2013年03月13日

PM2.5と、黄砂と中国の大気汚染!??

PM2.5と、
黄砂と中国の大気汚染!??




都心で大気かすむ 気象庁「黄砂ではない」
 乾いた微粒子により、水平方向で見通せる距離が10キロメートル未満となっている状態で、気象庁では「強風が吹いてほこりが巻き上がったもので、黄砂ではない」としている。
<引用:産経ニュース 2013.3.10 14:52 [天気・気象]>
ソース:http://sankei.jp.msn.com/science/news/130310/scn13031014530004-n1.htm

>「強風が吹いてほこりが巻き上がったもので、黄砂ではない」

どう見ても「黄砂」でしょう(笑)。

高崎だって、日曜日の強風で空、黄色だったし・・・・・

まあ、日本も高度経済成長期には大気汚染がブンブンだったし(^^ゞ

川崎病とか、イタイイタイ病とか、水俣病とか。

それに日本の河川という河川、魚が棲めないほど汚染されまくってたし。

僕らが20代の頃の江戸川とか隅田川とか、水路の神田川なんかもブクブクしまくってたし。

まあ、日本の大気汚染は太平洋に流されて希釈されたけど・・・・・

中国の大気汚染はそっくり日本に流れてきますね。

まあ、それって四の五のいったところで自然現象だから中国の公害はともかくとすれば、

あまり文句の言える話じゃあない。まあ、日本がお金を出して中国の公害対策をでしょう。

で、黄砂なんだけど中国のゴビ砂漠からだし、まあ、それって「黄砂」だけじゃあなくて、

中国のゴビ砂漠での大気圏核実験での「死の灰」ずっと流れ込んでたわけだし・・・・・

そんなわけで、このところの「発ガン」も大きく影響していると思う。

まあ、中国の重工業化は日本のレベルじゃあないし、しかし、言ってみたら、

日本の製造業も中国に進出しちゃって「公害」ブンブンなんだろうから中国責められません。

っていうか、中国の大気汚染は「日本のせい」とか言われちゃってるし(^^ゞ

まあ、日本の製造業も中国進出はいいけど「大気汚染」とか公害問題の責任取らされた日には、

そら、いくら請求されるかわかったもんじゃあないわけです。

まあ、どうせ日本の中国進出した大企業が責任取るわけないし、日本政府・・・・・

つまり日本国民に莫大な請求書が突きつけられちゃう(笑)。

まあ、いつも一般国民大衆が被害者です。おとなしく従っちゃうし(^^ゞ

で、今朝の上毛新聞でもコレ、↓

・・・・と思ったら、ネットでは上毛新聞「PM2.5」の報道は無し(^^ゞ

朝刊トップで報道してるのに、どういうわけなんでしょうか???

で、古いソースだけど、コレ↓

 中国から飛来が懸念されている大気汚染原因の微小粒子状物質「PM2・5」について、県は7日までに、国が示す注意報の発令基準よりも厳格に運用する独自基準を策定した。県内3地点のうち1地点でも早朝の濃度が高まれば発令し、終日解除せずに注意を喚起していく。新年度以降は測定地点を増やし、監視態勢を強化したい考えだ。
<抜粋引用:上毛新聞ニュース 2013年3月8日(金) AM 07:00>
ソース:http://www.jomo-news.co.jp/ns/2813626684768426/news.html

>中国から飛来が懸念されている大気汚染原因の微小粒子状物質「PM2・5」について

まさか中国に気を使ってるわけじゃあないんだろうけど・・・・・

上毛新聞とか(笑)。

PM2.5と、
黄砂と中国の大気汚染!??


  


Posted by 昭和24歳  at 19:40Comments(0)

2013年03月13日

第二次朝鮮戦争の可能性?

第二次朝鮮戦争の可能性?



200XX年、半島は戦火に包まれた。国家破綻が目前に迫った北朝鮮は、乾坤一擲の南侵(韓国侵攻)作戦を開始した。
隣国で起きた全面戦争に、日本は否応なしに巻き込まれていく。核ミサイルの脅威を排除する為、政府は半島へ特殊コマンド部隊を投入した。彼等のコードネームは“オメガ”。
朝鮮半島動乱を小林源文が描く問題作。金正日死亡により緊急出版!



現迎撃体制で北朝鮮の攻撃防げる=米戦略軍司令官
 【ワシントン聯合ニュース】米戦略軍のケーラー司令官が12日、米上院軍事委員会の公聴会に出席し、米軍は米西海岸に配備された地上迎撃システムだけで北朝鮮のミサイル攻撃を十分に防げるとの見解を明らかにした。
 米国防総省は、アラスカのミサイル基地とカリフォルニアの空軍基地に配備する迎撃ミサイルを現在の30基から44基に増強する計画だったが、国防費の削減などを理由に最近延期を決めた。これに関し質問を受けたケーラー司令官は、「北朝鮮が今日、(米本土を狙って)限定的な攻撃をするなら、(迎撃ミサイル)30基だけで防御できるという自信がある」と答えた。
 また、戦略軍司令部の現況を説明した上で、主要課題として北朝鮮やイラン、中国、またサイバー攻撃や財政問題などを挙げた。

 北朝鮮の挑発に対する備えに関しては、全般的な活動を点検しながら調整が必要かを確認しているとし、「北朝鮮の理性的でない行為を抑止することが、われわれの最優先目標」と強調。「抑止力は、韓国との同盟を基盤にした朝鮮半島の通常戦力、太平洋軍司令部管轄地域の戦力、究極的には核抑止につながる」と説明した。
 北朝鮮の行動を予想することは、特に新指導者になってから一層難しくなったとしながらも、「われわれは北朝鮮に対し適切に対応できると確信している」と強調した。

<引用:聯合ニュース 3月13日(水)9時24分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130313-00000001-yonh-kr

>「北朝鮮の理性的でない行為を抑止することが、われわれの最優先目標」

まあ、キナ臭い話なんだが、

それにしても、イラクの時と随分対応が違うなぁ・・・・・

イラクの時は「大量破壊兵器は開発してない」「持っていない」と言ってるのに、

じゃあ、「持っていないという証拠を出せ」だったんだから(笑)。

で、北朝鮮は「核実験はしました」「米本土を狙える超距離ミサイルも開発しました」、

「ワシントンを火の海にする」とまで言ってるっていうのに・・・・・

>「われわれは北朝鮮に対し適切に対応できると確信している」と強調。

まあ、イラクを言うまでもなく、イランでもそうだが、そこまで言う北朝鮮に、

「ワシントンを火の海にする」とまで言う北朝鮮に適切に対応とか抑止は万全とか(笑)。

まっ、アメリカの情勢によっては北朝鮮、38度線突破なんてぇこともアリかもしれないけど、

そら、「軍事費」莫大になりますよね、イラクの時だって日本の拠出金は約2兆円だったんだし。

まあ、とばっちりは確実にウケますね、その時、平和憲法ニッポンはどうする!??

第二次朝鮮戦争の可能性?

  


Posted by 昭和24歳  at 11:03Comments(0)

< 2013年03>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 70人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ