2017年02月21日

昭和の「みゆきダンスホール」が復活!!

昭和の「みゆきダンスホール」が復活!!


高崎の街中に「昭和」の賑わいを!!

昭和42年頃です。高崎の街中には「みゆき」「社交」「セラビ」と、3ヶ所のダンスホールがあった。

老舗は、ご案内の「みゆきダンスホール」。

「みゆきダンスホール」は中央銀座通りのど真ん中、パチンコ「麗都」の2階にあった。

噂だと、戦後、数ヶ月だったけど陸軍高崎十五連隊跡に米軍が進駐、でいわゆる米兵の遊興施設としてオープン。

その後の社交ダンスブーム、ロカビリーブームで昭和20年代、30年代と当時の若者のたまり場でした。

まあ、「みゆき族」だの「カミナリ族」だの、昭和10年代生まれのお兄さんがリーゼントにラバーソール、マンボズボン。

お姉さんはポニーテールにドットのワンピース、靴はは当然サドルシューズでおしゃれして、ツイスト、マンボ、ジルバ・・・・・

まっ、今はそんなお兄さん、お姉さんもそろそろ80歳になりますでしょうか?とにかく賑やかな時代だったようです。

で、昭和も40年代に入って「テケテケテケーーーッ」です。

アストロノウツの「太陽の彼方へ」、ベンチャーズの「ダイアモンドヘッド」、つまり「エレキブーム」です。

猫も杓子も「テケテケテケーーーッ」で、みゆきダンスホールでは「モンキーダンス」に「サーフィン」「ゴーゴー」でした。

そのうちに、ビートルズ、ローリングストーンズが、そうこうするうちにグループサウンズ・・・・・

「ジャッキー吉川とブルーコメッツ」「田辺昭治知とザ・スパイダース」で、みゆきはダンスホールは週末は超満員。

そうです、団塊世代です。当時は娯楽らしい娯楽もなくそら、映画といえば「オールナイト」だったりで、街中、若者で溢れかえっていました。

なにせ、高崎の街中には喫茶店だらけ、映画館だって東宝、オリオン座、電気館、東映、松竹、日活、ピカデリーとわんさか。

そんな街中で、みゆきダンスホールのトップスターが「ザ・プラネッツ」でした。

で、その「ザ・プラネッツ」がアレから50年、高崎の街中に「みゆきダンスゴール」を復活、再現!!

グループサウンズはもちろん、当時流行っていたアメグラ、オールディーズにカラオケもやっちゃいます。

飲んで踊って歌って、青春しましょう!!

「青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。」
「青春の詩」サミュエル・ウルマン

昭和の「みゆきダンスホール」が復活!!
  


Posted by 昭和24歳  at 15:05Comments(1)

< 2017年02>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ