2011年06月08日

「ロックな街」高崎が、「軽音の街」高崎に(笑)。

「ロックな街」高崎が、
「軽音の街」高崎に(笑)。




「坂城ブルースフェスティバル」でドラムを叩く“昭和24歳”



“たかさき”は実に『ロックな街』である。

いや、あった(過去形)・・・・・・

まあ、“ロック”と言えば聞こえはいいが、ようするに流行りモンに敏感。

そして、それに“弱い”上州人気質とでも言うのだろうか・・・・・

江戸の頃はよくは知らないが、ご案内の花街、花柳界もそれは評判だったと仄聞。

今では、それ、見る影はほとんど見当たらないが。

あの柳通り、“ビューホテル”の所は往時、それこそ“粋な黒塀観越しの松”の料亭『宇喜代』があった。

もちろん戦争中まではそこ“柳川町”と言えばそこは色街。

通称“だるまや”とか言って第十五連隊の兵隊さんや、街の若い衆の憩いの場所とかであった。

戦後、それも干支が一回りした頃の昭和33年に“売春防止法”完全実施で一時はその灯の消えた“柳川町”。

その後は、キャバレー、クラブ、バー全盛時代で昭和50年代半ば頃までは隆盛を極めた。

もっとも、朝鮮動乱特需。そして糸偏特需があり・・・・・・

幾度かの好、不景気を繰り返す中、どう云うわけかあの“バブル”の恩恵にはそう預らずに、

その花街、色街はなんとも奇天烈な外国語の飛び交う街へと変貌した。

まあ、それは、なにも「高崎」だけではないだろうが。

その“ロック”はこの街の底辺の若者文化を作り出した。

なんと言っても、日本ロック界“NO1”と言っても過言ではない伝説のギタリストを排出したロックな街“たかさき”である。

しかし今ではそれを騒がせる彼ら、その伝説のギタリストたち・・・・・・・

その少年の頃は鼻ツマミモンであったことは想像に難くはない。

ある時、その伝説のロックグループの隆盛も沙汰止みになったころの、そのメンバーの一人と話しをする機会があった。

そのときの彼の言葉は、

「これと言って高崎には・・・・・・」

であった。

なんでも始めて買ったベースが、駅前通の“イシズカ”(今の“カインズ”FC)と言う雑貨店だったとか。

“音楽のある街”とはどうやら何事も“アカデミズム”であることが絶対条件であるようだ。

しかし、時代は変わった。行政が率先して“そんな音楽”ロックを主催したり後援したりするようになった。

僕らの時代、昭和40年代は・・・・・・・

そんな音楽、ロック、エレキはイクォール“不良”のレッテルが即貼られ、

学校はバンド活動なんかすれば停学か、ダンスホール(ライブハウス)で補導でもされれば退学処分。

世間の目は“真っ白”だった。

しかし、そもそも“ロック”とはだが・・・・・・

“ロック”とは反体制で、自由の表現。それは時には政治、思想にも影響を与えるたぎる若者文化。

それは、

「行政とは相容れない対峙する文化なのである」

と、大袈裟にも言ってみる(笑)。

それは“ハングリー”であり、結果が“成り上がり”の象徴でもある。

ロックな街“たかさき”

今日日のその姿・・・・・・

行政が若者に媚びているのか、当世、若者が思想もヘッタクレもないヘナチョコになったのか。

まあ驚きと言えば、行政主催の『高校生バンドコンテスト』だ(笑)。

ロック魂、ロック・スピリッツ、精神が“インポテンツ”してしまっている。

もちろん行政にとっては都合のいい市民の一丁上がりということなのだろうが。

昭和40年代から平成20年を眺めてみた時・・・・・・

実は、わが末娘、「軽音」とかの部活でベース弾きなのだ。

さらに、一丁前に、スリーユニットのバンドに参加して「ライブハウス」とかの青春の日々。

そんな末娘に、昨日、その伝説のギタリストの「サイン」が届いた。

その時の娘の喜びようはなかった。

それはそうだ、伝説のギタリストのサインなのだから。

というのも、僕の先輩の元美術教師、なんでも、新島学園時代のその伝説のギタリスト・・・・・・

「教え子」だそうで、先日の代々木体育館でのコンサートに招待されて、その際僕の末娘のことを。

因みに、「山田かまち」も「氷室京介」、「松井常松」も教え子だというのだから、スゴイ(笑)。

そういえば、伝説のギタリスト、先般「徹子の部屋」で、その趣は、不良から、好々爺に(^^ゞ

「もう50ですから」

「ロックな街」高崎が、
「軽音の街」高崎に(笑)。


  


Posted by 昭和24歳  at 21:00Comments(1)

2011年06月08日

幻に終わった、民主党「維新政権」虚々実々。

幻に終わった、
民主党「維新政権」虚々実々。




3月政変、政界大再編の火種。権力闘争第2幕へ。民主分裂危機―小沢は死なず。

忠やんさんのコメント
<大連立っていうか、民主党は解散しなさい !!>
「死に体」の艦長のもとでできることは総員退避しかないかなと、みんな様子見。事実上の政治空白状況が放射性物質とともに、降下してます。 様々なオプションは想定できるはずですが、トウシロー内閣・総理なんで実践プラクシスが足りないと。政権交代のタイミング悪かったのかね(-.-;)いやこれも運命的な試練。 菅総理はまだ権限が行使できる今のいまこそ、明確かつ具体的な対策を発動することで【政治的】な男となれるんじゃないですか…無理か
2011/06/08 00:38:29

>今のいまこそ、明確かつ具体的な対策を発動することで【政治的】な男となれるんじゃないですか…

いやぁ、そこですよそこ、忠やんさん、鋭い !!

まあ、「下々」なんですから、失うもんないわけです。

まあ、テロられたって、いいじゃあないですか、菅さん・・・・・・

あと10年ですから、平均寿命まで。

晩節です晩節、っていうか有終のアレです(^^ゞ



菅政権1年、日米関係など成果強調…枝野長官

 菅内閣は8日、発足から1年を迎えた。

 退陣を表明した菅首相は、在職日数では小泉政権の後で最も長かった安倍元首相の366日に並んだ。

 枝野官房長官は7日の記者会見で、菅政権の成果について、「日米関係は大きく改善した。(『ひも付き補助金』の一括交付金化などの)地域主権や防衛大綱も前進した」と語った。懸案と位置づける情報公開法改正案、国家公務員制度改革関連法案についても、枝野氏は「審議をお願いするところまで持ってくることができたのは、一定の前進だ」と強調したが、いずれも国会提出後、審議入りさえできないのが実情だ。

 一方、沖縄県の米軍普天間飛行場移設に関しては、「1年という時間の経過に比べて十分な前進が見られない課題だ。沖縄の皆さんに申し訳ない」と陳謝した。

<引用:読売新聞 6月8日(水)7時52分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110608-00000013-yom-pol

まあ、「大連立」とかだが、

「大政翼賛会」です。
<参照:wikipedia>

しかしどうだろう・・・・・・・

この未曾有つづきの、大震災、津波、そして東電の原発事故。

それが縦しんばなかったとしても、「菅政権」はもっただろうか ???

在日韓国人からの献金問題、菅首相と比較しても少額だったが、まあ違法でした・・・・・・

そんなわけで「前原外相」は辞任した。

まあ、菅首相だが、その額は100万円超で。で、当然「知らなかった」ですむ話ではない。

まっ、「知らなかった」わけはないことは、当人、一番よく知っているわけだが(嗤う)。

おそらく、大震災、津波、原発事故がなければそのことで国会は紛糾していたはずだ。

まあ、そのほか、諸々の民主党国会議員、暴力団フロント企業からの献金とか、イロイロ・・・・・・

っていうか、政権交代もつかの間、主役の鳩山由紀夫首相(当時)が「ゾンビ献金」とか、

実は、富豪の母親からの「ヤミ献金」だったわけだが、それであえなく辞任。

まあ、米軍基地移設、「最低でも県外」という「普天間」問題のオオボラも一因ではあったのだが。

しかし、どうだろ、この政権交代。

そこに至った理由は、実に明確、はっきりしていたわけだ・・・・・・

つまり、この間の「自民党政権」、その腐敗ぶりに国民が辟易したからではなかったのか。

外交では、戦争国家、米、ブッシュ政権の追従。

そして国内では「年金問題」と一連の「グリーンピア」等々の政官財癒着での泥棒行為。

さらに、その数年は一年ごとの「日替わり定食内閣」、それも全て七光り、十四光総理という世襲。

で、まあ、「麻生内閣」で、いよいよ、自民党政権も命運がつきたわけだが・・・・・・

そしたら、「民主党」、コレですから↓

「民主新体制なら復興に協力」自民・大島氏

 自民党の大島理森副総裁は8日午前、大連立構想の実現を模索する超党派の「日本の復興と再生を実現する議員連盟」(復興再生議連)の幹部会合で講演し、菅直人首相の早期退陣で民主党が新体制になれば、東日本大震災の復旧、復興に大連立を含め、協力するとの前向きな考えを示した。
<引用:産経新聞 6月8日(水)10時27分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110608-00000517-san-pol

まあ、民主党の体たらくで、ボロカスの自民党に粉掛け・・・・・・・

まあ、参議院が「ネジレ」とかだが、

じゃあ、なんで「ネジレちゃたのか !!??? 」っていう反省が民主党のどこからも聞こえない。

繰り返すが、そもそも、なんで、国民は先の総選挙において民主党圧勝に導いたのか ???

政権に就いたとたん、ただただお茶ラケルばっかりの鳩山内閣・・・・・・・

結果、鳩山内閣崩壊、で、菅内閣で参院選の「大敗」。

まあ、政権交代ならば旧政権の「悪態」つまり悪事をさらけ出し、そういう不届き者を一掃するべきだったんだが、

自民党政権時代、アレほど怪しいと言われた、政治家モドキ、未だノウノウとしている。

で、政権交代、たった二年ほどで、旧政権の悪事どころか、民主党の元代表の「政治とカネ」で・・・・・・・

被告という、世にも不思議な物語。しかも、ソレを「不条理を正す」とか言って、増長させる。

まあ、菅首相だが最高権力者の座について、疑心暗鬼なのか、おそらく、どこかにあったんだろう、

「後ろ指」さされるようなイタズラが・・・・・・

で、結局、未曾有のアレで、今回の事態なんだが、B層国民でさえわかりずらい政局、政変劇。

ことここに至って、あの「自民党」と大連立とは、じゃあ、あの「政権交代」、

一体何だったのか、ただ単に無駄飯を食い続けているだけではないか政治家さんよ !!

福岡政行白鴎大学教授がTVタックルで言ってたけど・・・・・・

民主党、政権離脱したほうがいい、っていうか、解散総選挙、そんな場合じゃあないって言ってるが、

実は、「政治」が、そんな場合に陥ってるわけだ。

ってぇことは、大震災復興も、原発事故収束も、コレは遅々として進まない。その訳がない。

いや、それどころか、その大震災復興も、原発事故も「利権化」しようという企さえ風評。

まあ、大震災、大津波はともかく、福島第一原発事故、放射能災害は自民党政権下での行政責任は明らか。

この際、民主党は野党になって、そこを追求、自民党に責任取らせてみてはいかがだろうか。

結局、菅さんっていうか、小沢さんもだけど・・・・・・

「前門の虎、後門の狼」コワイ、なんだろうか。ナラズモンだしなあいつら(^^ゞ

幻に終わった、
民主党「維新政権」虚々実々。


  


Posted by 昭和24歳  at 19:57Comments(2)

2011年06月08日

「日本人沈没」と、黄昏て”時事冗談”

「日本人沈没」と、
黄昏て”時事冗談”




OECDでの「太陽光パネル1000万戸発言」で陳謝…、そのⅡ 【日本の未来に 禍根を残す 燃料棒と でくの坊】早くとけて消えてくれ…#dodoitsu
https://twitter.com/#!/yanagiyasimon



「民主新体制なら復興に協力」自民・大島氏

 自民党の大島理森副総裁は8日午前、大連立構想の実現を模索する超党派の「日本の復興と再生を実現する議員連盟」(復興再生議連)の幹部会合で講演し、菅直人首相の早期退陣で民主党が新体制になれば、東日本大震災の復旧、復興に大連立を含め、協力するとの前向きな考えを示した。
<引用:産経新聞 6月8日(水)10時27分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110608-00000517-san-pol

まあ、大島理森ですか、原発マフィア(^^ゞ

そら、大歓迎でしょうなぁ、大島センセイ。

ズブズブの自民党と、ユルユルの民主党「大連立」・・・・・・

やっぱり、「腐れ縁」だったわけですね(嗤う)。

で、『民主・自民党+α 』ですか、わけわかりません(´Д`)


爺放談の“時事冗談”

TBS“時事冗談”・・・・・失礼、『時事放談』でした。

この番組は古い。昭和32年7月ある日曜の朝が初放送だというから僕が8歳の時だ。

もちろん僕の家にその当時テレビがあったわけではないからその『時事放談』のスタートは知らない。

当初の司会は僕が知る頃には結構な後期高齢者だったと記憶するが・・・・・・

“細川隆元”(ホソカワ・リュウゲン)さん日本社会党元衆議院議員と“小汀利得”(オバマ・リトク)さん、元日経社長。

小汀利得さんは昭和47年に鬼籍ということだから確かな記憶はないが、

オボロゲながらそれは松竹新喜劇の曾我廼家明蝶の趣だったような。

細川隆元さんの方はなんともいえないコケットな面持ちからのその毒舌はなんともいえない趣があった。

平成6年、94歳のご長命での鬼籍だというから時にテレビでのご記憶もおありになるみなさんもおられるのでは・・・・・・

その後はあの『創価学会を斬る』の著書で一躍名をはせた政治評論家、藤原弘達さん。

慶応大学教授の加藤寛さんで昭和62年を最後に一たん打ち切られた。

まあ、なぜ打ち切られたかは知る由もないが、時代はNTT株上場、国鉄民営化、東証ダウが25000円台に。

そんな時代だったと記憶する。

もちろん時の総理は平成の大勲位、日本列島不沈空母“中曽根康弘”艦長だった。

国民、一億総マネーゲーマー(僕は例外)。日本は西ドイツを抜き外貨準備高世界一に。

といった、そんなバブル前夜の浮かれた時代に『時事放談』もなかったのかも知れない(笑)。

とにかく俵万智の・・・・・・

“サラダ記念日”

僕はといえば、エレキを担いで全国を営業に飛び回っていたそんな時代だった。

さて『時事放談』だが、今の『時事放談』は平成16年再開。

当初司会は毎日新聞の特別顧問だかご意見番の岩見隆夫さん。

そして現在が昭和26年生まれの東大卒、東大教授の政治学者とかの御厨貴さん・・・・・・

面持ちはどう見ても神経質そうでテレビ向けのオモテではないが、

クチャッとしたアニメに出てくるド近眼の黒ブチ眼鏡をかけた怪しい博士のようなどことなく可笑しい趣。

そんな御厨教授が政界の強面をオーラル・ヒストリーすると言った。


リニューアル『時事放談』

今朝は小泉自民党偽装破壊内閣でケッチン喰らった国民新党代表代行の元建設大臣、元運輸大臣、

そして、元自民党政調会長で元警察官僚・・・・・・

そんな“亀井五月蝿い”・・・・・失礼“亀井静香”の“しずかちゃん”。

そして、その対極にあったかどうかは不明だが、やはり反小泉にして反小沢の、

「死んでもコイツ、“麻生太郎”だけは赦さない」

という元自民党幹事長、元内閣官房長官、現役を退いてもなお、強面中の強面“野中広務”さん。

で、亀ちゃんと野中のじいさんなんだが、笑っちゃうのが・・・・・・・

お二人そろって前回のシンキロー元首相の発言、

「次は麻生さんがいい」

といった発言にイチャモンをつけていたことである。

実は、小渕恵三元首相が急いで鬼籍の際、その調子付いたシンキロー(森喜朗)さんを首相に担いだのが、

誰あろう、野中広務元官房長官、亀井静香自民党政調会長を中心とした「5人組」とかだったわけです。

他は青木幹雄官房長官、村上正邦参議院会長だった。

あっ、そうそう、今回の政変っていうか菅オロシっていうか、シブトイデスネ、村上正邦元参議院会長・・・・・・

裏で動いてるとか。まあ、中曽根大勲位の伝書鳩っていうか、ヨミウリの(^^ゞ

まあ、とにかく懲役で健康はすこぶる調子いいようです(嗤う)。

で、本題ですけど、まあ、その後、森チョンボ内閣のあと小泉不純一郎と自民党総裁選を争いどういうわけか、

で、野中さん(経世会)は、当時は政治的には相当格上にも関わらず清和会に敗れた形。

そんないきさつもあってか、その担いだ神輿の「院政」ぶりにいたくご立腹のご様子。

まっ、「五人組」で同衾だった野中広務さんだったが、元々は政治手法もその思想哲学も相容れないお二人・・・・・・・

御厨教授の、

「臨時国会の開催時期は???」

の問いには予想通りまったく真反対(笑)。

野中元官房長官はなぜか、

「公明党とはよく話し合って・・・・・」

とかだが、亀井静香元運輸、建設大臣、自民党政調会長、現国民新党代表はそうではない!!

「やはり、早期に臨時国会を開いて、公明党の“矢野問題”を解明しなければいけない!!
それに現下の深刻な不況、国民生活のための大規模な補正予算・・・・・
しかし、公明党の望むところは“冒頭解散”でしょ!!???
だって、矢野問題で矢野さん証人喚問を参院、民主党委員長の下でやられたらたまったもんじゃあない・・・・・
だから、福田さん、止む無く冒頭解散するでしょっ!!???
それにテロ特の再可決は公明党も反対している。しかし、アメリカとの関係上テロ特可決は命題、だがそれが無理となれば解散しかない」


で、それを受けて、野中さん・・・・・・

「公明党もそれを怖がってはいけない。大したことないんだから。
それなら、私も呼んでもらいたい。何でもお話したい。矢野さんのこともね!!」


と、野中さん。何でも知っているそうだ。

国民としては、何でも聴きたい。早期の臨時国会開催を望む!!

てなわけで、ひと時代前の福田内閣最後の時のヒストリーなんだが・・・・・・

やっぱり、政治って腐ってますね、

っていうか、未だ敗戦から立ち直れず、「たちあがれ」ですから(^^ゞ


「日本人沈没」と、
黄昏て”時事冗談”



  


Posted by 昭和24歳  at 17:52Comments(0)

< 2011年06>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ