2011年06月06日

偽装された「高崎という街」

偽装された「高崎という街」



高崎駅東口 イーサイト高崎

プリンター修理にヤマデンに行ったついでに・・・・・・

その“イーサイト”とやらへ。

まあ、高崎駅は西口も東口も、あの時代の面影は、その欠片さえない。

コレが、「進歩」ということなんだろうか ???

西口の商店街も、まあ、月曜日ということなのか閑散としたものだ。



昭和四五年・・・・・・

未だ「高崎駅」西口も停車場の趣をなしていた。

そう、「昔ながら」のそれだ。

駅舎は明治からの物だろうか白塗りの壁に年季の入った鴨居と頑丈そうなベンチに風情があった。

改札口には入り口と出口は別棟で何れも木戸に駅員が番を張っていた。

高崎駅西口。正面の大戸を入ると高い吹き抜けの天井・・・・・・

そこには何かの絵画か彫刻があったように記憶するが、それがなんであったかは定かではない。

左手に「切符売場」、右手が待合室に売店が。

冬場にはその待合室には大きな石炭ストーブが焚かれていたように記憶する。

1番線のホームには上野からの電気機関車が電気機関独特のうなりを立てながら出入り・・・・・・

夜の7時、8時ともなると金沢行きや秋田、青森行きの夜行列車がホームを賑していた。

そう、「西口」と言うからには「東口」もあったわけだが、

しかしそれはまるで「ついで」のようにひっそりと佇むようにしてあった。

その頃の東口は「工業地帯」で、今は「09」(衰退)などと囃されているが・・・・・・・

当時は、昭和電工、高崎製紙、古川鉱業と東町、栄町一体は煙と騒音でけたたましく揺れていた。

東口改札はこじんまりとした駅舎と言うよりは“小屋”といった趣で、

西口と結ぶ通路は幾重にも並ぶ線路の上の屋根つき高架橋、100メートルくらいはあっただろうか。

そこから先一帯は田圃だらけで、はるか先には「高崎競馬場」も透けて見えていた。

もっともご案内の“マルキュー”こと“109”は棟高の“イオン”のせいかどうかは知らないが、

このところはご案内のとおり、さっぱりらしい。

西口には駅舎を抜けると旅館、土産物屋が軒を並べ、まあ観光都市ではないのでその賑わいは知れたものだったが、

それでもそこは“商都たかさき”である・・・・・・

森繁の東宝映画“駅前シリーズ”じゃあないが、じつにそれらしい趣をなし、

「万年屋、永楽」の食堂に、当時では流行の、駅前喫茶「ブリッジ」、そして、まあ、今で言えばファミレスだろうか、

レストラン喫茶「ナポリ」を中心にして飲食街が栄えていた。

今は、ブリッジはコンコースに、ナポリは豪華な「ホテル」に衣を変えている。

まあ、しかし、「ナポリ」はご案内のとおりだが、これも栄枯盛衰か。

その頃はその飲食街を通り抜けると南小辺りには屋台の「おでんや」を商う店が未だ数件あったような記憶が在る。

昭和四二年に「問屋町」なるものが仕上がるまでは・・・・・・

「吉野藤、国光」の老舗繊維問屋が新町の角に羽場を利かせていた。

当然、商人の街。その停車場から数歩に「豊田屋」、「信濃屋」の老舗旅館と旦那衆の帳に料亭「岡源」。

さらには、元紺屋、中紺屋の繊維問屋街を過ぎれば「たかさき」の奥座敷、花街「柳川町」が袖を引かせた。

どうやら、昭和四〇年代が時節を分けたようだ。

「藤五デパート」は今の「本店タカハシ」から再開発の走りで連雀町に6階建てのビルディングに店を移した。

もっとも、その最初の「藤五」が在ったところはたしか、高崎では初めての百貨店「有賀園」だった。

その“有賀園百貨店”だが、記憶は定かではないが屋上には「飛行塔」、「動物園」のような物があったような・・・・・

僕が未だ、オシメをあてている頃、オフクロに強請ったような気がしないでもない。

有賀園は、何でも下仁田の方の出で、先々代が「糸商」、高崎に糸偏華やかりし時一代をなしたと云う。

今のゴルフのデパート「有賀園」がそれである。

以降、百貨店に遊技場があったのが、僕等が子供の頃、昭和30年代後半は「八木橋」くらいだっただろうか。

何を隠そう、群馬、西上州は「川魚」である。

それも、高崎辺りからは「川」も流れは緩やかになり・・・・・

昔から、「鯉、鰻、鰌、鮒」と、中信、南信の方からも買付けされてました。

と云うのも、西毛地域は農業の傍ら、河川漁猟も江戸以前盛んだったようだ。

それは高崎の、と云うより、旧碓氷、群馬、多野郡は上杉とか武田の落武者が多く、

加えて土地は痩せ近年までは稲作には適さず、畑作、養蚕、狩猟、漁猟が主だったようである。

秋から、春にかけて比較的乾燥地帯なので、小麦、漬物は「絶品」。

また、ここは商人、町人の街と云う事もあって、明治の初頭より「ハイカラ」な食べ物・・・・・

つまり“流行モノ”に弱いとでもいうのだろうか上州人(笑)。

「牛鍋」、今は栄華盛衰の歴史に沈みましたが、「なべや」なんと云う“料亭”。

宇喜代、魚仲、暢神荘、岡源、等々「川魚料理」を中心に華やいだそうだ。

そうだ、流行モノといえば“洋食”。因みに、「栄寿亭」は、大正期の創業とか・・・・・

「とんかつ」。これも、それまで近世の食文化には無かったようだし、

高崎の“ハイカラさん”の垂涎のまとではなかったかと想像する。

まあ、その、「栄寿亭」の添えもんの「お新香」だが、どうせなら、もう少し気を使うべきだと思うのだが、

でも、それっ、僕、嫌いじゃあないですけど(笑)。

そういえば、わが末娘・・・・・・・

「無性に“栄寿亭”、食べたくなるときってあるんだよね」

そんなわけで、思い出したように時々、その「栄寿亭」に娘とお邪魔する。

そうだ、昔ながらの「食堂」が通町にあった。

「三富士食堂」。

しかし、その「三富士」、近年の都市計画区画整理とやらでだいぶこじんまりとした店構えになってしまったが・・・・・

その“三富士”。栄寿亭で修行をした御年70過ぎの亭主が商っておるとか。

もしかしたら、「昔の高崎」、その味に出会えるかもしれない「三富士食堂」。

まあ、「昔ながら」がカップラーメンになってしまった昨今のことである、「生昔ながら」は、貴重な存在かと。

そう云えばその・・・・・「昔ながら」がもう残り少ないですね。

“らっちゃん”のヤキソバと餃子、“オリタ”のヤキソバ、そして“ピナン”のナポリタンとか。

そんな「昔ながら」がほとんどなくなってしまった。

それはそうと“もりや”の「昔ながら」、“やきそば”は如何でしょうか?

キャベツと揚げ玉だけの(笑)。

そうだ、かろうじてその「昔ながら」を楽しませてくれるのが・・・・・・

「成吉思汗」。とうとうここだけになってしまった、「たかさき」の昭和。

まあ、“イーサイト”なんだが、

「“イーサイト”栄えて“街”滅ぶ」だろうか。

なんのための都市計画、そして再開発だったのかと・・・・・・

で、それがさらに進むような東口、旧競馬場跡地までのハコモノという「夢芝居」。

偽装された「高崎という街」


  


Posted by 昭和24歳  at 18:49Comments(1)

2011年06月06日

感染源は「もやし」とか、ドイツ大腸菌食中毒死21人

感染源は「もやし」とか、
ドイツ大腸菌食中毒死21人




僕は「もやし」が大好き(^^ゞ

っていうか、安いし、ベルクとかだと19円とか20円だし。

で、「もやしのレシピ」は・・・・・・

サッと、湯通しして、それに「セロリ」の千切りを混ぜ、

ラー油と酢醤油和え、冷蔵庫で2、30分冷やすと、最高のの肴。

とくに暑い夏にはご機嫌です !!

で、コレ↓

欧州の大腸菌食中毒、感染源はモヤシの可能性=独当局

 [ハンブルク 5日 ロイター] ドイツ北部ニーダーザクセン州当局は5日、同国を中心に感染被害が拡大している病原性大腸菌について、感染源がドイツ産のモヤシである可能性を指摘した。大腸菌感染による死者はスウェーデン人1人を含む22人に増加し、体調不良を訴える人は2200人以上に達した。

<中略>

 一方でドイツ当局は、この農場で生産されたモヤシのほかにも感染源がある可能性を指摘している。

 当局はこれまでに、感染を防ぐためトマト、キュウリ、レタスを食べないよう呼び掛けていた。当初はスペイン産キュウリが感染源との情報もあり、スペインの農家は風評被害によって1週間当たりの売り上げが2億ユーロ(約235億円)減少したとしている。また、これにより7万人が失業に直面する可能性もあるという。

 大腸菌の感染は計12カ国に拡大し、ドイツ国外の患者はいずれも最近ドイツ北部に旅行している。患者の大半は腸管出血性大腸菌(STEC)によって、腎臓機能が低下する溶血性尿毒症症候群(HUS)が引き起こされているとみられる。

<引用:ロイター 6月6日(月)10時22分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110606-00000358-reu-int

まあ、日本の話じゃあないんだけど・・・・・・

最初はスペインの「キュウリ」とかっていう話でした。

昨夜も、とある飲み屋で、

「キュウリって、やばいよなぁ」

とか言って・・・・・・

「でも、なんで“キュウリ”なの ??? 」

とか。

「でも、日本じゃァないし、ドイツだし」

みたいな感じだったんだけど・・・・・・

「でも、日本人だしなぁ、風評被害、もしかして ??? 」

で、そんな話してたら、今朝来たメールマガジンだけど↓

関東平野の放射能汚染状況

お茶の場合、葉に放射性物質が付着したわけではない。3月下旬から2か月近くも経っているので、土壌のセシウム137を根から吸い上げ、葉に収めたものと考えられる。関東全域なので、地理的な条件ではなく、植物としての特性として表れたのかもしれない。

 同様に、根菜類のニンジン、ダイコン、イモ類も土壌から吸い下げることになるので、注意する必要がある。当然、当局も注意を呼び掛けている。洗っても落ちないからである。

<引用:【DIAMOND Online】(11/06/06号)>
ソース:http://diamond.jp/articles/-/12566?page=4

ってなわけで、まあ、深刻なのはコレからで・・・・・・

所で、やけにNHKが福島第一原発事故関連ニュース増産してますね。

つまえい、政権が変わるからなんだろうか、っていうか、

今朝のテレ朝でわが郷土の誉れ、山本一太(自民党)センセイが、

「原発事故、自民党にも責任があるけど」

とかって、笑わせる発言してたけど、実は、コレからは「根菜類」もヤバイんじゃあないのかと。

それと、米が大変だそうですけどニュースになりませんね。

まあ、福島と宮城のササニシキとかが全滅で、榛名の「ササニシキ」・・・・・・

今まで、目もくれなかった業者が榛名町のとある農協に日参してるとか(笑)。

あっ、茨城のお米も大変だとかですから、風評被害が大変そうです。

で、なんで「もやし」なんだろうか ???

ドイツの話なんだけど、日本の放射能のせいとかにされちゃったりして(^^ゞ

新型大腸菌O104、感染源はドイツ産モヤシか
読売新聞 6月6日(月)10時59分配信
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110606-00000398-yom-int

放射能による突然変異 ???

新型大腸菌“O‐104”とか・・・・・

風評被害(;´Д`)

感染源は「もやし」とか、
ドイツ大腸菌食中毒死21人


  


Posted by 昭和24歳  at 14:44Comments(2)

2011年06月06日

デタラメ春樹原安委ゞ員長が、「勉強不足でした」(@_@;)

デタラメ春樹原安委ゞ員長が、
「勉強不足でした」って(@_@;)




「ハ~イッ、勉強不足でした」


“全電源喪失”指針見直す考え

原子力安全委員会の班目春樹委員長は、NHKの取材に対して、震災が起きるまで全電源喪失を考慮しないことが深刻な事故につながるとは認識していなかったことを明らかに・・・・・・

「すべての電源喪失を考慮しなくてもよいとわざわざ書いてある。私もうっかりしていたが、今回の事態に至るまでこの文章を気にかけていなかった」

「最悪のケースをきちんと想定すべきだった。私自身も勉強不足で大変申し訳ない。指針そのものに間違いがあるわけで、指針を根本から見直す必要がある」

さらに、班目委員長は、こうした記述が長年放置されてきた背景について「“原子力村”と呼ばれる狭い社会の中で、自由かったつな議論が行われず、くさいものにはふたをするというような、難しい議論を避ける空気があった。今回の事故は人災だった」と・・・・・・

<抜粋引用:6月5日 19時5分 NHKニュース>
ソース:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110605/k10013327651000.html

>「・・・・今回の事故は人災だった」

さあ、この発言は政府にとって大変なことだぞ !!

つまり、原安委委員長の発言、つまり、政府の人間である・・・・・・

その人間が、間接的にだが、っていうかまるで他人事のようにだ、

>「・・・・今回の事故は人災だった」

と、国営放送のニュースで喋ってしまった(^^ゞ

つまり、未曾有の大震災とか、大津波なんかのせいじゃあなくて、

「私(政府)のせいです」

と、白状しちゃったわけだ。

まあ、このデタラメ春樹とかいう、東大教授かつ、原安委委員長という・・・・・・・

本来なら、こんな原発事故さえ起こらなければ、悠々自適のデタラメ人生過ごせたわけだけど、

まあ、自らの、まっ、「天職」と言ってもいいでしょう、ま、専門分野です、嘘かホントか(^^ゞ

その原発を・・・・・・

「あんな不気味なもの」

とか、

「安全なわけないじゃないですか」

とか、

「最後はお金でしょ !!」

とか、

「原発は儲かるんです」

とか、まあ、ホンネ、喋りまくっちゃって・・・・・・

まあ、今回のこの未曾有の「人災」で表にさらされちゃいました。

さて、どうするんだろか、日本政府っていうか政治家とか官僚とか。

結局、数々ある「国家賠償請求裁判」のようにだ、

国民が苦しみにのたうちまわりながら、死んでいくのをせせら笑いながら、

数十年、バックれるつもりなんだろうか・・・・・・・

で、これも最新ニュースなんだけど、原発大国のフランスが、

コレです↓

仏の世論調査で脱原発派が77%

 5日付フランス週刊紙ジュルナル・デュ・ディマンシュが公表した世論調査によると、同国の回答者の計77%が、原発を即時もしくは段階的に廃止すべきだと考えていることが明らかになった。

 電力需要の8割近くを原発が担うフランスで、これほど脱原発の機運が高まったのは異例。脱原発団体のスポークスマンは「世論は、福島第1原発事故を受けて明らかに原発の重大なリスクを意識している」と述べた。

<引用:2011.6.6 00:56>
ソース:http://sankei.jp.msn.com/world/news/110606/erp11060600560000-n1.htm

まあ、当然と言えば当然なんだけど・・・・・・

福島第一原発事故の影響とか。

で、そう言ったら、「ヒロシマ・ナガサき原水爆投下」で、それ以降の戦争に、

まあ、一切「原子爆弾」は使われてません・・・・・・・

まあ、地球が終わっちゃいますから、そんなことしたら(^^ゞ

で、なんの因果か、未曾有の「福島第一原発事故」、で、世界中で「反原発運動」とか。

まあ、日本ではあんまり報道されないっていうか、「放射能恐怖」です。

知り合いの外人(英国人)に聞くと、「福島エリア」の報道はスゴイそうです(;´Д`)

つまり、日本て、もう手遅れみたいですね、少なくともコレからの30年とか、ホントに・・・・・・・

なのにコレですから↓

<青森県知事選>原発推進派勝利「誰がやっても無くなんね」

 青森県知事選が5日投開票され、原発推進派の現職候補が3選を果たした。数多くの原発関連施設が立地する下北半島の民家で、かつて反対運動にかかわったという50代の男性が話した。「出稼ぎしねぐていぐなったのも原発さあっからだ。しょうがねがったんだ」。食卓で原発の関連企業で働く30代の長男と2人、口をそろえた。「誰がやっても、原発は無くなんね」【浅野翔太郎】
<引用:毎日新聞 6月5日(日)21時37分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110605-00000077-mai-pol

自公推薦だそうだ・・・・・・

まあ、自公、吉と出るか、凶と出るか ???

>「出稼ぎしねぐていぐなったのも原発さあっからだ。しょうがねがったんだ」

それ言っちゃったら、福島の人たちだって同じだべぇ・・・・・・

出稼ぎしねぐていぐでも、住むとごさ、ねぐなったら、どおすんの ???

>「最後は金でしょ」
<デタラメ春樹原安委委員長・東大教授>

>「原発は儲かるんです」
<デタラメ春樹原安委委員長・東大教授>

>「安全なわけないです、あんな不気味なもの」
<デタラメ春樹原安委委員長・東大教授>

デタラメ春樹原安委ゞ員長が、
「勉強不足でした」って(@_@;)


  


Posted by 昭和24歳  at 08:29Comments(5)

< 2011年06>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ