2014年08月20日

団塊世代「少年H」昭和33年

団塊世代「少年H」昭和33年



野球少年だった「少年H」
買ってもらったばかりの「赤バット」・・・・・
父と陽だまり。



夫の遺体を自宅に放置 容疑で妻逮捕 兵庫・明石
 自宅に夫の遺体を放置したとして、兵庫県警明石署は16日、死体遺棄容疑で兵庫県明石市魚住町西岡の無職、岩佐真由美容疑者(60)を逮捕した。同署によると、「(夫から)返事がないのでおかしいと思ったが、死んでいることに気づかなかった」と否認している。

 逮捕容疑は13日ごろ、自宅マンションで、夫の光生さん(65)が死亡しているのを知りながら、放置したまま家を出たとしている。

 明石署によると、近隣住民から15日午後、「異臭がする」と相談を受けたマンション管理人が119番。連絡を受け、駆け付けた同署員が寝室で死亡している光生さんを見つけた。遺体に目立った外傷はなかったが、腐敗が進んでおり、死後1週間以上経過しているとみられる。

 同署員が同日夕、明石市内の実家にいる岩佐容疑者を発見した。岩佐容疑者は光生さんと2人暮らしだったが、家庭内別居状態だったという。

<引用:産経ニュース 2014.8.16 10:48>
ソース:http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140816/waf14081610480010-n1.htm


>「(夫から)返事がないのでおかしいと思ったが、死んでいることに気づかなかった」と否認している。

まあ、ほとんど会話がないわけですから・・・・・

生きていても返事なんかしません。

夫の光生さん(65)って、同い年じゃあないですか僕と(^^ゞ

他人ごとじゃあないけど、殺伐としてますね。


「終の棲家」

どうやら、日本人の生活様式そのものが変容してきているのかもしれない。
気がつくと、僕の家の周り中に「デイケアサービス施設」、「有料老人ホーム」とかがかなりの数を見る。

昨今の痛ましい「事件」、というか「事故」なのかわからないが・・・・・

夫、妻が「死んでいる」のを放置、遺体遺棄で「妻逮捕」とか「夫逮捕」とか(^^ゞ

「家庭内別居で・・・・・」

しかし、コレって、あと10年もすると空恐ろしい事態になるやも(^^ゞ

団塊世代を含め、戦後10年までの世代人口は約1000万人。
当然のように核家族化が進み、僕のところもそうだが、二世帯同居はほとんど見ない。
むこう三軒両隣、高齢者夫婦世帯。コレってこの地域独特のものなのだろうか・・・・・
いやそんなことはないと思うが。

「しあわせ風土」47都道府県で、群馬県がなんと、栄誉ある「最下位」(笑)。
それも、ブービー賞の「栃木県」とダントツの差で(爆)。
まあ、何を基準に、っていうか、誰が、どこで、なんで、ということなんだが・・・・・
群馬県民としては「自覚」がない(笑)。

しかし、報道によれば、日本一「過疎の村」とか、日本一「高齢化の村」とか、群馬県(^^ゞ
たしかに、高崎の街中でも、いわゆる特別な世襲的富裕層でもない限りは「高齢者夫婦世帯」がほとんど。
で、それが、この10年~20年で確実に「独居老人世帯化」していくことになる。

で、その「しあわせ風土」なんだが・・・・・

地域風土調査で沖縄の幸福度1位 2位鹿児島に大差
2014年8月14日
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-230122-storytopic-4.html

皮肉っちゃあ、皮肉です(笑)。
失業率ダントツで最悪、ダントツで低賃金の沖縄県・・・・・・
しかも、辺野古とかの「米軍基地問題」で、日本の不幸を一身に背負ってるみたいな沖縄県が、

「しあわせ風土」日本一!!

つまり、それって、失業率最悪でも、所得最悪でも「しあわせ風土」を満喫って・・・・・
つまり、その「最悪」の部分の「埋め合わせ」がどこかでされている。
つまり、「失業」、仕事なくても、「低所得」、収入っていうか、労働収入低くても「しあわせ」って?

まあ、行政サービスが行き届いているとか、教育費がかからないとか、給食費がタダとか・・・・
その上、「市県民税」が安いとか、公共料金がベラボーに安いとか(笑)。

そういえば、昔、群馬県も桐生市周辺は「桐生競艇」の上がりで保育料が安いとか、出産祝い金がたんまり出たとか。
まあ、「桐生競艇」が、ドボンなんで今は、自治体困ってるみたいだけど(笑)。

そういやあ、「オスプレイ」が来るとか来ないとかの、相馬が原自衛隊駐屯地のある「榛東村」・・・・・
合併しないし、多分、アレかもしれないけど、国からの補助金とか。

そんなわけで、群馬県ていうか、高崎も駅前は大都会並に整備されちゃってるけど、
旧市街地と、その周辺、つまり、かつての新興住宅団地「中居団地」とか「山名団地」は高齢化率急上昇。
それに、郊外の、もともと農家だった世帯は危険水域。跡取りはいないし・・・・・

まっ、その「しあわせ風土」とかだけど、言っちゃったら「政治」「行政」の怠慢でしょう。
世の中どんどん変わっちゃってるのに、本来、政治、行政が先を見越して政策すべきところなんだけど、後追いするだけ。
いや、現実に起きている現象にさえ対応できていない。まあ、行政の現場は担当、コロコロ変わっちゃうし、責任者不在ですから、仕事は民間丸投げ。

つまり、時代が時代なんだから、高度経済成長のときの政策がそうだったように、これだけの「高齢化社会」なんだから・・・・・
街中にある高層市営県営住宅のように、高齢者用の、普通に家賃5万円前後、独居で1LDK、夫婦世帯2LDK程度で、医療介護施設併設して、安心して終の棲家に。
どのみち、民間に丸投げしたところでかなりの補助金、助成金出してるんだし、大きいところだと「建設費」も
丸抱えなんだし。
結局、お金の使い方ですから、「沖縄県」大変そうだけど、「しあわせ風土」が日本一って・・・・・
ぐんまちゃんカワイソ(´;ω;`)

団塊世代「少年H」昭和33年  


Posted by 昭和24歳  at 06:38Comments(0)

< 2014年08>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ