2012年08月04日

木村拓哉「いじめ体験」を語る

木村拓哉「いじめ体験」を語る



木村拓哉 ラジオでいじめ相談「いじりといじめは一字違い」
 7月27日に放送されたラジオ番組『木村拓哉のWhat’s up SMAP』(TOKYO FM)。番組内紹介されたメールの内容は、「自分はいじられキャラなのだが、いじられるのは嫌だ。すごく傷ついている」という深刻なものだった。これに対し、木村は真剣な口調でこう語り始めた。

「言葉を書いてみてもわかるけど、“いじり”と“いじめ”って一文字違いだし、紙一重だったりするんじゃないかな。相手が傷ついてたら、それはもういじめに片足をつっこんでるようなもんだよ。相手を傷つけているなら…」

 ラジオでいじめと真剣に向き合う姿勢を見せた木村だが、彼もまたかつては“いじめられっ子”だったといわれる。

 アイドルとして世に出始めたころ、木村は地元の高校に進学した。しかし、人気が出るにつれ、それを面白く思わない地元の不良たちにボコボコに殴られる日々が待っていた。帰るときには服装が泥で汚れ、ボタンが取れ、ポケットが破れている…。そんなつらく悲しい過去があったと、報じられた。このとき木村は、両親の助言もあって、転校して環境を変えたのだった。

 木村は、これまで自らの“いじめ”体験について語ったことはなかったが、連日、報道される“いじめ”問題に胸を痛めていたに違いない。だからこそ、ラジオで木村は中途半端に話を切り上げることなく、この問題について深く掘り下げていったのだろう。そして木村は、いじめを止められない教育現場の問題点も指摘した。

「いまはいろいろ教育方針も制定されて、ぼくらが学生のときに当たり前に存在していた、悪いことしでかしたときの、教師の握りこぶしや平手打ちが、いまは存在しない。それによっていいこともあったのかもしれないけど、何かが失われた感じがするんだ」

 自身の体験を持つ木村だからこそ、その言葉の持つ意味は大きい。教育評論家の阿部進氏がこういう。

「いまはモンスターペアレント問題にみるように、親に委縮して生徒を厳しく叱れない教師が増えています。体罰がいいとはいえないまでも、教師と生徒の関係の薄さがいじめの発覚を遅らせ、事態の悪化を招いているんです」

<引用:2012年08月03日07時00分 NEWSポストセブン>
ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/6819239/

>「いまはいろいろ教育方針も制定されて、ぼくらが学生のときに当たり前に存在していた、悪いことしでかしたときの、教師の握りこぶしや平手打ちが、いまは存在しない。それによっていいこともあったのかもしれないけど、何かが失われた感じがするんだ」

全くその通りだろう・・・・・

僕らの時代にも陰湿ないじめはあった。

しかし、教師の一言で、それは収まった。

時にはクラスメイトの、

「やめろよ!!」

の一言で、収まる事も・・・・・

僕らの中学時代、昭和30年代の教師には猛者が何人かいた。

当然、軍隊上がり、予科練帰りとか、柔道空手の有段者。

中坊あたりのワルが叶う相手ではなかった。

それでも、暴力沙汰、いじめはあったけど、そんな時・・・・・

その予科練教師の木刀を持っての「やめろ!!」に静寂した。

そうじゃない先生も、ある種、気骨があった・・・・・

つまり、「大人の怖さ」を感じさせた。

>「・・・体罰がいいとはいえないまでも、教師と生徒の関係の薄さがいじめの発覚を遅らせ、事態の悪化を招いているんです」

体罰が良いとは言えないが、言葉が通じなければそれも手段だろう・・・・・

しかし「体罰」の与え方を知らなければただの暴力でしかない。

まあ、教師というのは難しい職業です。なにせ子ども相手ですから(^^ゞ

木村拓哉「いじめ体験」を語る
  


Posted by 昭和24歳  at 09:51Comments(0)

2012年08月04日

なでしこ、準決勝へ!!

なでしこ、準決勝へ!!



<ハイライトシーン↓>
http://www.gorin.jp/search.html?bclid=FBFBW400&bctid=ref:FBFBW40031_H_2165

なでしこ、大儀見と大野の得点で難敵ブラジルを撃破し準決勝進出/ロンドン五輪
 なでしこジャパンは3日、ロンドン・オリンピック準々決勝でブラジルと対戦し、大儀見優季の1得点1アシストで2-0と勝利した。準決勝への進出を決め、フランスとの対戦が決定している。

 日本は立ち上がりからブラジルの猛攻に合い、自陣での試合運びが続くが徐々に適応していくと、迎えた27分に均衡を破った。素早いリスタートからディフェンスラインの裏に抜け出した大儀見が右足を振り抜き、今大会初得点となる先制ゴールを挙げた。

 その後も日本は冷静な試合運びを続け、後半に入り再びポゼッションでブラジルに劣ったものの、カウンターからチャンスを作っていく。すると73分、大儀見のパスを受けた大野忍が、対面したDFを小刻みなステップでかわし、シュートを決めてリードを2点に広げた。

 ブラジルは個人技を武器に日本を崩しにかかるが、なでしこは局面局面で数的有利な状況を作り、センターからの侵入には熊谷紗希と岩清水梓のコンビが鉄壁の守備で跳ね返す。

 結局、日本はブラジルに最後まで得点を許さずに2-0で勝利。金メダルへまた一歩前進する準決勝進出を決めた。なお、なでしこは6日に行われる準決勝で、フランスと対戦。あと1勝で、悲願のメダル獲得が確定することになる。

<引用:>(SOCCER KING)2012/8/4 2:47>
ソース:http://london.yahoo.co.jp/news/detail/20120804-00000301-soccerk

まあ、水泳の北島は世代交代ですから、

ほんとにご苦労様でしたってぇところです。

けど、いかんせん「男子柔道」はどうしちゃったんでしょうか?

まっ、体力云々ったって「階級制」だし・・・・・

その分、女子柔道が「金」とかで頑張っちゃてますけど(^^ゞ

それにしても、日本の女子力はこのところパワフル!!

なでしこ、ブラジル戦、ブラジルが外しちゃってくれてラッキーってぇところも。

でも、取るべきところではちゃんと取ってますから。

で、フランス戦の準決勝、世界ランキングでは3位のなでしこ・・・・・

で、フランスは6位、ブラジルは5位でした。

さて、フランスには勝ったとして、アメリカとでしょうか、決勝戦!??

まっ、「なでしこ」っていうより「くノ一」で勝利!!???

なでしこ、準決勝へ!!

  


Posted by 昭和24歳  at 08:02Comments(0)

< 2012年08>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 44人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ