2016年06月17日

舛添都知事パリ・ロンドン大名行列始末記

舛添都知事パリ・ロンドン大名行列始末記



舛添都知事パリ・ロンドン大名行列始末記↓
 舛添要一知事らが昨年10~11月、ロンドン・パリを訪れた海外出張費約5千万円が「高額すぎる」などと指摘されていた問題で、東京都は23日、この出張にかかった経費の内訳をホームページで公開した。透明性を高める狙いで、「今後は節減に努める」という。

中略

 宿泊費はロンドン・パリともに、同行職員を含めて全員が一流ホテルに泊まり、5泊で約922万円を支出。知事はスイートルーム(1泊19万8千円)を使った。このほか知事を含む20人に、計約123万円の日当が支払われていた。/span>

http://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/KAIGAI/SHOUSAI/DATA/151027.pdf

>昨日は講習の宿題をやり終えて、都知事の議会でのやり取り見ました。

まあ、都知事は財政豊かな加賀五百万石の殿様です。
当然老中の人事決済権を持ってるんでしょうから、高級官僚はコメツキバッタです。

もうやめたから今更だけど、共産党都議団以外はまあ、オール与党ですから。
みなさん舛添知事とやってることは一緒で自宅を事務所にしたり家族旅行、食事、遊興費は政治活動です。
だから、舛添事件は突然降って湧いたような話なんかじゃあない。

まあ、オール与党の都議、「文春」の紙爆弾炸裂には驚いたでしょう。
ブーメランですから、下手なことは言えません。
つまり、舛添知事に助けられたわけです。つまり第三者にしっかり精査させて「違法ではない」とお墨付き頂いた。
つまり、舛添知事が「セコイ」つうんならみんなせこいわけです共産党都議団以外は。
家族でメシを食おうが、旅行に行こうが、取り巻きと韓国パブへ行こうが政治活動ですから。

まあ、舛添知事のチョンボと言ったら正月の家族旅行も政治活動の一環だったのに、まあ、後ろめたかったのか?
「会議」していたと嘘をついたことです。
まあ、その「友人」とかだってデッチアゲればよかったんです、誰かにお願いして。
まっ、その出版社社長自家用車で行ったのか、電車で行ったのか、服装はなんだが・・・
調べたらわかっちゃうんだけどそこはそこで阿吽ですから、五月蝿いのは共産党都議団だけだったのに(笑)。
そしら部屋ではルームサービスどころか、「部屋にあった水を飲んでもらった」って、お正月なのに。

別に政治資金規正違反じゃあないわけです。「セコイ」ちゃあ、「セコイ」けど。

まあ、古い話なんだけど面白い都議がいました↓
http://www.gyoukaku110ban.jp/contents/tyousa-report.html

舛添事件簿↓
http://www.gyoukaku110ban.jp/contents/00-110ban/110-brog-index%20.html

まあ、東京都は交付金もらってないどころか政府に上納金払ってます。
東京都の「ショムニ」とか、だからかなりの裏帳簿も?

舛添都知事パリ・ロンドン大名行列始末記


  


Posted by 昭和24歳  at 10:48Comments(0)

< 2016年06>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 48人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ