2018年05月04日

米ギター老舗ギブソン、破産申請

米ギター老舗ギブソン、破産申請



 【ニューヨーク時事】米老舗ギターメーカーのギブソン・ブランズ(テネシー州)は1日、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用をデラウェア州の裁判所に申請した。

 債権者の3分の2以上と再建支援で合意しており、楽器製造などの事業を継続しつつ、経営の立て直しを目指す。

 ギブソンは1894年創業。同社製のギターはエルビス・プレスリーやB・B・キングら多くの著名アーティストに愛用された。

 米メディアによると、音響機器メーカーのティアックなど近年の相次ぐ買収で債務が膨らむ一方、販売は伸び悩み、経営が悪化していた。負債額は最大5億ドル(約545億円)に上る。

<引用:5/1(火) 23:56配信 時事通信>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000141-jij-n_ame

経営の多角化で業績悪化とかだが、本業が悪化してるからよそに手を出したのが失敗の原因だろ。
ま、アメリカでも団塊世代、第二次世界大戦の終了でいわゆるベビィブーマーがいたわけで、60年代にアメリカの黄金時代です。唯一の戦勝国ですから。

そもそもアメリカにはカントリーだのジャズだのと楽器市場はあったんだけど、そらバンドの中の一部でジャズなんかだとギターはあまり必要とされなかった。せいぜいがピックギターでコードをジャカジャカするだけ。カントリーだって主役はバンジョーとかフィドルでそれがフォークソングに発展してもピート・シガーとか、基本はバンジョーの弾き語り。

そんなわけでベビィブーマーがハイスクールに通い出す頃にヴェンチャーズ、アストロノウツのいわゆるエレキギターだけのエレキバンド。そこに火が付いたわけです。
で、ご案内のギブソンはフルアコのピックギターにマイクをつけたやつでオジさん御用達。そこに目をつけたのがジャズマスターとかのロカビリーなんかで使われていた「フェンダー」だった。で、ヴェンチャーズなんかは最初はジャズギタリスト用に開発されたジャズマスターとかでテケテケやってたけど1954年「ストラトキャスター」登場でテケテケ。
もっとも多分、カントリー出身のノーキーさんなんかはテレキャスターの方が良かったようだけど。

で、「老舗ギブソン破産申請」とかなんだけど、やっぱりアメリカ人の感覚でのモノ作りは大変です。暴露しちゃうとギブソン・レスポールのハイエンド物のネックは松本のちいちゃな工場でした。もう20年前の話だけど。で、ピックアップ(マイク)も製造は某松本の零細企業。そしてブリッジ、ペグと言われてる部品も群馬県の某市の中小企業。

そんなわけでトランプ大統領がアメリカ製品を買えとか言っても純粋なアメリカ製品はないわけですから無理難題ですね。
僕も34歳の時からドサ回りの仕事辞めて、ドサ回り仲間の米国、LAでリペアショップやってた友人(中国系)の誘いで「シェクター」というエレキギターメーカーを手伝うことになった。友人はシェクターUSAで、僕がシェクタージャパンでスタートしたんだが。

実はそのシェクターアメリカでは経営に行き詰っていて某投資家に買収され、経営方針が変わっちゃってこれまでの部品は必要ない、で、それを全部日本に持ってきて東京、恵比寿でシコシコ組み立てて全国「エレキの行商」でした(笑)。
まあ、そこそこ売れました。しかし、途中、オリジナルの部材がなくなりネック、ボディはご案内の某松本のちいちゃな工場で仕入れた材料を持込加工してもらい、塗装も同じく松本の塗装工場で。

で金属パーツは原材料としてはかなりあったので群馬の某金属加工工場で仕上げ恵比寿に持ち帰って組立。そのうちにオリジナルのピックアップがなくなり、っていうかもう肝心のアルニコの磁石と線材が手に入らないということに。で、元シェクターの技術者だった某氏にオリジナルに近いようなサウンドが出せるピックアップの製造を依頼、それが一時、知る人ぞ知るの「モンスタートーン」。

しかし、1995年金属パーツのブリッジ、サドルの材料も底をつきオリジナルなシェクターを作ることができなくなった・・・
ショックでしたね。シェクターでの最後の仕事が「ラモーンズ・モデル」の生産でした。
これも大町にあった(現在?)モズライトジャパンの下請け工場に依頼して。そして量産品は韓国でということでソウルまで飛んで。
まあ、韓国は韓国で抜け目がないっていうかそれをそっくり対岸の中国の工場へ丸投げでしたから出来上がったものが注文したものと全く違う仕上がり(笑)。

アメリカもそうだけど「いい物」は作れませんね。売れたと思うとすぐにメキシコですから。しかし戦後、日本はエレキもフォークギターもアメリカの下請けだったけどアメリカ製のものよりいいものを作っちゃった。そのモノ作り精神は現在の松本等下請け中小零細企業にも脈々と受け継げられています。

投資家でもありシェクターのブランドホルダーから一言・・・

「ナベ、オマエの仕事は終わった」と。

「ギター弾きにギター作らせたのがまずかったかな」とも。

1996年4月、僕の仕事は終わりました。

ギブソンも、いよいよギブソンが作れなくなったのかもしれない。

エレキはエレキ少年の夢を叶えるのが仕事なんだから・・・

米ギター老舗ギブソン、破産申請
  


Posted by 昭和24歳  at 12:14Comments(0)

2018年05月04日

「高崎で安倍ヒトラー」そら、ヒトラーに失礼だろ(笑)

「高崎で安倍ヒトラー」そら、ヒトラーに失礼だろ(笑)

みなさん、こういうケシカラン輩に・・・
私は負けるわけにはいかないんです!!


【憲法記念日】群馬でヒトラーを模した安倍晋三首相のコラージュ画像が映し出される 俳優の宝田明氏、元朝日記者が講演
 憲法記念日の3日、群馬県高崎市の群馬音楽センターで、「第34回5・3憲法記念日集会」(5・3憲法記念日集会実行委員会主催)が開催された。

 集会では、「ゴジラ」などの映画出演で知られるベテラン俳優の宝田明氏と、元朝日新聞記者で市民団体「九条の会」世話人の伊藤千尋氏が講演した。

 84歳の宝田氏は満州・ハルビン出身。「俳優として人間として」と題した講演で、自身の戦争体験を振り返り、旧ソ連兵に銃弾で撃たれた体験などから、「ソ連という国全体を否定してしまう。戦争は憎しみしか残らない」と述べ、「旧日本軍も同じだ」と続けた。

 さらに、現職の国会議員のほとんどが戦争を経験していないとしたうえで、安倍政権の目指す憲法改正について、「しゃくに触る。私は怒っております」と語気を強めた。

 伊藤氏は「(憲法)9条は世界に広がっている。9条をほしがっている人が世界中にいるかもしれない」と話した。

 壇上のスクリーンには、安倍首相をヒトラーに模したコラージュ画像が映し出して、安倍政権を批判する場面もあった。

<引用:産経新聞 2018/05/03 22:>
http://www.sankei.com/politics/news/180503/plt1805030057-n1.html

なんだ、また朝日と産経のサルカニ合戦ですか(笑)。

まあ、アレです。憲法九条とかだって日本が戦争に負けたからです。

ていうか悪徳高利貸しにそそのかされて日清日露戦争やらされて二足三文にもならない領土を・・・・・

挙句、アメリカとの戦争に負けて侵略とか言われて、ただ欧米の真似しただけなのにね。

で、ときの大日本帝国なんだが、喧嘩始めるのに手仕舞いを全く考えていないで精神論、武士道とかだから国民たまらない。

まあ、現代、今も一緒です。財閥のお先棒かついで国民からかっぱいだ金をせっせと世界中にばらまく。

朝鮮半島だって満州だって、ま、当時の技術じゃあ掘ったってなんにも出てこやしない。

かといって、強欲な欧米資本みたいに植民地して原住民を奴隷まがいにこき使って略奪なんてできないお人好しニッポン(笑)。

ま、政治家も官僚も内弁慶だから自国民のケツをひっぱたいて外国に貢、見返りなんてありゃしない挙句が核ミサイルです。

まあ、アレだ。今だって政治家と官僚がグルになって嘘八百、あったことをなかったことに、なかったことをあったことに。

だからねジャーナリズムってぇのもいい加減で、左も右もエンドレス。

一番悲惨なのは「宝田明さん」じゃあないけどあの時代、満蒙開拓に駆り出された人、満蒙で生まれた人たち。

ま、内地だって広島長崎、東京大空襲と「神州不滅」とかホラ吹いていた軍官僚だけが安全地帯にいて「突撃!!」だもの・・・・・

挙句、本土決戦、「一億総火の玉」トップクラスの官僚が言ってるんだもの、ま、今もおんなじです。

つまり、あの戦争、敗戦で焼け太りした一族が今日の日本の中枢ですから、彼らにこの国を守れるわけがない。

「高崎で安倍ヒトラー」そら、ヒトラーに失礼だろ(笑)
  


Posted by 昭和24歳  at 09:53Comments(0)

< 2018年05>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ