2013年01月05日

【公共事業】自公ボチ勝ちの御礼と参院選のお願い(笑)。

【公共事業】自公ボチ勝ちの御礼と参院選のお願い(笑)。



おかげさまで、
取り戻せました・・・・・



<緊急経済対策>公共事業に4兆円超 補正総額10兆円規模
 政府は4日、12年度補正予算案に盛り込む公共事業費を、地方自治体向けの交付金を含めて4兆円超にする方針を固めた。補正予算全体の規模は自民、公明両党が求めている10兆円に迫る勢い。与党との今後の調整でさらに拡大する可能性もある。

 安倍政権は11日にまとめる緊急経済対策で「復興・防災対策」を柱の一つに位置付けており、老朽化した橋や道路の整備、学校の耐震化などに3兆円弱を投じる方針。公共事業は地方自治体の負担を伴うものが多いため、費用の一部を国が肩代わりする交付金1兆円強も盛り込む。実質的に国の12年度の公共事業費総額の4.6兆円に迫る規模になる見通しだ。

<抜粋引用:毎日新聞 1月5日(土)2時30分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130105-00000001-mai-bus_all

で、日本の借金とか言われる「負債」なんだが・・・・・

コレ、国民の「負債」ではありません。

統治機構としての行政と、選挙に当選したいがための「政府」が国民から抜いた「負債」です。

で、国民の個人資産ですけど、1400兆円とかのそれです。

コレって、生命保険の掛金とか、住宅ローン等、先取り買い物した借金も勘定。

つまり、現金、預貯金はその半分位、それでもすごいことですけど・・・・・

そんあわけで、早速「「自公」は大盤振る舞いですね。

選挙に勝たせてもらったお礼と、参院選のお願いを併せての(笑)。

で、この日本国の姿なんだけど、

いわれたら、北朝鮮だって「朝鮮“民主主義”人民共和国」だろ?

ってぇ話ですけど、まあ、同じ敗戦国でもドイツは「ドイツ連邦共和国」だし・・・・・

イタリアは「イタリア共和国」とあるが、日本は?

「日本国」

いってみたら、大層な名前ではないか(笑)。

まあ、イギリスみたいに「United Kingdom of 」ナントカで・・・・・

「日本皇国」とでもすればよかったのかもしれない。

まっ、「大日本帝国」よりはオシャレかもしれませんね。

で、日本国憲法なんだが、そう言ってますね「象徴天皇」、国民の総意に基づきと。

総意って、国民投票でもしたんでしょうか・・・・・

>勝負の「負」を隠すとどうなるか、を体現している官僚万歳日本です。

つまり、↑ そういうことです。

基本は「天皇に仕える官僚」、まあ、現皇太子妃が外務官僚出身が物語ってます。

しかし、この国の歴史上からの「天皇」、皇室を否定するものではありません。

まあ、「開かれた皇室を」というくらいですから「開かれてません」ね。

だったら、いっそのこと天の岩戸にお隠れのままの方がお美しいかもしれません。

京都御所の「江戸時代」のような、それです。

で、象徴とは・・・・・

「象徴(しょうちょう)とは、抽象的な概念を、より具体的な事物や形によって、表現すること、また、その表現に用いられたもの」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%A1%E5%BE%B4

つまり、「そのもの」ということ、「象徴天皇制」とかですけど。

つまり、「官僚」とは基本的には全てそのプロトコールの中にある・・・・・

まあ、ひそかに議会制民主主義らしいから選挙によって選ばれた国会議員はそこの象徴天皇制には及ばないが、

その国会議員の数によって選ばれた「閣僚」、官僚の上に座するモノは象徴天皇制における「認証」が必要。

まっ、確かに「形式的」なものかもしれないがそこにあるダブルスタンダードは後世に説明がつくのか?

いうなら、「民主主義」の方が「形式的」に過ぎない・・・・・

つまり、今回の選挙がそこのところのいかがわしさを物語っている。

今回、このような結果は民主党政権になった時から仕組まれていたのでは。

つまり、ちゃんと選挙をすると、「民主政権」になることに青ざめた。

民主党分裂も、新党の乱立も、そして一切報道されない「反原発デモ」も小沢村八分も。

昨夜のNHKニュース報道番組には笑った。参院選を睨んで各党に聞くというそれ、

「日本未来」の嘉田代表辞任を報道し、ご丁寧にももはや瀕死の「社民党」に抱負を語らせ、共産党まで(笑)。

まあ、はるかにその数をうわまる「生活」の「せ」の字も報道しない。

確かに、「生活の党」の衆院会は届けは4日だが、そのNHKの報道はよる9時以降。政党としての届けでは昨年末にすんでいるはずだが。

スルーしたとしか思えない。

まあ、「議会制民主主義」は形式的ですからそこには国民の意思は反映されません。

まあ、「官僚政治の打破」を謳ったわけですから、民主党政権発足、それ以前から官僚機構によって仕組まれていたわけです。

つまり、「検察」も司法官僚ですから。しかしそれが白日に晒された司法官僚の「デッチ上げ」の横行。

まあ、たしかに「政治主導」なんて言ったら笑っちゃうかもしれません。

つまり、象徴天皇を「輔弼」するわけですから・・・・・

【公共事業】自公ボチ勝ちの御礼と参院選のお願い(笑)。
  


Posted by 昭和24歳  at 19:24Comments(0)

2013年01月05日

悪徳「除染ビジネス」!??

悪徳「除染ビジネス!??」



「東北がんばれ! それってただ言葉だけだったのか? 東北のがれきが処理されないのは他府県が搬入を拒否しているからだ」「放射能が怖いという無知から来る身勝手な言い分。自分だけ良ければいいのか」震災がれきの広域処理で、反対する市民に投げつけられる政府・マスコミの非難のことば……。はたして本当にそうなのか?
IAEA(国際原子力機関)の安全基準に照らしても80倍も甘く基準緩和し、放射性廃棄物として厳格に保管・隔離されなければならない物を日本全国にばらまく広域処理は、国民の健康に脅威をもたらすだけだ。
そして、避難区域への住民の帰還推進で進められる除染事業。しかし放射性物質は除染によって減少することはない。がれき利権と除染利権に群がるゼネコンや原発関連業者。いま必要なのは放射性物質の隔離と住民の避難なのだ。本書は、問題点をていねいに解き明かす。



「何のための除染か」 手抜きに地元首長ら怒り
 東京電力福島第一原発周辺で国が進めている除染で、取り除いた土や枝葉などを現場周辺に捨てる「手抜き除染」が横行していることが明らかになった4日、環境省は事実関係を調べる姿勢を示し、地元自治体には怒りが広がった。

 井上信治・環境副大臣は栃木県矢板市で「報道で知り驚いた。事実関係をよく確認する。事実なら重大な問題なのでしっかり対応していかないといけない」と記者団に語った。環境省は元請けのゼネコン各社に対して現場責任者に事実関係を確認するよう求め、「手抜き」が確かめられたら管理徹底を指導する方針だ。
<抜粋引用:朝日新聞デジタル 1月4日(金)11時49分配信>

>「手抜き」が確かめられたら管理徹底を指導する方針だ。

まあ、須らく、これが政府、行政です・・・・・・

そんなもん、ハナから責任の所在があやふや。

元請け、下請け、孫請け、曾孫請けまで、やしゃ孫も???

まあ、民主党政権下の行政でしたね(笑)。

で、どうなんだろ・・・・・

TVで井上信治・環境副大臣の様子みてたけど、「処分場」決定ありき。

ちょっと信じられませんね。

だって、汚染物、運ぶだけでお金かかるし、ホントなら・・・・・

その、現地で処分する方がよほど地元の「ゼネコン」潤うんじゃあないの?

孫請けとか曾孫受けじゃあなくてね。

つまり、国の予算だから中央で事業決定するっていうこと?

そんなんことせずに、「除染費用」として総額を被災地元に移譲したらいいじゃないの。

ないなに、そんなことしたら「キックバック」が、ですって・・・・・

大体、人の、国民の不幸を飯の種にするって、どういうこと???

悪徳「除染ビジネス!??」

  


Posted by 昭和24歳  at 07:39Comments(0)

< 2013年01>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 43人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ