2018年03月02日

布袋寅泰にギターの手ほどきをした男

布袋寅泰にギターの手ほどきをした男


そう、本題です「手ほどき」、教えたっていやあ、僕です・・・・・・

実は新島中学時代の「高崎の超有名人」にギターの手ほどきをしているんです。

で、前記の竹内先生が布袋寅泰と吉川晃司の「コンプレックス」コンサートへ招待されたとき僕の話をして、

「憶えてるかい?」って聞いたら「憶えてない」って(笑)。

で、竹内先生に娘(当時中一)あてにサインをお願いしておいたら、後日郵送してくれて「高崎の超有名人」。

娘、そのサインを見て「誰この人?」って・・・・・

「誰って、元BOØWYの布袋寅泰さんだよ」

「知らな~い、何する人?」だって、平成6年生まれですから娘(笑)。

で、ま、手ほどきといっても一回だけだけど僕が25歳くらいで、いわゆるバンドマンだったころのことです。

というのも高崎の柳川町に「クラブ銀座」っていうのがありまして、

通称「バー銀」です。そこで僕がバンドのお仕事を・・・・・・

で、その「クラブ銀座」のママさんが「高崎の超有名人」のお母さんだったわけです。

「ねえ、うちの息子、エレキとかでウルサイのよ、先生、チョット見てやって ? 」

先生って、その時のバンマス、大矢さんです。

まっ、「先生」っていったって、あの世界では「バンドマン」はだれでも、先生です(笑)。

で、お客は誰でも「社長さん」ですから、その感覚です(汗)。

そんなこんなで、「クラブ銀座」のママさん宅へお邪魔したわけですけど、高崎工業高校の裏、表?

まあ、豪邸でしたね。まだ周り中田圃でしたけどあのあたり、高駒バイパスもなかったし、コンビニも松屋もなかった・・・・・・

で、その豪邸に、あの頃、スタジオみたいのがあるわけです。

「コレ、息子」

って、ママさん・・・・・

まあ、見上げるくらいデッカッかったです。

「チワッ」

って、ぺこりとその「高崎の超有名人」とそのお仲間が僕と先生に御挨拶。

ま、「高崎の超有名人」中学生ですからエレキ始めたてだったんでしょう、なんかギャンギャン、ドカスカやってるだけ。

で、「高崎の超有名人」に手ほどき。

「まず、メジャー、マイナーのスリーコードをどこのルートでもできるように憶えることだね。ブルースだよブルース」

そしたら、横からバンマス、先生の大矢さん・・・・・

「なんだいそのブルースって?」(笑)。

で、「高崎の超有名人」、中学生だったしその「ブルース」を知ってか知らずか「?」っていう感じで。

そんなこんなで、小一時間でその「高崎の超有名人」の豪邸をあとにした。

そうそう、やっぱりエレキの行商時代です。

世田谷のスタジオで、ソロアルバム制作中だった元BOØWYの松井常松さんとギターマガジンの対談をセットしったときのこと・・・・・・

初めてベースを買ったのが中学生だったか、高校生だったか、駅前通りの「イシズカ」だったって。

雪草楽器もあったけど、どうやら敷居が高かったらしい、でイシズカの店頭にあったつるしを買ったんだって。

対談の中で、その松井常松さん、頂点を極めた男。当時、高崎は?の問いに、

「高崎ですか?別にっていう感じですね」

布袋寅泰にギターの手ほどきをした男
  


Posted by 昭和24歳  at 12:23Comments(0)

2018年03月02日

布袋寅泰を見つけた男

布袋寅泰を見つけた男



昨日の続きです・・・・・

「うん、アレはだねぇ君ぃ、彼が高二の時だったね」

僕は美術の非常勤講師だったんだが、彼は絵が上手だった・・・・・

僕が褒めていることを知った布袋くん、喜んでねぇ~」

それがある日突然・・・・・

「彼が、『オレ、学校辞めます』って美術室に来て言ったんだ。どうしてだ?」って聞くと、

「先生、担任がオレのこの髪の毛切れって言うんです、長すぎるから」

「なんだ、別にいいじゃねぇか、なぁ、髪の毛長くたって」

僕がそう言うと、彼が・・・・・

「何言ってやんでェ、キリストだってロン毛じゃァねェかって。そう言ってやったんです」

「そしたら、担任なんて言った?」

「バカ、オマエ“キリスト”じゃあねぇだろう、だって」

「そうだよなぁ、キリスト様が髪の毛、七三に分けたりしてたら笑っちゃうしな」

「いいから、校則だから切れって言うんです。」

「で・・・・・」

「だから、オレ、だったらこんな学校辞めてやる、って退学届け」

まあ、竹内先生というか、今は「竹内画伯」なんだがとにかく面白い・・・・・

「先生、まあ、新島はいいにしても教職とってないのになんで小学校の教師に?」

と、僕が聞くと・・・・・

「ああっ、そういえばそうだなぁ、公立の小学校だしな、なんでだろ?
あの時代ゆるかったんかなぁ、っていうか、美術、まあ小学校だから図画工作みたいなのを教える、っていうか、
まあ、お遊びだから、しかも低学年、そんな教師いなかったんかもな」

「で、先生、小学校3年の時の氷室京介ってどんな生徒でした?」

「ああっ、元気良かったよ。松井が2組で、かまちが3組で、担任だったんだが、
氷室は4組で、よく休み時間には3組に来てかまちと戯れてたよ、氷室たち」

「先生、どうなんですか、それで・・・・・音楽のある街高崎って?」

「ああっ、それねぇ。街歩いていてもそれらしきものないしなぁ」

「先生、それだったら、いっそうのこと“ロックのある街、高崎”にしちゃったらどうでしょう?」

「なにっ、ロックのある街ってか、なんだそりゃ?」

「いや、実は僕がですねぇ、エレキの行商で全国を回ってる時、楽器屋へ営業に行くと必ずロック少年がいて、僕が高崎出身だって言うと・・・・・
ええっ、じゃあ、BOOWY、布袋と会ったことあるんですか、氷室とは、松井とは???
って、そんな質問をされるとき、決まって、その少年たち・・・・・
“高崎”って日本のリヴァプールだよなぁ、ある意味ロックの“聖地”みたいなもんだし、BOOWYにバクチクが出たし」

「へ~っ、日本のリヴァプールねぇ、高崎が、ねぇ」

と、先生、妙に感心する。

「そういえば、かまちの描いた絵に“プリーズミスターポストマン”ってぇのがあったなぁ、あれってビートルズなの?」

そうだったんだ、かまちも天才的ロックアーティストだったのかも知れない。

8月10日、上半身裸で、エレキのコードを体に巻きつけて・・・・・夭折?

「たしか、高校2年の夏だった。あいつ、いろいろあって一浪して高崎高校にじゃぁなかったかなぁ。
氷室とは結構交流はあったみたいだね。かまちの作品に一文寄せてるしな」

おそらく誰もが認める、国内だけじゃあなくて外国でも、BOOWY・・・・・・

“ロックのある街高崎”

「日本のリヴァプール高崎で、ロックフェスティバル、やらない手はないと思うんだけど、どう、先生?」

「おお、それいいじゃないの、それ!!
BOOWY、メジャーになる前高崎でのコンサート、音楽センター貸してくれなかったって言ってたから、音楽センター、どうせなら“ロックの聖地”にしちゃったらいいのになぁ、使わないんだから」

さすが先生、いいこと仰る。ロックだから音響がどうのこうのクラシックみたいなことは言わないし・・・・・

ボロボロになった「音楽センター」でもいいんじゃないのかなぁと。

「君、23日、PM7時だよね。楽しみにしてるからね!!」

そう言って、赤いBMのアクセルを吹かしながら、ニコット・・・・・・

そうだ、竹内先生と飲む約束してたんだった23日、PM7時に、末広町のいろりで。

布袋寅泰を見つけた男

  


Posted by 昭和24歳  at 08:21Comments(0)

< 2018年03>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ