2013年03月07日

葬送の日々に・・・・・

葬送の日々に・・・・・





昨日、一昨日と、友人の先輩(65歳)後輩(62歳)を葬送。

共に10代の頃からのバンド仲間。

よりにも寄って、連れ添うように逝ってしまうとは夢々でした。

数十年というお付き合いの中、良かった時もあれば、苦しかった時も・・・・・

それでも、その都度、「音楽」を媒介にして今日まで続いた「友人」という絆。

昨日、一昨日の葬送に、いなくなって初めて気がついたこれまでの彼らへの感謝。

昨日の、後輩のそうそうは特に、「病」と知っての40年ぶりのバンド大結成。

月一で、その病をおしての東京でのセッション・・・・・

今思うと、そこでの頑張りが、彼の命を奮い立たせたのかもしれない。

20代の若き日々をミュージシャンを夢見た東京での生活を思い出しながら。

それも、ミュージシャン、音楽家として大成しいた仲間がそれを快く迎えてくれて。

セッションでは40年前の昔のままの会話がそのスタジオ内に・・・・・

そこでのその後輩のドラムは限りなくタイトだった。とても余命が、とかのそれではなかった。

打ち上げの「飲み会」でも、彼を中心に昔話に花が咲いた。

昨日の葬儀、告別式にはそんなミュージシャンの友人たちも彼を送るための演奏を。

そんな演奏をする彼の友人の横でスティックを振る彼の遺影が、とても楽しそうだった。

そんな彼の友人同士のお清めの席でも彼の思い出話に話が咲。

未だ、走馬灯のように駆け巡る、後輩、彼との数十年間に思いを馳せたとき・・・・・

彼の「追悼ライブ」を、という話も出た。

それは一つの時代の終わり、そしてその始まりはある種、決別の覚悟。

どんな明日があるのかはわからないが、僕らの余命、死ぬまでは生きているし・・・・


葬送の日々に・・・・・
  


Posted by 昭和24歳  at 11:45Comments(0)

< 2013年03>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 69人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ