2017年03月19日

変質した自民党はストックホルム症候群w

変質した自民党はストックホルム症候群w


↑極東国際軍事裁判ではA級戦犯被疑者として3年半拘留されたお歴々。
巣鴨プリズン症候群

犯人と人質が閉鎖空間で長時間非日常的体験を共有したことにより高いレベルで共感し、犯人達の心情や事件を起こさざるを得ない理由を聞くとそれに同情したりして、人質が犯人に信頼や愛情を感じるようになる。また「警察が突入すれば人質は全員殺害する」となれば、人質は警察が突入すると身の危険が生じるので突入を望まない。ゆえに人質を保護する側にある警察を敵視する心理に陥る。

<抜粋引用:ja.wikipedia.org>

今の自民党は「三世」世代です。
まあ、戦中、若手官僚だった世代が吉田茂(麻生太郎)、岸信介(安陪晋三)、家訓だろう・・・・・

「日本は戦争に負けてない」

確かにです。勝負に負けたのは「アメリカ」に負けただけで、イギリス、フランス、オランダその他大勢には勝利した。
それが証拠に欧米列強の植民地だったアジアはその植民地から解放されたわけです。
まあ、今の中国と戦争したわけじゃあない、アメリカとつるんだ蒋介石率いる中華民国と戦争したわけです。
今の中共はゲリラだったわけで、戦争が終わったら内戦で蒋介石の中華民国は台湾に逃げた・・・・・
当時のソ連とだって戦争したわけじゃあない、日本が負けそうだとなると条約を無視して宣戦布告です。

しかし、アメリカに負けて極東軍事裁判、四の五のいったところで戦争指導者と目された官僚はA級戦犯容疑者として裁かれた。
で、明治生まれの官僚、軍人は処刑されたわけです。
どんな強がり言ったところで、喧嘩に負けたらおしまい、ヤクザの抗争だってそうですから。

で、森友学園なんだが、あれって自民党政治の末期的症状ですね・・・・・
まあ、政治家ばっかじゃあなくて官僚もそうだけど、世襲も三代目ですからトロトロです。
しかしアレだ、日本が戦争に負けたってぇ証拠に、米軍、横田基地、横須賀基地、三沢基地、岩国基地、佐世保基地沖縄基地がある。
つまり、日米安保だとか、同盟だとか言ってるけど、そんなもんあるわけがない、そこにある現実は勝者と敗者だけ。
で、森友の籠池だって昭和27年生まれくらいだろうから「教育勅語」とか言ったところで門前の小僧以下です。

つまり、戦後のレジュームとかもはや戦後ではないとか政治家先生言ってるけどその意味では日本は対米敗戦国です。

で、その“敗戦”。戦争に負けて、占領されているにも関わらず、「終戦」なのである。
昭和20年8月15日までの8ヶ月間で100万人近い国民が殺されたというのに「終戦」なのである。

「戦争に負けた」のではなく、「戦争は終わった」のだと思いたい“ストックホルム症候群”。

この、ニッポン国民の感情とは一体なんなんだろうか???

あの、日本共産党までがその「終戦」の一時には米軍(連合軍)を“解放軍”といい歓迎の仕草。

「戦争に負けた」のではなく、「戦争は終わった」のだと思いたい・・・・・・
「負けたのではない」のだから、責任をとるものはいない。
「戦争は終わった」のだから、戦争を遂行した、軍政とはいえ行政官はそのまま「戦争の終わった」ニッポンを行政する。


そして戦後の三世世代当然のように縁故、コネ、情実で、その息子が、兄弟が、親戚のものが役人になったり、政治家になったり。
復員兵、満洲からの引揚者。そこでも“運”のいい、縁故、コネのある特別な国民は行政職に就く。

一般国民の窺い知ることのないそれが「官の社会」。

旧国鉄がそうであったように、専売公社が、電電公社が、郵政公社が、県庁、市町村役所が、公立校が・・・・・・
親が、役人、教員であれば、息子も娘も弟も妹も・・・・・これって「人情」(笑)。

実は、僕の父親が旧国鉄職員で、父親の兄、つまり伯父も旧国鉄の職員、従兄弟も旧国鉄の職員。
当然僕の父親も、僕を国鉄の職員に・・・・・したかったし、できた。
しかし僕は親不孝にも「音楽界」というヤクザな社会に身をおいてしまった。

従兄弟が旧国鉄の職員で組合活動に、民営化“JR”で全ての道は閉ざされたが。

満州から引き揚げた伯父が市役所の市民化課長で退職。当然従兄弟の息子も市役所勤務。
子どもの頃からそう決まっていた(笑)。

「負けた」のではない、「終わった」戦争。

無辜の命をよそに「手柄話」にも花が咲く。“同期の桜”とともに・・・・・

中高の歴史教科書でもそこのところが実に怪しい(笑)。

「終わった戦争」だから、「再開」するかも?

韓国が竹島(ドクト)を韓国の固有領土として軍事占領を発動する韓国議会・・・・・・

尖閣諸島は中国の領土と主張して譲らない中華人民共和国。

さて、日本政府はどう出るのか?

内閣総理大臣、巣鴨プリズン症候群の孫は「戸締り」と、バカバカしい発言に終始しているが。

すでに戸が破られて我が家に押し入られているではないか・・・・・

尖閣諸島海域では中国が海底油田採掘、日本の石油が盗まれてるではないか。

小笠原では赤珊瑚が漁船を偽装する中国民兵船によって泥棒されてるではないか。

しまいには韓国の論調だと“竹島”の次は“対馬”までが韓国領土だとか言い出す始末・・・・・・

どうしましょ(笑)。

安倍首相、わかりやすく説明すればするほど、わかりづらくなる。

森友疑獄、幼稚園児に「教育勅語」を唱和させるという「ブロイラー教育行政」、これを称えてどうするつもりだったのか。
しかも、「教育勅語」の「きょ」も知らない世襲三世世代、中にはガチなのも昭和戦中生まれ世代もいるけど。
まあ、籠池先生も洗脳されてるんだろうけど、っていうかそういう世界でしか安堵できない生き方をしてたんですね。

変質した自民党はストックホルム症候群w
  


Posted by 昭和24歳  at 17:40Comments(0)

2017年03月19日

未来の僕たちへ

未来の僕たちよ


囀り石、囀石(さえずりいし)
群馬県の文化財である大きさ約4メートルの巨石。しゃべり石ともいう。 


時代を囀り、瓦礫の中・・・・・
僕等は始まった。

昭和32年、北海道北見から・・・高崎の炭鉱(炭田)へ。
同じ頃、下久保ダム建設で埋没のため「一部落」高崎の観音山丘陵北端に入墾。

「母子寮」というのもあった・・・・・日本の至る町にあったのだろう。
僕等の同世代の子どもたちが殆どだったので、父親が「戦死」したという事情ではないようだった。
敗戦の瓦礫の中、ただ「生きる」ことだけに生きる母と子ども。

満蒙開拓団、所謂「満州帰り」。新婚で国に誘われるまま満州に渡り、そして敗戦。
命からがら、乳飲み子を残し焦土を踏んだ若い母親・・・・・・

それが、僕等の「母世代」です。

そのまま、夫は「お国の三百里」の土になったやも知れず・・・・・
30代そこそこの「母達」の明日知れぬ暮らしが、昭和20年8月15日を境に始まった。
僕の世代、年子で4人兄弟、姉妹は当たり前・・・・・

街には廃墟の中にもバラック仕立ての2軒長屋がいっぱいだった。
水道、洗い場は「共同」。大人達の心は「荒み」きっていた。
大人たちは、ただ敗戦という理由に180度の価値観の変貌に世間を忌み、嫉み、妬む。

そんな時の、松川事件であり、三河島事件であり、三鷹事件であり、帝銀事件だったのろう・・・
街は、喧騒に溢れ、怒声、罵声の渦・・・・・全ての食糧が「配給」。

そんな中、僕等は湧くように生まれたのだった。

忘れてはいまいか、かつてのあの時代の、その世情を。
今のように、政治に不満を云うどころの騒ぎではない。
国民が食うことに、生きることだけに精いっぱいだった、そうした世情の責任を回避したまま・・・・・
戦争責任者たちはこの国を売り、狡猾にも再び、この国を私腹し始めた。

伝播されているように、A級戦犯の「巣鴨プリズン」謎の出獄である。
公職追放されていた、その時分、40代からの時代の支配者たちは見事に復活し・・・・・
占領政策に、新憲法下、普通選挙でこの国を誑し始めた。

中国革命、朝鮮動乱で米国の後方支援、兵站基地として、ものの見事に他国を犠牲に「経済復興」を遂げ、
後にも先にも、猿芝居「政・官・財」癒着の「55年体制」を、物言えぬ民草を踏みつけて謀った。
そして今日、国家は厚化粧のなか、創られた「豊かさ」も崩壊し世相は変わったかに見えるが・・・・・・
世情は何らの変化を見ない。

あの時のままだ・・・・・

逝った人の、逝った人の世襲者たちの「潜み笑い」が囀り。

あの時の極度な貧困化に湧くようにして生まれた世代が「団塊の世代」と煽てられ、
醜いほどの消費、消耗文化を弄んだ、その「ツケ」の精算はまだ済んでいない。
それは、湧くようして生まれた、そしてその一世代上の戦中生まれ世代・・・・・
いわれる、「4人に一人」がその次世代、次々世代に集ろうとしているがそれでは持つまい。

精算しないまま逝くのですか。「醜塊」を遺したままで・・・・・

せめて、自分の「戒名代」くらいは、今、遺しておきましょう。生きているうちに。
葬儀一式400万円くらいが相場とか。
そして、あの世への戒名代、「税務署がうるさいもので」と20万円、40万、70万円・・・・・・
「その先はお気持ち次第です」とお釈迦様の使途が品書きをそっと出す。

僕等世代、合わせたら、戒名代だけでも、ほぼ、3兆円・・・お寺さんがお待ちです。
別に神仏を冒涜するつもりはありませんが、仏になるのに(仏教のみ)借り物の祭壇、儀礼に400万円は・・・・・
おくり人の皆様には申し訳ありませんが、その莫大なおカネ、もっと違う使道もあるのではないでしょうか。

葬儀社の、病院への売り込み合戦も壮絶らしいですからと報道特番。
やはり其処でもその地の有力者(議員)が跋扈するという。

せめて、人としての最後くらい、
いや、死んでまで「商品」にされたのではたまらない。

いつのころから、そういう死人(しびと)を商品にする世相になったのか・・・・・・
僕が知る限り、僕の祖父母の葬儀(昭和30年頃)はただただ、それはしめやかにであった。
その、高度経済成長は戦後の清貧、人々の心を塗りつぶすようにして拝金した。

御殿のような貸し葬儀場・・・・・・

どう考えたらいいのか、人生の終わりと、人生の始まり、冠婚葬祭が同じ商い。
他所の国のことは詳らかではないが、この国のその事情を知るとたいそう驚かれるそうだ。

そして、少子高齢化、冠婚事情は曇りのち雨だが、葬祭事情は晴天つづき・・・・・・
今や、葬祭産業の経済規模は2兆円。今後ますます活況ですとか。

僕が死んでも、位牌もいらない、墓も要らない、石塔もいらない・・・・・・
灰にして、この「星」の土に返してくれればそれでいい。

そして、僕のことなんか、とっとと「忘れて」幸せに生きてください。

未来の僕たちよ。
  


Posted by 昭和24歳  at 09:29Comments(0)

< 2017年03月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ