・・




午後1時30分~3時迄。ご都合のよろしい昭和の少年少女の皆さん午前中はお風呂に入ってお食事。午後はザ・プラネッツで青春を謳歌してください。
  


Posted by 昭和24歳  at 06:59Comments(2)

< 2019年06>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 22人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ