2018年02月09日

Gメッセ群馬で「柳川町繁盛記」かもね(笑)

Gメッセ群馬で「柳川町繁盛記」かもね(笑)

「お江戸見たけりゃ、高崎田町」と、その繁盛ぶりが歌われた中山道の要衝の地―高崎市に誕生した『柳川町花街物語』。北関東の「吉原」と囃され、華やかに、賑やかに咲き誇った色街の人々の生活と、時代の流れの変遷史。

生かすも殺すも・・・
オール与党のセンセ次第です。
胡麻の蝿以外は(笑)


世の中には裏と表しかないんで・・・・・

なんか、レトロ・アヴェニューとか言っちゃって矢鱈、風俗出店しちゃいそう(笑)。

ま、そんなもんです。街外れなんだし中銀レトロ、その先何にもないし。

そうです、昔はバーやクラブがひしめき合っていて休日は正月元旦くらいしかなかったね。

柳川町で語り、バンドマンやってた頃はラートさがすのが大変だった。

最盛期はクラブ2軒掛け持ちで、それがはねると深夜サパークラブへ午前〇時から出勤深夜3時まで。

すごいのなんのって、そのサパー、売上が毎日30万円。昭和54年頃です。

で、柳川町なんだけど、チョイとしたオネエサン2、3人いれば売上ウン十万円ですから一日でバンドのギャラ稼いじゃう・・・・・

ま、客単、チョイうとした店なら1万円。クラブ銀座でも仕事したけど客単2万円はくだらなかったろうね。

もちろん、不動産屋とか建築屋の社長さんがほとんどで、ガラ悪かったけど、カネ払いはよかった。

鬼石の石屋なんか腹巻に万札詰めて長靴できてたもの(笑)。

もちろんカラオケなんてない時代だから、お客は歌いません、たまにバンドをバックに歌うオヤジさんとかいたけど軍歌でした。

今でもありますね、オイラが仕事した店のあと、そのままです(笑)。

で、Gメッセです。とにかく皮算用は年間100万人、アリーナ、芸術入れると群馬県民より大勢の人が高崎へとなびく。

そしたら、柳川シャトルバス、じゃあ貧乏臭いからリンカーン「リムジン」でGメッセから送迎。

できたら観光馬車なんていいんじゃあないの?

シカゴのコンヴェンションも、アトランタのコンヴェンションも街中、馬車が走ってました。

で、馬車、4人で乗って街中一周20ドルだったか。30年前の話だけど、コレ↓、シカゴの観光馬車。



まあ、「ぐるりん」じゃあ洒落になりません。運転手ときたら愛想悪いし。

皮算用だと、タクシーも足りないですね。もう乗用車はやめてリムジンとまで行かなくても大型ワゴン車でゆったりと。

しかも、オンデマンドで、街中どこでも乗り降り自由にするとか。

そしたら、柳川町も大繁盛で前橋、太田から出店の嵐でしょうね、困ったなぁ、どうしよう・・・・・

Gメッセ群馬で「柳川町繁盛記」かもね(笑)
  


Posted by 昭和24歳  at 18:15Comments(0)

2018年02月09日

群馬コンベンションセンターの愛称は「Gメッセ群馬」?

群馬コンベンションセンターの
愛称は「Gメッセ群馬」?


2020年春の施設完成の暁には・・・


愛称は「Gメッセ群馬」
群馬県が高崎競馬場跡地で建設計画を進めているコンベンション施設の起工式が11日に現地で行われた。

大澤正明知事は起工式で「本県の玄関口であるJR高崎駅の近くに奇跡的に残された大規模空間を50年先、100年先の群馬のために生かしたいという強い思いから、人もの情報の集積拠点として、群馬コンベンションセンターの整備を決断した。2020年春の施設完成の暁には交流人口の増加による新たな経済需要の喚起、企業のビジネスチャンスの拡大、新産業の創出、若者や女性が活躍できる魅力ある雇用の創出につなげ、本県の発展を実現したい」とあいさつした。

<抜粋引用:高崎新聞(2018年01月14日)>
http://www.takasakiweb.jp/news_cat/6755/

さ~て困ったぞ~

あと2年しかないけど、どうすんだろ宿泊施設。

ま、どうせ決まってるんだろうけど、それにしたって「今は言えない」って大澤知事。

「今でしょ!!」大澤知事(笑)。


で、年間100万人からの来場者を予定してるらしいから、月計算だと8万人強が数日間滞在するわけです。
それに既に着工している芸術センターと、開業している高崎アリーナ、そしたら年間・・・・・
100万、いや、200万人が、っていうかそれくらいの来場者がないとペイできないと思うんだが。

そしたら少なくとも月間10万人くらいの来場者、宿泊者が、計算通りなら皮算用できるわけです。

ま、現状でも高崎のビジネスホテルはめいっぱいらしいし、いわゆる観光ホテルはビューしかないわけだし・・・・・
ビューだってそんな規模はないし、しかしカネ使って皮算用外れたらそれはそれで泣きっ面にハチだし(笑)。
ま、県がケツ持ってくれるんなら話は別だろうけど、ま、難しいところですね。

ここはいよいよドンレミーの出番でしょうか、微妙だけどね。

まあ、「Gメッセ群馬」の東側はだいぶ土地空いてるし、玉村スマートインターチェンジ辺りまでならOKかも。
しかし時々通るけどホテル建設の様子は見えないし、どうなんだろ?
大澤知事としては前橋、地元の桐生使って欲しいんだけど、いどる距離がありすぎ(^_^;)

で、アレです。メッセ、日本全国はおろか、ま、メッセですから基本、世界中からの来客を予想してるんだろうけど。
新幹線、高速でおよそ1時間の距離だし。で、東京と違って宿泊滞在にも割安感が欲しいところだろうけど・・・・・
問題はクォリティっていうか、アメニティっていうかレベル的にハイソな紳士淑女も高崎に来るわけですね。
そこで、食事にしても「ダサッ」じゃあリピートないですね。
そこで和風でシャレオツな料亭って言ったら今や「暢神荘」くらいでしょうか、独立系は、メトロ、ビューはともかく。
ま、高崎名物パスタのシャンゴだけど、イタリアのうどん屋ですし、ステーキだってハイソな舌をうならせるモノ出せるかなぁ?

そんなわけで、最も重要なのが「紳士のディズニーランド」です(笑)。
綺麗になりましたねぇ、高崎レトロア・ヴェニュー、ちっともレトロじゃあないところが素敵です。
当然、昭和の北関東最大の歓楽街柳川町は伝統が違いますからそら極上のおネエさんのおもてなしが期待できるかも。
ま、新潟の朱鷺メッセだって、吉原なみとまではいかないけど紳士のニーズにお答えしているようですから。
まあ、それもこれも行政のお勤めですから、硬い事を言っていてはメッセ、成功しません。

あとは「世界おもちゃ見本市」とか、「アニメ」とか「コスプレ」とかあったらそれに見合うアフターフォローも考えないと。
アキバのメイド喫茶とか、子どもたちファミリー層には群馬サファリもいいけど観音山丘陵にハウステンボス創るとか。
とにかく、アリーナといい、芸術センターといい、メッセといい、集客命なんだからチマチマとお茶濁しちゃあいけませんね。

ま、いずれにしても順調に行けば高崎市にとっては経済効果はバッチリだし、雇用も増大します・・・・・

そんなわけで、行政の手腕の見せどころです。
さて、大沢ちゃん、来年の知事選にも立候補するんでしょうか、4選目だけど・・・・・
ところで高崎市長もです、ここまで風呂敷広げたからには綺麗にたたんでからって言うともう一期?

群馬コンベンションセンターの
愛称は「Gメッセ群馬」?



  


Posted by 昭和24歳  at 11:44Comments(0)

< 2018年02月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ