2018年10月10日

高崎千年紀委員会

高崎千年紀委員会

数多、戦の後井伊直政はここに高崎城を築城した。

高崎城開城千年、“高崎誕生”千年紀のロマンを今!!

高崎千年紀は“西暦2597年”だ

現在が2009年、つまり今から579年後にその時はやってくる。
もちろんその“西暦2597年”に僕らはいない・・・・・

しかし、今日のこの街の姿はけしてここに生まれ育った、高崎を故郷とする僕らの願っているものではないのではないか。
たしかに誇るべき街の威容はあるのかも知れないが、ソレを見るにつけ冷え冷えとした印象は免れない。

今では高崎のランドマークともいうべき“白衣観音”は昭和初期、井上保三郎翁が私財をなげうっての建立とかだが、戦後生まれの僕らにとってその「観音山」は郷土の誇りとして大いなる存在だ。
それは、未来永劫、建立者、井上保三郎翁の意志を忘れることなく、そうした先人の残した歴史的遺産をいかにして未来につないで行くかが、今、こうして平和な時代を享受する高崎市民、僕らの務めであるのではないかと深く思う。

真の意味での“都市計画”。

それはなにもこの街に高層マンションが林立することではない。そして政治が、行政がその威容を誇るかのような高層の市庁舎を作ることではない。まさにそれは、右肩上がりの高度経済成長時代の墓標であるかのごとき姿ではないか。
真の意味での“都市計画”とは、それは、いかにしてこの風土に照らした「自然豊かな、住み安い、暮らし安い、安心安全」の街づくりをすることではないだろうか。
そして、人はいずれ歴史に眠る、今、今日ここに生きる僕らも、悠久の歴史サイクルからすればその時代というソレはほんの瞬きのまでしかない・・・・・・
どんな立派な高層ビルディングも、やはり瞬きのまでしかない。であるならば、そんな僕らの子、孫、そしてその子の子、孫と子々孫々、数十年、数百年、数千年と今が残る、遺す。そんな街づくりが真の意味の「都市計画」ではないだろうか。

コンクリート建造物の耐用年数、寿命は60年~70年が限界だという。

だとするなら、その威容を誇り造り上げた21階建ての高層市庁舎も60年、70年後には解体されなければならない。たったの60年、70年の間だ。当然、それは近年市街地に林立する高層マンションも同じ命運に尽きるということは言うまでもない。はたしてそういうことがこの街、高崎の未来を見据えたとき正しかったことと言えるだろうか・・・・・・

およそ、人間のすることだからその叡智にも限界があろう。時の経済状況とか政治状況でそうならなければならなかった必然性はあったのかも知れない。しかし、今やもうそういう時代は終わったのではないだろうか。
2050年にはこの国自体も少子化による人口減少が進みその人口規模は今のおよそ半分の“6000万人”という政府統計もある。となればこの街、高崎もけしてその例外ではなく当然人口収縮があり、政治的理由をつけて隣接する他町村を合併しようともそこに来る現実を免れることは絶対にできないのだ。

そこで「高崎千年紀」。
それは今から579年後を想像しての街づくりである。


いったい579年後にはこの街はどんなふうに変容を遂げているだろうか。
想像しただけでもロマンではないか。

そこで、まずそのシンボリックな計画として「高崎城の蘇生計画プロジェクト」だ。
今から421年昔に誕生した『高崎城』そして『城下町』・・・・・

今日のそれはさまざまな理由の中、再開発もままならないままでいるのが今の、平成の『城下町』ではないだろうか。
しかし、ここに高崎には、その城下町にちなんだ町名も、お寺も、神社も今もそのままにして残っている。
あと50年弱で政府の統計通りだとすればこの街の人口も十数万人ほどなることは想像できる。そうした時この高崎という街の「都市空間」がどんなものであるべきかを今こそ「都市計画」するべき時ではないか。
政治的理由の「5カ年計画」とかではなく。

それは『高崎城』をメインにした“公園都市”そして“商業・文化都市”。

それにはまず電線の完全地中化とエコ路面電車の復活。そして行政ゾーンは旧高崎国鉄貨物操作場跡地、あるいは高崎競馬場跡地へ移転させ、現在のNTT、郵便局、市役所等があるところは『高崎城』を中心に歴史博物館、文化施設ゾーンとする。と夢は膨らむ・・・・・・
現在の21階高層市庁舎はその半分の階を行政サービス棟とし、残りは独立行政法人国立病院と連結させ「老人介護施設」とする。最上階は喫茶コーナー付きの図書館なんて言うのはいかがだろうか。いずれにしても高層市庁舎の寿命は60年、70年である。そんな遠い先の話ではないのだから。

この、大恐慌の到来は、それらの「夢」をじっくり考える良いチャンスではないだろうか。
いつ終わるともその見当すらつかないこの街、高崎の再開発事業。コンクリートの建築物もいいが、壊さなければならない時のことを考えて、今、この時代は再開発計画すべきだろう。
その意味ではいくらでも再生の利く日本固有のその風土に合った、自然と調和した「木工建築」を見直さなければならないことが最大限に求められるべきだ。

とにかく人口減少なのだ。すべてが右肩上がりの発想からの行政、公共工事、都市計画ではそれは廃墟を見るのを待つばかりだ。
少なくとも今年二十歳になった成人が50年後高齢者になる頃に、その『高崎城』を中心とし、上毛三山を背景にした森と緑の公園都市“高崎”が始まる、そんなを「大いなる夢」をみたい。

世代を問わず立場を問わず市民、民草の一人ひとりがそんな夢を語ってもいいのではないだろうか。

上記投稿は2009年02月08日を加筆、改訂し再掲
http://g3s.gunmablog.net/e33310.html

高崎千年紀委員会  


Posted by 昭和24歳  at 13:13Comments(0)

2018年10月10日

日本は衰退なんかしてない

日本は衰退なんかしてない

衰退してるにはこの人たち↑

日本は衰退してるんだろ? 「じゃあ、なぜノーベル賞を受賞できるのか」=中国メディア
失われた20年という言葉は中国でも広く知られており、日本は衰退の一途を辿っていると信じ込んでいる人は少なくない。しかし、近年は日本人がノーベル賞を立て続けに受賞していることから、「日本は衰退しているはずなのに、なぜ日本人がノーベル賞を受賞できるのか」と疑問を抱く中国人は多いようだ。

 中国メディアの今日頭条は4日、「日本経済と日本企業が衰退しているというのは錯覚なのか」と問いかける記事を掲載し、日本経済や日本企業が衰退しているというのは「錯覚」だと伝えている。

<中略>

 中国では日本は不景気で、近年企業の不正が多く発覚していることから、日本企業も衰退しているという見方が根強く存在する。だが、非常に多くの日本人がノーベル賞を受賞していることから、日本経済や日本企業が不振であるというのは「錯覚」であり、実は着実に競争力を高めているのが現実であると主張し、中国人は警戒心を怠ってはならなと伝えている。

<抜粋引用: サーチナ 2018年10月9日 15時12分>
https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20181009/Searchina_20181009069.html

まあ、今度の内閣見たらわかる(笑)。
まともに喋れるやつがいない。あの文科大臣の「教育勅語」云々もひどかった。
日本はもうそういう国じゃあないだということがわからない「特別な人たち」

日本は衰退なんかしてない

いや、「日本国民は」というべきだろうか。
多くの日本国民は低賃金で生活苦にも必死に耐えて、真っ正直に生きている。

もっとも、普通の日本国民は「ブドウ」一粒盗み食いしただけで逮捕されちゃうし。
https://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20181003/0002439.html

方や数十億円を詐取してもお友達というだけでお咎めなし。
また、準強姦罪が立証され裁判所の逮捕状許諾にも関わらず逮捕寸前でお友達からストップ。
はたまた国会で嘘の答弁、公文書改竄しお咎めどころか出世に「適材適所」とお仲間。

かくの如し、衰退しているのは「政治」で、日本国民は衰退してません。

衰退しているのは「政官」とは言っても頭の方だけ、それも全て世襲、何らかの。
とにかく政権が「ちびっこギャング」ばっかですから親分に忖度し、悪知恵だけは働きます。

で、「衰退」と言われてる原因は政治、政権の「政策不況」です。
平成の大勲位政権以降国民から搾取するばかりの政策。
宗主国様に言われるがままにご奉仕。宗主国様もわかってらっしゃるから国民に回す金があったら差し出せです。

それが戦後、高度経済成長で豊かになった日本国の解体。

消費税法はじめ、民営化法。労働法、商法の改悪で労組解体、地方の商店街潰し。

そう、今日の地方都市の衰退も政策です。少子高齢化も、政策。子どもの貧困も政策。
もちろん労働者の4人に一人が非正規というのも政権、政策が創り出したもの。

戦後の家計所得は一貫して、多くの家庭が世帯主、「夫」の収入のみだった。
女性は修学すると、ここ高崎では沖電気、太陽誘電の事務職、女工として、それもほとんどが寿退社。
そして出産、育児に専念する。子供に手がかからなくなったところで、精々がパートタイム。
そもそもが、女性の労働の場がなかった。呉服屋、家具屋、食道と、そのほとんどが男性従業員。

ま、所得税法上そういう仕組みになってた。

それがいつの間にか「男女共同参画」とか「女性の活躍」とか言って結婚、出産、育児をしづらくしし挙句が「待機児童問題」「保育士不足問題」を惹起。
つまり、社会の制度「家庭」を破壊し「働く女性」ということで、そこの家計所得が倍になったわけではない。
それは家父長の所得を半滅させその分を妻の労働所得に移し替えただけ。人口減少の最大要因。

年金問題等についても、これまた政権、政権のインチキ。
新幹線、高速道、原発、ダムとこれらの原資は年金、郵貯等の財投。
そこで生まれた収益は民営化の名の下に特定の階層で山分けされ、負債部分だけが国民に。

日本国有鉄道の負債は毎年4000億円、たばこ税から。

僕はタバコは吸わないからいいけど、カミさんは一日にひとっ箱。

日本は衰退してるんだろ? 「じゃあ、なぜノーベル賞を受賞できるのか」=中国メディア
  


Posted by 昭和24歳  at 12:31Comments(0)

< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ