2012年06月09日

【原発再稼働】変質する国家の行方

【原発再稼働】
変質する国家の行方





<大飯再稼働>「福島の教訓どこへ」避難住民、怒りと落胆
 「国民生活を守るため」と繰り返し、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を表明した野田佳彦首相。地元福井県への配慮がにじむ異例の記者会見が開かれた8日、原発を抱える各地の知事からは一定の評価をする声が上がった。一方、再稼働に反対してきた市民には「福島の教訓はどこへ行ったのか」と落胆や怒りが渦巻いた。
<抜粋引用:毎日新聞 6月9日(土)0時19分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120609-00000006-mai-pol

これほどのオゾマシさを知らない・・・・・

誰がこの人間をこの国の首相に据えたのか?

国民はこの人間をこの国の代表に選んだおぼえはない。

この人間を国会議員に選んだのは千葉四区という限られた市民、

その意味では、その市民の責任は小さくない。

福島第一原発周辺のみならず、これからも数十年に渡り続くであろう、

その惨状、惨劇を目の当たりにして・・・・・

「国民生活を守る」という詭弁には恐怖さえ覚える。

その原発によって破壊しつくされ、避難を余儀なくされた、

また、今後、健康被害が予想される住民の心情を逆撫でするような再稼働。

そして誰の入れ知恵か・・・・・

「再稼働」と言わずに「再起動」、リセットと繰り返す狡猾さ。

経済優先、住民、国民生活は無視。

大飯原発を再稼働しない限りは、関西電力の経営は成り立たない。

そして大飯町の経済が成り立たない、ただそれだけ・・・・・

ただそれだけの理由で「再起動」。

福島第一原発事故という舌の根も乾かぬうちに。

【原発再稼働】
変質する国家の行方


  


Posted by 昭和24歳  at 19:47Comments(0)

< 2012年06>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 69人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ