2017年01月29日

内戦始まるかも「滅私奉公」

内戦始まるかも「滅私奉公」


日雇い派遣禁止、見直しを 経団連が規制改革要望案
 経団連がまとめた今年度の雇用分野の規制改革要望案で、「日雇い派遣」の禁止の見直しや、グループ企業内の派遣規制の廃止などを求めていることが分かった。いずれも民主党政権時代に、不安定な派遣社員の立場を改善するため規制を強化した項目だ。

 低賃金でキャリアが身につきにくい日雇い派遣は、ワーキングプア(働く貧困層)問題の原因と批判され、2012年に施行された改正労働者派遣法で、30日以内の短期派遣は原則として禁止された。経団連の要望案は、専門の管理責任者を置くことなどを前提に「日雇い派遣の原則禁止を見直すべきだ」とする。

 また、自社や系列企業に働き手を派遣する「グループ内派遣」は、正社員を解雇して傘下の人材会社に登録させて派遣社員として働かせるなど、労働条件の悪化につながる恐れがあると指摘される。そのため12年の法改正で、人材派遣会社が系列企業へ派遣する割合を全体の8割以下に制限した。これに対し、経団連は「8割の根拠が薄弱」などと廃止を求めている。

 労働条件の引き下げを防ごうと…
<引用:2016年10月8日05時02分編集委員・堀篭俊材>
http://www.asahi.com/articles/ASJB75TC5JB7ULZU00M.html

NTTヒューマンソリューションズ
株式会社JR東日本パーソネルサービス
株式会社JTクリエイティブサービス


まあ、日本電電公社も日本国有鉄道も、専売公社もです。
団塊世代が65歳過ぎて一斉退職して・・・・・
清々したと見えて今じゃあ、派遣専用の子会社まで作って自民党もいい仕事してますね。

>自社や系列企業に働き手を派遣する「グループ内派遣」は、正社員を解雇して

まあ、中堅どころの40代、肩叩かれます。

だって、事務職なんてパソコンでやっちゃうし、それも外注しちゃうし・・・・・

まあ、「ショム2」なんってぇのが昔はやったけどもう総務課も人事課もいらない。

下手したら、営業部もいらない、アマゾンがあるし、恐ろしい世の中です。

つうことは、社員をまとめる係長とか課長とかもいらない、どうなっちゃうんだろう。

そしたら、同級生がやってる「求人ジャーナル」、覗いたら7割がたが派遣かアルバイト。

「正社員登用制度」あり、ったって生涯時給1,000円ですから、もうすっごいことになっちゃってます。
社会保障も何もあったもんじゃあない、国年、国保で40代、あと20年で准高齢者です。

しっかし、経団連て人でなしですね、そっから献金受けてる自民党・・・・・
オール「グループ内派遣」も時間の問題です。

もっとも、郵便局なんて、正職員退職したって補充してないんだとか。

非正規22万人っていうのもすごいけど、その年収がスッゴイ、200万円前後とか。
まあ、電子メールの時代ですから、郵便物は減り続けます。若い人手紙なんて書かないし、まあ僕も書きませんけど(笑)。
で、「ゆうパック」とかだって、クロネコか飛脚だし人手がいるのはお中元、お歳暮の繁忙期だけ。

で、年賀はがきだって22万人の非正規が100枚づつ自爆買いしたって2200万枚(*_*;

それだもの大企業の内部留保313兆円(ソース赤旗)なんだけど、給料払わないんだから溜ります。

かくいう、日本共産党も内部留保スッゴイらしいけど。

内戦始まるかも「滅私奉公」

  


Posted by 昭和24歳  at 17:18Comments(0)

2017年01月29日

オキュパイド・べイビィ・ブルース(占領軍の子ども達)

オキュパイド・べイビィ・ブルース
(占領軍の子ども達)


この裸足の少年は現在77歳・・・・・
忘れ去られた戦後を蝕む未来。


「尖閣に安保」日米確認へ、国防長官の来日時に
 初来日するマティス米国防長官が、沖縄県の尖閣諸島について「対日防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象になる」とする見解を、稲田防衛相との間で確認する見通しになった。

 2月4日の日米防衛相会談の際に確認する方向で最終調整が行われている。尖閣周辺海域で中国が公船の活動をエスカレートさせる中、米国のトランプ新政権も尖閣諸島防衛に関与する姿勢を内外に示す意味がある。

 複数の日米関係筋が28日、明らかにした。

 マティス氏は稲田氏との会談で、東・南シナ海への進出を強める中国の脅威について意見交換し、オバマ前政権の尖閣諸島に関する見解を引き継ぐ考えを示す見通しだ。マティス氏は20日に就任したばかりで、これほど早い日本訪問は異例。新政権として、アジアの同盟国を重視する姿勢を強調し、中国をけん制する狙いがありそうだ。

<引用:読売新聞 1/29(日) 8:57配信>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170128-00050137-yom-pol

トランプ大統領は昭和21年生まれ・・・・・


トランプ氏、徴兵猶予5回=ベトナム戦争で-米紙:時事ドットコム
www.jiji.com > 時事ドットコムニュース > 国際
http://www.jiji.com/err/index.php
<記事は削除済み>

大富豪の息子だけあってベトナム戦争兵役猶予でした。
まあ、世の中そういう仕組みになってるわけですね。

ジョージ・ウォーカー・ブッシュ元大統領(1946年)、ビル・クリントン元大統領(1946年)・・・・・
ドナルド・ジョン・トランプ新大統領(1946年)とか。

この「46年トリオ」はベトナム戦争徴兵をお見事スルーでした(笑)。

「戦争を知らない子どもたち」のアメリカン大統領。

そう言ったら、わが日本国の内閣総理大臣「安倍晋三閣下」も、昭和29年生まれですから。
日米講和昭和27年、つまり占領軍の子どもじゃあない。

そういう、ある意味「ネオ・ワールド」っていうか「新自由主義」っていうかそれらを構成するのは特権階級です。

まあ、他所の国のことはいいけど、この日のために自民党は選挙制度改革をした。「小選挙区制」に。

で、それをやったのは、小沢一郎先生だけど、それって・・・・・

まあ、「特権階級の、特権階級による、特権階級のための」政治。

自民党は「金持ちのため」、民進党は「労組のため」、日本共産党は「共産党のため」。

つまり、「国民のため」という「嘘も方便」目くらまし政治です。

オキュパイド・べイビィ・ブルース
(占領軍の子ども達)

  


Posted by 昭和24歳  at 12:36Comments(0)

< 2017年01>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ