2018年04月08日

公文書の改竄はありえない米国

公文書の改竄はありえない米国

アメリカ国立公文書館は改竄してくれませんでした。
日本だったらそこだけ消しちゃうんだけど・・・


JFK暗殺の機密解除へ 最後の非公開文書
 米国立公文書館は26日、1963年のジョン・F・ケネディ大統領暗殺に関して、これまで非公開だった最後の機密文書を公開する。中央情報局(CIA)が公開延期を要請しているとされたが、法律上、公開を唯一差し止めることができるトランプ大統領は機密解除を容認する方針を表明した。

 トランプ氏は25日、ツイッターに「長い間、楽しみにされていたJFKファイルの公開は明日だ。すごく興味深いぞ!」と書き込んだ。

 92年に制定された法律は、暗殺に関してCIAなど米政府機関が作成した資料を25年以内に公開するよう…
アメリカ国立公文書記録管理局
<引用:毎日新聞2017年10月26日 17時02分>
https://www.archives.gov/iwg/declassified-records/rg-263-cia-records/second-release/name-files.html#k


米国の公文書でも明らかになっています。

吉田自由党と鳩山民主党。

保守合同にあたり条件として鳩山の民主党が吉田の自由党に出したのが、
憲法改正による自主憲法の制定を公約にかかげることだった。漫画のような話だが、今と全く同じです。

しかし、良くぞ“民主党”などという名前を付けたね、鳩山由紀夫。
そしたら小沢一郎が“自由党”だってまるで政治ごっこ(笑)。

鳩山由紀夫の祖父さん、鳩山一郎が“民主党総裁”で、
小沢一郎のオヤジ、小沢佐重喜が“自由党”吉田茂内閣の建設、郵政大臣。

嘘のよなホントの話で、祖父さんとオヤジの代に、進駐軍の傀儡政権の中心人物。

その利権、金権の手法にしたってあの時代、まさかの敗戦に今日想像もしようがない。
そんな中、進駐軍の顔色を窺いながらの政治稼業。必然、身に染み付いた・・・・・・
それを、子、孫が真似ているだけの話です。

今だって、GHQが虎ノ門の閻魔大王。

で、幕府は米軍横田基地地下200メートルの核シェルターの中。

公明党なんて“屁のツッパリ”にもなってやしませんよ(笑)。
だいいち、“真ん中がないんだからそのときの都合でどっちにでもつく。

政党名隠して日本新党と新生党に乗移っちゃった時の“一一コンビ(小沢一郎・市川雄一)っていうのがいたが・・・・・
市川は去年82歳で鬼籍に。けど時の闇将軍の近侍だったもう一方の小沢一郎は「山本太郎と仲間たち」って、ごっこ(笑)。

で、あの頃は海部党首、羽田副党首、小沢幹事長、市川総務会長、中野政審会長、神崎国対委員長・・・・・

ところが、社会党とさきがけが抜駆けで自民党と連立でババを掴まされ、それじゃあてんで、“自自公”政権。

まさに“くんずほぐれつ”の乱交政治だもの・・・・・

さすがの日本国民も気が付いていて自民党型の政治離れは進んでいった。

本当は徹底して政治を無視すればいいんだけどね。公務員とか、行政下請企業がそうも行かない。
政府予算が売上、即食い扶持なんだから。

公明党はいつだって自民党なんかケツ捲くる。
天の声、鶴の一声で。まあ、生きてるんだか死んでるんだか90歳だそうです。

昨日今日の衆院予算審議・・・・・

もう、無茶苦茶で財務省国交省がグルになって証拠を改竄、厚労省も嘘八百、そしたら終わったはずの防衛省が一年後に日報あった。
ま、今の与党自民党がアレだから、七五三「千歳飴政権」ですから国民気力なくしてます。
だって、戦後史上最大の好景気だって、あのオチョボ口で言ってるんだから有効求人倍率も最高水準って、みんな非正規、アルバイト。

「非正規だって「仕事がある方がいい」って、オチョボ口、オマエに言われたくない。
だって年収200万円前後なんだから、しかも、一生涯、そういうこと、働き方改革で、そういやあアメリカがそうですから。

公文書の改竄はありえない米国


  


Posted by 昭和24歳  at 18:02Comments(0)

2018年04月08日

【雑感】もうすぐ「悲しき60歳」、ムスターファ。

【雑感】もうすぐ60、ムスターファ。


別に難しい話なんかじゃあない(笑)。

真の民主主義というものがどういうものかは僕には分からないが・・・・・
それが学校で習った程度のものであるとしたら、
この国は到底“民主主義”等というものとは程遠い社会であることは間違いない。

商売をやっていれば凡そがそのいい加減さにほとほととすることが多々あった。
要するにこの国の社会システムは“縁故・地縁”が全て・・・・・・

こんな田舎町でも、行政、議会に“縁故・地縁”が在ると無いとでは・・・・・
もちろん生き方の選択だが物事の運びは雲泥の差がある。

国の財政も福田赳夫辺りから“赤字国債”を積み増して、二進も三進もいかないのが今日。

もっともそれ以前は戦後復興資金を米国、世銀から融通してもらっていたのだし、
それの完済が田中角栄内閣の時代だった・・・・・
それにしてもニッポンというかニッポン国民勤勉というか真っ正直というか黒部ダムの借金も、新幹線の借金も、東京オリンピックの借金も完済。
もちろん、今騒がれている“後期高齢者”が金の卵、二十代、三十代と、そんな時代の話だ。

あの戦争も異常だったが、戦後賠償に当時の金で“7兆円”も支払わされたこの国・・・・・・

今のカネに換算すれば“700兆円”だろううか。

早い話が、為替管理が解かれ、ニクソンショックの変動相場制になった辺りからこの国はアメリカの食い物にされてきているのだろう。
しかし相手は戦勝国、占領軍。敗戦国、被占領国がじたばたしたところで始まる話ではないのが事実なのだ。

今回の郵政民営化に始まった再占領。

その実、電電公社民営化との関わりを外して考えるわけにはいかない。

電気通信事業・・・・・

これは“旧郵政省”の本丸であったはず。

独立国が事実なら、国内の通信、それらは極めて国家管理下に置かれるべき最重要国策であるはず。
もちろん“冷戦崩壊”もあったのだが、米国の覇権下にあるこの国では独自の通信手段を講じることを許されるはずも無く、顕著な例が、“日本電電公社”が民営化、NTTとなり技術技術開発独自の通信回線“ISDN”を国策として推進しようとしたが、米国の“要求”(命令)で・・・・・
数兆円の建設コストをかけたにもかかわらず、廃棄する羽目になった。

それが、今日、“安い安い”と嬉しがる・・・・・・
“ADSL”そして“光”と、通信のグローバル化(アメリカ化)。  

そして、“インターネット”。

米国が、この“WWW”の回線の遮断を赦すはずが無い・・・・・・

“ISDN回線”だと、米国は一切盗聴はできないのだ。

郵政の中の“郵便”は米国にとっては何の意味も無い。

米国にとって、重要なのは“郵貯・簡保”の『300兆円』と、“電波”の『通信事業』であることは間違いない。

アメリカ、米国はこれ以上“ドル”を矢鱈めったら印刷しそれに米国民の税金で金融資本に支払うことはできない。

アメリカ国内には既に“ドル”は無い。自国通貨を“外国”から融通、米国債という形で調達する以外に無い。もちろん戦争という手段も(笑)。

そこで、自分で“偽札”を刷ってあとで誰か犯人を仕立てるくらいのことしかできない。

アメリカの公共事業。

戦争の戦費調達は最早、日本の“財政”から調達するしかないはずだ(イラク戦争では13兆円が円高ドル安工作で)。
いずれにしてもアメリカはこれからどんどん戦争をしなければアメリカの経済成長は無い。とにかくアメリカの主な工業生産は“武器”だけなのだから。

結果、日本の郵政民営化なんていう話は日本国民への目くらまし・・・・・・

大蔵省が、郵貯・簡保資金を預かり“財投”として使いまくった。
それが、“ノーパンしゃぶしゃぶ”の大蔵省解体・・・・・・
東大法学部閥の塊のようなところが、“ノーパンしゃぶしゃぶ”ごときでモノの見事に解体された(一説にはCIA工作)

小泉さん、かつて言っていた、「もう財投は改革されました」と。

ペイオフ解禁でさらに積み増された、“安全”な郵貯資金。

財投で不良債権化しそうなものはあの、橋梁談合のように、炙り出して可能な限り資金回収をする。

そう・・・・・

全てを民営化にして破綻させる。破綻させる前に公的資金を投入して不良債権処理をする。

何のことは無い、長銀、日債銀も元はといえば吉田内閣に発足した“政府系”金融機関だったではないか。

60年近く生きて・・・・・



普通の疑問からそう思う。

民主主義は与えられるものではない。

先の大戦で、あれだけの国民の命を犠牲にして、勝ち得たはずなのに、
現憲法では、米国からの“恩賜”と思わされているところにこの国の欺瞞はある。

さて、僕らの子や、孫にどのような形を伝えるべきかが悩ましい。

【雑感】もうすぐ60、ムスターファ。  


Posted by 昭和24歳  at 08:37Comments(0)

< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ