2012年08月13日

「なでしこの潔さ」これが日本人だろ!!

「なでしこの潔さ」
これが日本人だろ!!






なでしこの潔さ、世界が絶賛!ハンド問題でグチなし★ロンドン五輪2012

 壮絶な死闘の末、決勝に敗れ銀メダルに終わったサッカー女子日本代表なでしこジャパン。一夜明けた10日、メーンプレスセンターで記者会見した佐々木則夫監督(54)は、改めて「メダルを取るという重圧は、選手にはあったと思う。それを乗り越えて結果を出してくれた。監督冥利に尽きる」とたたえた。

 一方で佐々木監督の潔い態度に、海外からも称賛の声が上がっている。

 試合後に問題になったのは、ハンドをめぐるプレー。前半、MF宮間あや(岡山湯郷)のFKがペナルティーエリア内にいたMFヒースの左腕に当たったが、ドイツ人のシュタインハウス主審がハンドの笛を吹かなかった。その後、米国のMFロイドが「腕に当たっていたからラッキーだった。微妙な場面だったから自分が主審でなくてよかった」と語り、MFラピノーも「ハンドだった」と認めたのだ。9日付の米全国紙「USAトゥデー」(電子版)も「議論を呼ぶ裁かれなかったハンド」として記事を掲載。「最も重要なプレーはヒースのハンドだった」と伝えた。

 しかし、佐々木監督は試合後の会見で「一瞬、あれっと思ったが、素直にレフェリーをリスペクトするのがわれわれのやること」とクレームをつけなかった。同紙はこのコメントも掲載し「論議を一蹴した」と、好意的に報じている。

<引用:2012.08.11 zakzak>
ソース:

まあ、勝負は時の運です。

いつもなら決まっていたゴールもスレスレで・・・・・

PKが決まるとは限らない。

レフェリーの一瞬の判断、そういうことって、よくあること。

>「一瞬、あれっと思ったが、素直にレフェリーをリスペクトするのがわれわれのやること」

そんな風に言われちゃったら、ドイツの主審も言葉がないだろ(笑)。

引き換え、男子サッカーの銅メダルの韓国選手のあるまじき行為には哂った・・・・・

日本に勝利した上に、まあ、よりによってですから。

つまり、あの国は国を挙げて、国民性でしょうか、話し合いは時間の浪費です。

よくも悪くも、「水に流す」。全てが終わったら、くよくよしない、愚痴らない。

外国には通用しない、日本人という国民性。

すべての物事には、己の責任性があるということ。

すべて、他人のせいにして一生恨みつづける、それではなんの発展性もない。

まっ、オリンピックも終わったけど、ボクシングの金もすごかったけど・・・・・

未明のレスリングの金もすごかった。

そしたらインドの選手「お腹の具合がおかしかった」とか(笑)。

インド人もびっくり!!

しかし、バレーボールも、女子力爆発ですね、銅だったけど。

まあ、女子サッカー見ても、女子バレーみても、体力差をカヴァーしてたのは女子力?

そこへ行くと男子柔道、体重別なんだから、言い訳できないよね(^^ゞ

女子、松本薫、闘争心丸出しでしっかり金メダル取ってるし!!

やっぱり、指導者の責任てあると思う、なんでもすだけど・・・・・

あっ、佐々木則夫監督、やめないかもしれません、とか。

「なでしこの潔さ」
これが日本人だろ!!

  


Posted by 昭和24歳  at 14:45Comments(0)

2012年08月13日

イザッ!!という外交は電光石火!!

イザッ!!
という外交は電光石火!




こいつじゃあ、ダメだろうけど・・・・・

シャトル外交凍結を検討=韓国に対抗―政府
 政府は12日、李明博韓国大統領の竹島訪問を受け、「日韓シャトル外交」を当面凍結し、野田佳彦首相による年内の訪韓を見送る方向で検討に入った。日本政府関係者が明らかにした。国際司法裁判所への領有権問題の提訴検討と併せ、対抗措置に位置付ける。「竹島は日本固有の領土」との立場から、韓国に厳しい姿勢を示す狙いがある。
 日韓両政府は、2004年7月の小泉純一郎首相と盧武鉉大統領(いずれも当時)の首脳会談で、首脳同士が毎年、交互に相手国を行き来することで合意した。シャトル外交は、小泉氏の靖国神社参拝などが原因で一時中断したが、08年4月に李大統領が来日して復活。その後も10年を除き、継続されている。今年は野田首相が韓国を訪問する順番になっており、政府は訪韓時期を模索してきた。
 
<引用:時事通信 8月12日(日)18時36分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120812-00000059-jij-pol

まあ、いずれにしろ後ろでアメリカが糸を弾いてるわけです(笑)。

いいんじゃあないの、日米講和条約の時点に戻って・・・・・・

在日米軍基地、居抜きで日本政府が買うって言うので。

別にお金払う必要はないわけで、「米国債」と相殺では、イケマセン!??

まっ、日本の大企業っていうか財閥、閨閥はいっときのアメリカみたいに、

「多国籍化」しちゃって、儲けは海外に溜め込んで知らんぷりだし・・・・・

そら日本国内は景気悪くなります、デフレになります(^^ゞ

で、輸出入取引の決済は「対日」にめっぽう弱い「ドル」でしかけてるわけだから、

だったら一層のこと、「円決済」に、円を国際通貨に。

まあ、もろもろ、実質、日本のGDPはそうなれば1000兆円は下らないです!!

とにかく「財政が悪化」とか言って、雑巾を絞るように国民大衆から搾取。

そら、経団連、財界は「消費税増税」大歓迎です(笑)。

まっ、いいです。韓国大統領、李明博センセ、顔が貧相です、大阪の在日でした。

まっ、民主党政権じゃあ無理でしょうけど、実際が、韓国、日本抜きでは成長できません・・・・・

つまり、その根源は「儒教思想」です。

まあ、「思想」ですから、「実相」ではないわけです。

つまり、行き着くところは「閨閥」です。まあ、日本もそうなんですけど、ユルい(笑)。

まっ、残念ながら、こういう状態にしちゃったから言うんだけど・・・・・・

「なんで、朝鮮半島は日本の植民地に!??」

それ、学校で教えてるか教えてないかわからないけど・・・・・・

現実、今でもそうです、アメリカの実効支配。日本もだけど(^^ゞ

つまりあの、日本の敗戦では日本も朝鮮半島も百把ヒトカラゲなわけです。

というのは、当然、朝鮮半島は日本の領土だったからです、事実が。

で、朝鮮半島、韓国の「戦後史」をみれば、まあ、よく言えば儒教精神ですけど・・・・・

つまり、それはTVドラマです(笑)。

それが、実に短絡的な今回の、李明博大統領の竹島侵攻でしょう(笑)。

まあ、言うまでもなく、ホントなら「フォークランド紛争」にまで発展しかねない問題。

ところが、日本には憲法上「軍隊」がない、もちろんMADE IN USA の憲法です・・・・・

右も左もない、仕掛けたのは韓国ですから!!

>「日韓シャトル外交」を当面凍結し、野田佳彦首相による年内の訪韓を見送る方向で検討に入った。

「検討」はないだろう、「検討」は・・・・・・

即時国交断絶だろ!??

いいよ、それで日本がなにか困る!??

歴史の真実を子供たちに教えるいいチャンスだ!!

従軍慰安婦の問題にしてもそう、創氏改名問題にしてもそう・・・・・・

発端は、明治維新時点での「日本政府の危機感」からで、

まあ、欧米の植民地主義の末期だったわけで、日本だって黒船でしたから、

そら、徳川幕府は頭を使いました。そういうことです。

李明博って、稚拙っていうかオリンピック選手並みの「筋肉脳」(笑)。

だから、韓国の政変て、大統領がテロられたり、逮捕されたり・・・・・・

まっ、李明博センセだって弟の国会議員が逮捕なんだから無関係で、

逃げられます!!???

イザッ!!
という外交は電光石火!
  


Posted by 昭和24歳  at 07:28Comments(0)

< 2012年08>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ