2010年12月25日

34丁目の奇跡

34丁目の奇跡



クリスマス・シーズンのマンハッタン。本物のサンタクロースと自称する老人を巡って起きる騒動を、心温まるタッチで描く。
'47年に製作された同名映画のリメイク版。



今日は娘の“娘”たちが通う保育園のクリスマス会・・・・・

サンタクロースのコスチュームで僕は“サンタ”になった。
長いおひげに眉毛もつけて・・・・・
そして、“スノーマン”を従えて。(スノーマンは娘の亭主)

園児一人一人に手渡す“クリスマスプレゼント”。


「さあっ!今日はみんなのところに“サンタさん”が来てくれました!
みんなで大きな声で『サンタさ~~~ん』って呼びましょう!!」


保母さんがそう云うと、

「サンタさ~~~ん!!」

と、ホール割れんばかりの園児たちの声。

僕が大きな袋を背負って登場すると・・・・・

「ワーーーーっ!!」

と響き渡る歓声と園児たちの驚きの顔、顔、顔・・・・・

今度は僕が驚く番だ!!

本当に“サンタさん”と信じているような・・・・・

信じきっているようなその何とも言いようの無い園児、子どもたちの瞳、瞳、瞳。

僕は一人一人の子どもの頭をなでながら心の中で祈っていた。

一人一人の子どもたちが“サンタ”になった僕を瞬間戸惑いながら清んだ瞳で見つめる。

その一人一人の子どもたち・・・・・・

僕から“プレゼント”を手渡されると大きな声で、

「ありがとう!!」って。

その目は・・・・・“サンタさん”との思わぬ遭遇にキラキラしている。

僕の娘の“娘”たち・・・・・・


家に帰ってくると僕に、

「パパ・・・・・サンタさんに“いい子いい子”してもらったんだ」

と、とても嬉しそうに、というよりは“幸せそうに”言った。


この所、悲しい子どもたちをめぐるニュース・・・・・

『“サンタ”になったパパ』はとても複雑な気持ちだった。

僕は・・・・・またその無邪気な娘たちを前にして“なにか”を祈った。

祈らずにいられなかった・・・・・・時代を。



しかし、可笑しいですね・・・・・

昭和24年に生まれた僕、何時からの習慣なんだろうかその“クリスマス”

“サンタ”などとは縁も何も無い。

それどころか、1945年まではおそらくその存在すら、いや、その言葉すら知らなかった父母たち。

そんな父母たちがどうしたわけか今の時代に、こんな平和な時代を僕らにプレゼントしてくれた。

僕はいつもこの時期になると思い出す・・・・・・

実は僕の保育所にも“サンタクロース”が来た。
本物の“サンタクロース”が来た。
もちろんトナカイのソリに乗って白い大きな袋を担いで僕らの目の前に現れた。

昭和29年12月25日・・・・・





1947年の作品だから僕が生まれる2年前・・・・・


思い出した・・・・・僕はキャラメルを貰った。

“サンタクロース”は僕たちにプレゼントを配り終わるとニコニコと手を振って、
またトナカイのソリに乗って空の向こうに消えていった。

本当に空を飛んでいった・・・・・

きっと僕も、昨日の子どもたちのようにキラキラと目を輝かせていたんだと思う。


幸せの“しじま”に・・・・・

僕は今、幸せの“しじま”の中にいる。
“シーン”と静まり返ったエメラルドブルーのシジマの中にいる・・・・・

とにかく幸せなのだ。
どうしようもなく幸せなのだ・・・・・・
痛いくらい幸せ。
今にも弾け壊れそうな幸せ。


そうだ、思い出した。

今までずっと忘れていた・・・・・

僕も“サンタクロース”にあったんだ。

本物の“サンタクロース”に。

アメリカも大変らしい・・・・・

今年のクリスマス。サンタさんはどうするんだろうか?


こんな時ほど、多くの子どもたちにいっぱい幸せをプレゼントしてほしい!!

34丁目の奇跡  


Posted by 昭和24歳  at 21:10Comments(2)

2010年12月25日

母に還る samsara

母に還る samsara



「人間は直感で正しい道が分かるものだ。それに従うと困難な道を行くことになる。だがその苦しみを耐え抜くと多くを学ぶことができる」という彼女のメッセージは、より良い死はより良く生きることによってもたらされると教えられる。様々な困難にさらされる現代人にとって、人生を100%生きるのが難しい時代だ。それだけに彼女の一言一言には重みがある。


それは旅立ち・・・・・・

生まれてきたように。

宇宙(ホシ)の鼓動に、海に揺れて。

その心地よさに還る。

ほんのわずか、たった数十年、それは一粒。

ある瞬間、光の数億倍の速度でそれはシュリンクするかのように・・・・・・

きがついたとき、母の宇宙に、母の声を聴く。

それは旅立ち。

母の宇宙への旅立ち、生還。




僕は母を知らない・・・・・

だから母に還る日を楽しみにしている。

その時のためにも今日をより良く生きよう。

ある、一人の人の旅立ちに、そう思った。



母に還る samsara
  


Posted by 昭和24歳  at 18:56Comments(4)

2010年12月25日

「顔」内閣総理大臣。

「顔」内閣総理大臣。



まあ、泣いているのか・・・・・・
怒っているのか。
コレがこの、菅直人の全て。




首相と小沢氏が再会談 連合会長が同席 仙谷長官は招かれず (1/2ページ)
2010.12.25 12:02 産経ニュース

 菅直人首相(民主党代表)と小沢一郎元代表は25日午前、連合の古賀伸明会長を交えて都内のホテルで会談した。来年の通常国会や統一地方選をにらみ、岡田克也幹事長ら党執行部が「障害」と位置づける小沢氏の国会招致問題に関して意見交換したとみられる。小沢氏の問題をめぐって党分裂の可能性もささやかれる中、民主党最大の支援組織が事態収拾に乗り出した形だ。

 会談には古賀、岡田両氏のほか、鳩山由紀夫前首相、輿石東(こしいし・あずま)参院議員会長らが同席した。

 連合関係者は会談の趣旨を「統一地方選の厳しい現状について政府と党のしかるべき人に意見を聞いてもらうためだ」と説明している。ただ、政府高官である仙谷由人官房長官は招かれず、逆に現政権に批判的な鳩山氏が同席していることから、会談は小沢氏の国会招致にブレーキをかける意味合いが強い。

 首相と小沢氏は20日、首相官邸で1時間半あまり2人きりで会談。衆院政治倫理審査会(政倫審)への出席を求める首相に対し、小沢氏は「出る必要性がない」と拒否した。



まあ、内閣総理大臣なんてえもんは「お飾り」。

「お飾り」だけど、そこにはえも言えぬオーラのようなものが。

そして、「馬子にも衣装」だろうか・・・・・・

モリヨシローさんにはあんまり感じなかったが、あの小泉さんでさえ、

まあ、長かったせいか訪朝の頃にはヤクザの大親分の趣。

まあ、安倍チョコはその重圧にお腹壊しちゃったけど、福田さんはキレちゃいました(-_-;)

で、麻生さんは、まあ、レクイエムっていうかそんなもんでしたけど・・・・・

「菅」さん、なるべきじゃあなかった。

おそらく、後々、国民、ふと想いかえしたとき感嘆するのではないか。

「顔」内閣総理大臣。  


Posted by 昭和24歳  at 16:04Comments(3)

< 2010年12>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 44人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ