2012年08月15日

“火垂るの墓”そして“はだしのゲン”の67年

“火垂るの墓”そして
“はだしのゲン”の67年





不戦の誓い新たに=67回目の終戦記念日―東京で戦没者追悼式
 67回目の終戦記念日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれた。天皇、皇后両陛下と野田佳彦首相、遺族ら計5850人が参列。戦争の犠牲となった約310万人(軍人・軍属約230万人、民間人約80万人)の冥福を祈り、不戦を誓った。
<抜粋引用:時事通信 8月15日(水)12時10分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120815-00000054-jij-soci

フジテレビ2007「はだしのゲン」原爆投下




火垂るの墓


自虐論と大東亜共栄、欧米列強の植民地政策からの解放論・・・・・

結局、その戦争犯罪は検証されないまま、平成の今日の8月15日の光景。

それは改めて言うまでもなく日本という国の大きな転換期だった。

もしあの戦争がなければ、日本が中国大陸、インドシナ撤退していたら?

まあ、そうさせないように謀られていたという真相がそこにあったようだが、

朝鮮戦争もベトナム戦争も、インドの独立運動もなかったかもしれない・・・・・

大東亜共栄圏
大東亜共栄圏は、アジアの欧米列強植民地をその支配から独立させ、日本・満州・支那(中国)を中心とする国家連合を実現させる概念とされた。大東亜共同宣言には、『相互協力・独立尊重』などの旨が明記されており、日本が国際連盟規約委員会において人種的差別撤廃提案を持ち込んだ過去があることから、これを現在の欧州連合のような対等な国家連合を志向したものであるという見方が存在する。

しかしその一方で、大東亜共栄圏を構成していた国家の多くが、実際にはいずれも日本政府や日本軍の指導の下に置かれた傀儡政権または従属国にすぎず、実質的には日本による植民地支配を目指したものに過ぎなかったとする意見がある。これは、特に、フィリピンとビルマを除くフィリピン第二共和国、ベトナム帝国、ラオス王国、ビルマ国、カンボジア王国、満州国の政府と汪兆銘政権(中華民国)の政府首脳に日本側が選任した人物(親日的、協力的な人物)が就任していたためである。この事から、大東亜共栄圏の構成国の実質的な独立を遠ざけたとしている。但し、この点については、フィリピンとビルマには既に当時から民選による自治政府が存在していた事から、戦時下故の過渡的な措置であり、終局的には完全な独立が意図されていたという反論がある。

<出典:ja.wikipedia.org>

まあ、戦勝国によって作られた歴史・・・・・

しかし、200数十年の長きに渡った欧米列強のアジア植民地政策が終焉。

この67年間で植民地支配されていたアジア諸国は独立した。

ベトナム、カンボジア、インドネシア、ラオス、ビルマ、フィリピンetc

“火垂るの墓”そして
“はだしのゲン”の67年


  


Posted by 昭和24歳  at 15:52Comments(0)

2012年08月15日

67回目の“終戦記念日”(^^ゞ

67回目の“終戦記念日”(^^ゞ




戦後67年 終戦の日迎える
終戦から67年の15日、戦争で亡くなったおよそ310万人の戦没者を悼み、平和について考える催しや集会が全国で開かれます。

このうち東京の日本武道館では、政府主催の全国戦没者追悼式が開かれ、戦争で亡くなった人の遺族などおよそ6000人が参列する予定です。
式典では、野田総理大臣が式辞を述べたあと正午の時報に合わせて1分間の黙とうをささげ、続いて天皇陛下がおことばを述べられます。
そして参列者が式壇に花を手向けて、およそ310万人の戦没者の霊を慰めます。
終戦から67年となり、遺族の高齢化は一層進んでいて、参列する遺族の69%が70歳以上となる見込みです。
参列する戦没者の妻も去年より19人少ない24人となる予定で、これまでで最も少なくなっています。
一方、戦後生まれの人は、去年より63人増えて514人と過去最多となり、最年少は、戦没者のひ孫に当たる千葉県の4歳の双子の兄弟で、祖父や母親と一緒に参列する予定です。
15日はこのほか、遺族の団体が集会を開くなど、全国各地で戦没者を悼み、平和について考える催しや集会が開かれます。

<引用:8月15日4時0分NHKニュース>
ソース:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120815/t10014286611000.html

政治はいつも謬る・・・・・

日中戦争から真珠湾攻撃の日米開戦という政治生命。

中国大陸侵攻に、日中戦争に事実上失敗した「平沼騏一郎政権」。

コレ、昭和14年発足で、たったの7ヶ月で政権放棄(笑)。

で、その後はといえば、陸軍大将と海軍大将が約半年づつ・・・・・

で、再度、摂家の近衛文麿が約1年でご破産。

で、ご案内の東条英機内閣発足でその12月6日、真珠湾攻撃の日米開戦(^^ゞ

つまり、昭和に入ってからの政治はことごとく外交の失態の連続。

結局それが「筋肉脳」の軍部の暴走を許すことに。


何が正しくて、何が間違っているか、
日本人それぞれが考えましょう。


まあ、それにのかって時の官僚が我が世の春を、時に岸信介満州国総務庁次長(40歳)。

結局それも、日中戦争が混沌とし日米開戦で陸軍は南方へ石油資源を求めて。

まっ、石油資源ったっていわゆる欧米列強の権益でしたから・・・・・

で、「ハル・ノート」でした。

まっ、当時の軍人ったって明治の時の軍人さんの孫世代ですから、つまり、アレ、

「戦争を知らない子どもたち」

戦争のお勉強を「陸軍幼年学校」でしたから・・・・・

まあ、軍人脳で政治ですから結果は見えちゃってました。

とにかく、引くことを知らず前へ前へですから、そら最後は玉砕です。

まあ、この国、政治はいつも間違ってばかり(笑)。

外交センスなしで、原子爆弾の実験台にされちゃっては、そら「降伏」しかない。

で、戦後はアメリカの下請け、兵站基地で復興です。

あまり大きな声では言えないけど、アメリカの戦争経済・・・・・

朝鮮戦争の特需とその後の中東紛争、インドシナ、ベトナム戦争はラッキー(^^ゞ

そら、1ドルが360円でしたから嘘のような話です。

1950年代後期からのアメリカ、ロックンロールでエレキブームが突然!!

で、64年のフェンダーストラトキャスターがなんでもアメリカで100ドル台とか・・・・・

で、知り合いの信州の楽器メーカーの社長、当時は未だ日本にはエレキ市場なしで、

輸出専門、もともとミシンのテーブルを専門に製造してたけど、アメリカから大量の注文が。

まあ、言ってみたら、今の「ベトナム製」みたいなもんです(^^ゞ

工場のシッピング価格が20ドルくらい。20ドルって言ったら掛ける360円ですから、いくら?

7200円です。これって当時の一般的初任給とおんなじですね・・・・・

そういえば以前仕入れたベトナム製のF社、STタイプがたしか4000円くらい。

そんなわけで、当時の工業製品の輸出向けは空前の活況、ウハウハ状態だったとか。

で、そのうちに高度経済成長で国内需要も喚起され、やっぱりエレキ市場が爆発!!

まあ、グレコ、グヤトーン、テスコが国産では高級品で安くても昭和42年当時で3、4万円はしてたかも。

で、僕の場合それらに手が出なくてベニヤ板貼り合わせたようなエレキ、7000円。

それでも、アルバイト3ヶ月分だったような記憶が・・・・・

まあ、そんなわけで、今日までの日本の経済とかだけど米ソ冷戦のおかげでアメリカの民需の特需も。

まあ、しっかり稼がしてもらったけど、バブル経済崩壊でしっかりアメリカ様に元取られちゃって(^^ゞ

つまり、政策もヘチマもないんですね、優秀な官僚だっていい時はいいけど・・・・・

悪くなったら「自己保身」ですから、絶対に責任取らないし、政治家も。

で、67回目の「終戦記念日」とかですけど、第二の「敗戦」、「経済占領」、っていうか、

GHQって今でも存在してるんですね。消費税増税に政治生命って。

67回目の“終戦記念日”(^^ゞ

  


Posted by 昭和24歳  at 11:09Comments(0)

< 2012年08>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ