2018年01月04日

初詣から「寅さん」が消えちゃった

初詣から「寅さん」が消えちゃった

祭りや縁日、盛り場で、必ず目にする露店や興業。香具師(やし)は、そのいかがわしくも心ときめく輝きの中で、かつて絶対的な存在感を放っていた。そのうさんくさい芸、巧みに聞かせる口上、客との密なコミュニケーション……。どこか懐かしさを感じさせる香具師たちの姿を見かけることは、今ではすっかり少なくなってしまった。異能の芸能者たちは、一体どこで何をしているのか。その足跡をたどって、日本各地への旅に出た。

香具師、テキヤ、露天商が消えちまった。
小池百合子風に言ったら、「排除しました」ってことかい?

まあ、、そのご商売を生業にされてきた親分さんも子分さんもどうしちゃったんだろうねぇ、ったくだよ。
その昔にゃあ、街中に住んでいたもんは高崎神社と相場が決まっていたんだがね。
そうさ高崎神社の参道の始まりは新紺屋町の花のハットリあたりから、づ~っと高崎神社の拝殿までそらぁ、賑やかでしたね。
当然」露天商」、露天商とは言っても戦後のことですからね売ってるもんて言ったら百姓が使う篭とかテンガとか・・・・・
で、昭和30年代、まだ下駄草履の時代だったから鼻緒直しの鼻職人とか下駄の歯の貼替えやだとかがね、そら忙しくしてたね。

たまたま同級生のSくんちの実家が当時は花形の下駄製造工場でお父さんは満州浪人だったみたいでね、象牙を使った彫り物を商ってた。
当時はまだまだ食糧難だったんだろう、もちろん下々、鼻を垂らしてアカギレ、シモヤケだらけのガキなんぞは綿飴一つねだるのもよいじゃなかったね。
そうそう、八間道路の夜店もそうだったけど、カーバイトの灯が煌々とした中で、5円の飛行船ゲーム。
でね、ピタリと当たると薄っぺらなべっ甲飴がもらえるんだけど、これがなかなか当たらない、で、いつものことでハズレがカバヤのキャラメル。
で、高崎神社に着くと恒例ののど自慢大会が、ステージを設えたその中で、まあ、玄人はだしです、皆さん。
中でも「イヨマンテの夜」の片腕の近藤さん、頭をポマードでテカテカにしれた、刃物研ぎの寅さん、「寅さん」と言ったかどうか、とにかく寅さん。
その寅さん、いつもは砥ぎ道具をでっかいハンドルにスプリングの巻き付いた自転車で「赤いランプの終列車」を歌いながら流してたね。

そう、そして時が経って、昭和も50年代になってくると高崎「ふるさと祭り」だね。これには山車も20数台出て・・・・・
「香具師、テキヤ、露天商」と街中が「フーテンの寅さん」でむせ返っていたそんな古き良き時代でしたね。

実は、私生まれは碓氷郡豊岡村大字引間、烏川の霊水の産湯につかり今日があるわけでしてね、そうしたことからご案内の「少林山」とは縁があって楽士の傍らその少林山のタモトで「スナック」などを細々と商ってました。
で、ま、3年続いたんですけど、その間三度の少林山だるま市、全国津々浦々から「寅さん」が全員集合するわけです。
そんな折、地元、高崎のてきやの親分さん三代目が同級生で、ショバ割りのミーティング御前会議を我がスナックでやっちゃうわけです。
まあその同級生、手際よく他所からくる親分衆を有無を言わせぬ貫禄でしきっちゃってるのにはクリビツテンギョウ(笑)。
学校の時はそんな感じ、全くなかったんだけどある意味斬ったハッタの世界だから覚悟しなすたんでしょうけどね。
で、「なめ猫」全盛の時代でしたからそれはそれは愉快な時代でした。もちろんポケベルもケータイも、ましてやLINEなんてないわけでして、つまり人と人が触れ合ってのコミュニケーションの時代とでも言ったらいいんでしょうか・・・・・

で、「高崎まつり」といえば末娘が小学生の頃は「亀釣り」にはまっちゃって、亀釣りのおじさんに「もうやめたほうがいいよ」ってたしなめられたやってました。
ま、長女は大きくならない「カラーひよこ」があっという間に大きくなっちゃって、次女は次女でこれも大きくならないはずの「子うさぎ」がもちゃがらないくらい起きくなっちゃって大変な思いしてましたね。

そんなわけで「フーテンの寅さん」御上から排除されちゃって、祭りが味も塩っからけもなくなっちゃって・・・・・
そんなも、トーシローのネェちゃんだかおばちゃんだかの焼いた「焼きそば」、焼きまんじゅう、唐揚げなんて大体が参拝客を舐めてるね。

すなんです、「イカ丸焼き」「ゲソ焼き」「チョコバナナ」「綿飴」「寅さん」じゃあなきゃあダメなんです。

結構毛だらけ猫灰だらけ、お尻のまわりはクソだらけってね。タコはイボイボにわとりゃハタチ、イモむしゃ十九で嫁に行く、ときた、黒い黒いは、なに見てわかる、色が黒くてもらいてなけりゃ、山のカラスは後家ばかり、ね。色が黒くて食いつきたいが、あたしゃ入れ歯で歯が立たないよときやがった、どう、まかった数字がこれだけ、どう、ひとこえ千円といきたいが、ダメか、八百、六百、よし、腹切ったつもりで五百両、もってけ、オイ!


初詣から「寅さん」が消えちゃった
  


Posted by 昭和24歳  at 17:53Comments(0)

2018年01月04日

幻想の平和ではない現実の「平和」。

幻想の平和ではない現実の「平和」


ローマ法王、長崎原爆後の写真「焼き場に立つ少年」配布
 カトリック教会のローマ法王庁(バチカン)が昨年末、教会関係者に向け、1945年に原爆投下を受けた後の長崎で撮影された写真入りのカードを配布した。フランシスコ法王が配布するよう命じたもので、教会関係者によると、法王が年末にカードを配布するのは異例。「核なき世界」を訴えてきた法王が出した強いメッセージと受け止められている。

 カードには、米国の従軍カメラマン故ジョー・オダネル氏が45年に撮影した「焼き場に立つ少年」が印刷されている。法王はこの写真に「戦争の結果」とするメッセージと自身のサインを添えた。

 法王はカードに「亡くなった弟を背負い、火葬の順番を待つ少年。少年の悲しみは、かみしめて血のにじんだ唇に表れている」と、スペイン語の説明も加えた。

 法王は昨年11月に核軍縮をテーマにしたシンポジウムの参加者に「核兵器は人類の平和と共存しない」と述べるなど、核廃絶を求めるメッセージを全世界に投げかけている。(バチカン=河原田慎一)
01月02日 17:38朝日新聞
https://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/ASL124Q7HL12UHBI009.html

この死んだ弟の火葬を待つ少年は当時国民学校5年生、6年生?

この写真を見せられて、北朝鮮のミサイルがどうのこうのは正気の沙汰ではない。

ま、正気ではないんだろうけど・・・・・

我が旧大日本帝国にしたって、中曽根政権以降200兆円からの防衛費えお国民から搾り取った税金で宗主国様に献上。

その間、超円高、バブル経済とその崩壊、阪神淡路大震災、そしてリーマンショックから東日本大震災。

そうです、団塊世代、戦後のベビーブーマー世代が全員70歳を超える今、この国の平和は幻想などではない、平和という現実。

今、北朝鮮がとかか、核ミサイル攻撃に備えるべきとかオウム返しに喧伝する輩はその現実とは遠く離れたところに生息する。

銀座、赤坂、六本木の高級クラブ、フランス料理、寿司屋でほおばりながら70年前を想像すらしない、いや、できない。

世界でいえば、アメリカの団塊世代はベトナム戦争最後の徴兵の被害者だった・・・・・

中国共産党の紅衛兵も一緒で、愛理もしない非現実、戦争という幻想に煽られて人生の貴重な時間を浪費させられた。

翻って、日本はどうかといえば団塊世代、現在の70歳代はエレキに、フォークソングに、ビートルズにと天国。

片方では世界同時革命とかに乗せられて、内ゲバ明け暮れ、それでも寄る年波で湖国が恋いし、逮捕覚悟の帰国。

ま、韓国の団塊も可哀想です。北朝鮮の団塊も可哀想です。無理やり蝶へさせられ洗浄に引き釣り出される。

さて、今となってはどうすることもできないのだろうが、団塊世代の息子、娘が40歳代です。

そして孫も高校生、大学生、どうすんだい???

蛙の子は蛙でもいいが、総理の孫までが総理じゃあ、そら、世の中おかしくなります・・・・・

幻想の平和ではない現実の「平和」
  


Posted by 昭和24歳  at 14:09Comments(0)

2018年01月04日

悪徳代官が操る大臣(2008年1月5日)

悪徳代官が操る大臣(2008年1月5日)

揃いも揃った世襲(笑)



「この澄田智が、金融界での天下り人事の支配者であり、和田敏信が産業界での天下り人事の支配者であった。
そして驚くまいことか、大蔵省・澄田智の長女と、通産省・和田敏信の長男が、 - 結婚していたのであった。」

政治家と官僚と実業家のトップが、完全なまでに融合し、利権を中心に家族を構成している。

今から丁度10年前、1997年に出版された―――――

広瀬隆著『私物国家』

この著書をきっかけに広瀬隆氏の出版物はほとんど読んだ。
国際金融、ロスチャイルド関連から、原発関連、ハリウッドと米政府・・・・・
小説仕立ての『漢方経済学』や『いつも月の夜とは限らない』、『兜町の妖怪』等々。

氏は一時TBS、日曜朝の“関口宏”には1990年初頭にはレギュラーで出ていたがいつのまにかほとんどその顔を見なくなった。
そんな学者、評論家、ジャーナリストの中にはあの奇怪な“小室直樹氏”とかその弟子の“副島隆彦氏”などはいずれも降板となり、
それ以降、全く“メディア”、テレビに見ることはなくなった。
昨今、当節の“御用ジャーナリスト”とは異なり持論自説を曲げないそれにはいつも痛快さを覚えていた。


澄田智―――――

元日銀総裁。大蔵事務次官、輸出入銀行総裁、日銀総裁、現在は“日本ユニセフ協会会長”
群馬県吾妻郡高山村出身。父親は陸軍中将“澄田ライ四郎”フランス駐在武官、張作霖爆殺事件の首謀者と言われている。
さらに終戦時まで満州利権を支配した重罪戦争犯罪人であったが・・・・・

吾妻郡高山村は沼田、中之条間の沼田街道の中間にある村。JRが通っているわけでもなく、知る人ぞ知る山間の村。

和田敏信―――――

既に故人だが、元通産事務次官。石油公団総裁、このほか石油関係十数社の社長を歴任する。
解体された“石油公団”負債総額が約2兆7,500億円の張本人であり、泉井石油商事件等で疑惑を指摘される。
故・渡辺美智雄元通産大臣とともに“ベトナム油田開発”にからむ汚職に疑惑も。
父親は海軍中将、和田専三。

広瀬隆著の『私物国家』はこの国のごく限られた者だけが国家予算を差配、支配する様を“実名”をあげて糾弾する。
その著書に限らず『漢方経済学』等々も登場人物、作家側意外は全て“実名”。
そこに挙げられた“高級官僚”、“政治家”、“財界人”、その犯罪が書かれているにもかかわらず、
これまでその登場人物が、広瀬隆氏、出版元への訴訟の話をこれまで全く聞かない・・・・・・
ということは、それが“真実”であることを物語っているのではないか。


“政官財”・・・・・これは順序が逆かも知れない。正しくは・・・・・・

“財・官・政”であろう。

持ち株会社解禁で完全に“財閥”は復権した。
そのことは戦前のこの国の国家スタイルに戻ったことを表している。

非常勤、アルバイト、日雇い・・・・・社会保障の断たれたいわゆる“ワーキングプア”階層の国民。
事実上、失業とみなされるその就労実態は、政府の言う「完全失業者」と併せればその人口規模は“1千万人”以上にもなる。

当然、そのような就労・・・・・・
政府、厚労大臣は、

「そのような働き方を望む人もいる」

と言うが、それは企業がそうした雇用スタイルしか受け入れない現実がそこにあるからではないか。
なぜなら、企業はその収益の中から負担を義務付けられている年金、雇用保険、医療保険の「社会保障費」の半分を負担しなければならないからだ。

つまり、そうした大企業は完全に“社会的義務”を放棄した・・・・・
政管健保、厚生年金、雇用保険の加入者、企業の減少。それは「改革なくして成長なし」と言った小泉政権の非人道的政策に他ならない。

たしかに、その“改革”によって、大企業は“成長”した。

昨今の求人広告のほとんどが「派遣請負業」ではないか・・・・・・
“グッドウィル”も告発され、業務停止となったが、その悪質さは聞いただけでも空恐ろしい。
あきらかに、そこに“労働行政”の、そうした、派遣業者との癒着の作為をそこに感じないわけには行かない。
それ以前に、“労働法改悪”、“派遣業法改悪”。政治がそういうシステムを国民に強いた結果が今日ではないか。

大企業は空前の利益をあげていると報道はする・・・・・・
しかしそうした中の、ホームレスであったり、ネットカフェ難民であったり、バーガーショップ難民であったり・・・・・
法定最低賃金、時給、700円前後で就労せざるを得ないおよそ“1千万人”の“ワーキングプア階層”。

日給、7000円前後、月収15万円にも満たない生活を余儀なくされる・・・・・
この国のシステム。

その実態を直視して、“政治”は言っているのだろうか。

「最低賃金法の見直し」

その最低賃金を時給“1000円”に・・・・・・

「そんなことをしたら、今度は企業がもたない」

と、自民党政治家は言うが、今のままでは、日本国民のほうが“もたない”。
手取り、14、5万円で自己責任の国保、国年、その他公共料金、どうにして払えと言うのだろうか。
もしそこで、風邪でも引く、事故でも起こして仕事を休むとなれば、その日から無収入。
当然、国保からは外され、医者にもかかれない。雇用保険にも非加入だから失業補償もない・・・・・・

「生活保護」でもと、役所に行けば門前払い。

「オニギリが食いたい」と餓死。

それはその“社保庁”の醜態を見ても、昨今の凄惨な家族同士の殺し合いの報道を見ても、
それは社会の崩壊を示唆するかのような現象ではないか。

そこから救われるのは、精神的に救われるには・・・・・・
何も考えず、ただ働いて、食べて、寝ての日々を過ごすしかない。
本も読まず、映画も見ず、わずかな享楽と言えばネットカフェで過ごす、ゲーセンで過ごす、あとはひたすら眠る。

これこそが、“財・官・政”が狙うこの国、“美しい国”のあらまし。

そして、やがてその1千万人の“階層”は自ら進んで、無意識に“兵士”となり戦場に消える・・・・・・
このままではそんな時代の到来も現実のものとなり得るのではないか。

僕の孫が、あなたの孫たちが、そうならないと言う保障。それは今はない。
残念だが、悲しいことだが・・・・・・

政府が隠しとおす、年金基金の実態。1千兆円とも言う負債の実態。
50年、100年かけてそれの解決を言うが、それが“戦争”であると言うことは、

“歴史”が証明するところではないか。

公明党、坂口力元厚労大臣が、官僚の作文を言った・・・・・・

「百年安心年金」。それはまだつい昨日のことではなかったか(笑)。

敗戦敗退、玉砕にもかかわらず「大日本帝国陸軍は勝利を目前!!」。
そう言って、国民を騙し続け、終戦工作さえできず、ヒロシマ、ナガサキの惨劇に国民を貶めた。
「原水爆人体実験」に・・・・・・

国民に選ばれない政治家は官僚の、財界の“パシリ”でしかない。
そして、立法、行政に国民の姿のない政府は、財界の「道具」でしかない・・・・・

『私物国家』広瀬隆著
http://www.oct.zaq.ne.jp/poppo456/in/b_sibutu.htm

今朝の報道によれば、アメリカの雇用統計が相当マイナスにと・・・・・
株価は一気に300ドル前後下げ、ドルもついで売られる。

民主党政権になって、イラク撤退、インド洋艦隊引きあげにでもなったら、
政府与党“自公”はどうするのか・・・・・

「テロとの戦い」に給油する艦船もいなくなるかも知れない。

日々の報道の行間に事実を垣間見る・・・・・

忘年会で、年忘れで、「守屋も、山田洋行も、秋山某も」忘れてしまったのだろうか。

そういえば、数百億円の水増し請求をやった“NECグループ”の元締め、「関本」が逝った。
この国の醜悪は昨日今日じゃあないことに国民は気を留めるべきではないだろうか。

悪徳代官が操る大臣(2008年1月5日)
  


Posted by 昭和24歳  at 13:24Comments(0)

< 2018年01>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ